ジョージア

ジョージア(グルジア)ではチップは必要?移住した私の経験談は?現地民による回答はNO?YES?

更新日:

 

トルコの隣の国、ジョージア。

 

日本ではシュクメルリという料理が話題になったり、SNSでインフルエンサーが「巨大なパンが安い」と移住を促したりしていました。

 

シュクメルリと巨大なパンだけではなく、日本人の舌にあう料理がたくさんあり物価もやたらと安い上、ビザなしで1年もの長期滞在が可能な国です。

 

※2021年時点。ビザルールは変更になることがありますので、大使館など公的機関の情報を必ず確認してください

 

そんな物価の安い国ですが、チップ文化があるのかどうかを不安に思う人が多いようです。

 

実際にジョージアに住んでいる私が正解を答えます。

 

 

 

ジョージアでチップは必要?

 

NOです。

 

ネットでは「ジョージアもチップが通例となっている」などと語る(騙る?)記事がありますが、そんなことはありません。

 

しかもその記事では、ガイド・ドライバーそれぞれに20~25USDとしています。

 

本当にジョージアに来たことがあるのか疑うような金額です。

 

それとも自分たちだけの単独グループで行くような高級なツアーのお話なのでしょうか。

 

※私は元バックパッカーということもあり、現地民と合同で行くような安いツアーにしか参加しません

 

 

現地民に聞いてみた

 

私の友人たちに聞いてみたところ、「要らないよ」とのことです。

 

「もちろんくれるなら嬉しいけどね」とも答えており、チップを渡すこと自体を嫌がる人は少なそうではあります。

 

 

実際に渡そうとするとどうなるか実践してみた

 

私は基本的にチップ文化のない国であってもお礼と感謝の意味を込めてチップを渡しています。

 

特に何度も利用するレストランやホテルでは、「顔を覚えてもらい特別な便宜をはかってもらう」というリターンを期待して払います。

 

ただ、ジョージアでは受け取りを拒否する人のほうが多いです

 

私が実際に受取りを拒否されたのは、スマホを買った家電量販店、よく行く近所の激安大衆食堂、アパートのオーナー経由で手配してもらった運転手などです。

 

特に家電量販店ではスタッフがなんと日本語を喋ることができ、こちらの細かい要望を理解して調べてくれるという「ジョージアにおける家電量販店の通常業務」を遥かに超えたサービスをしてくれたため、50GEL(1850円)という現地の物価から考えるとかなりの額を渡そうとしました。

 

笑顔で(もしかしたら苦笑いかもしれませんが)「ダイジョウブデス」と言われました。

 

 

受け取ってくれる人

 

タクシーの運転手はほとんどが受け取ってくれます。

 

私は野良タクシーをほぼ使わず手配アプリ「bolt」で呼ぶことが多いです。

 

アプリを使っても金額はとても安く、トビリシ市内であればそこそこ走っても10GEL(350円)に届かないこともあります。

 

私は端数を切り上げたうえで1~2GEL程度追加で渡します。

 

笑顔で「サンキュー」「スパシーバ」「アリガトネ」などと言われます。

 

 

別枠:観光地のレストラン

 

トビリシ市内でも観光客向けの客引きがいるレストランなどでは、予めチップが上乗せされていることがあります。

 

私は長期滞在者なのでこの手の観光地にそもそもほとんど行かないですし、行ったとしてもパンとエナジードリンクを持参するのでレストランには滅多に立ち寄りません。

 

なので「全ての観光地のレストランがチップを上乗せしているのか」や「全ての観光地のレストランがチップを払わないと不機嫌になるか」という疑問には答えられません。

 

ただ、私の数少ない経験から言わせてもらえれば、「チップを要求しないレストランある」とは言えます。

 

とはいえ、そういうレストランもそもそも「強気な値段」になっていることが多いです。

 

最終的に支払う額としてはやはり「観光地にあるレストランは高い」という認識であっています。

 

 

あれはチップなのか?

 

チップに分類すべきかわかりませんが、教会などの前で十字を切って「チップチップ」または「マネー」「デンギ(ロシア語でお金の意味)」と言い出す人たちがいます。

 

私は当初入場料的なものかと思って渡していましたが、どうやら物乞いの一種のようです。

 

中には教会の歴史などを説明をすることの対価としてお金を要求してくる人もいます。

 

自分にとって有用な説明が聞けたのならお礼をしてもいいかもしれません。

 

 

最後に

 

ということで、ジョージア(グルジア)では基本的にチップは不要と考えていいです。

 

もちろん、特別な便宜を図ってもらったのならお礼としてチップを渡すのは悪い事ではないでしょう。

 

当然ながら、チップは強制されるものではありません。

 

私は「渡した方が結果的に自分にとって好都合」なので自分の財布が痛まない程度に渡したいと思っていますが、それをあなたに強要する意図は全くありません。

 

ジョージアではチップについて「通例」も「制度」もないので、払わないことでケチな人と思われることもないです。

 

要求してくる人がいても突っぱねて大丈夫です。

 

※観光地のレストランなど予め追加されている場合はチップ代を削除するのは難しいので諦めてください

 

 

-ジョージア

Copyright© ねこねこにゅーす , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.