ジョージア

ジョージア 天空の街・シグナギ観光のトイレ事情 トビリシ出発から帰るまで マルシュ移動は我慢が必要?

投稿日:

 

ジョージアの首都・トビリシから行ける「天空の街」ことシグナギ。

 

トビリシから行けるとはいえ、マルシュルートカというバスで片道2時間近くかかります。

 

また、ジョージアは日本と違いコンビニなどにトイレがなく、公衆トイレも少ないです。

 

現地に観光に来て一番困るのがトイレだという人も多いはずです。

 

トビリシからシグナギに出発してから帰ってくるまでのトイレ事情を紹介します。

 

 

 

出発時・サムゴリバスターミナル

 

トビリシからはメトロ・サムゴリ駅の西にあるバスターミナルから出発します。

 

※googleマップなどでは「メスティア行バスターミナル」と書かれています。

 

このバスターミナルにはトイレがあります。

 

おばあちゃんが受付にいるので、料金を払って済ませましょう。

 

なお、料金は0.4GELですがこのおばあちゃんは「算数」ができません。

 

お札などで払うとかなりぼったくりますので気を付けてください。

 

「算数が出来ない」という表現を差別的だと感じる方がいるかもしれません。

 

ですが、「言葉がわからなそうな外国人観光客」にのみ頻繁にうっかりミスをするような人に敬意を払う必要はないと思います。

 

特にロシア語で指摘すると「え、何?ロシア語できるの?ごめんごめん」とヘラヘラするようなクズは聖人のようになりたいと常々思っている(思っているだけ)の私でもさすがに見下してしまいます。

 

 

マルシュルートカにトイレ休憩は?

 

ありません。

 

2時間(道が空いていれば1時間40分)をただひたすら走り続けます。

 

道路は舗装されていますが、ときどき砂利などで揺れます。

 

限界まで我慢せずに運転手に「トイレに停まってくれ」とお願いしましょう。

 

途中にガソリンスタンドが点在しており、そのほとんどがトイレも併設しています。

 

ジョージア語・ロシア語しか喋れない運転手でも「トイレット」は通じます。

 

「ヤー ハチュー トイレット」と言えばおそらく通じるでしょう。

 

 

なお、マルシュルートカは車種によりますが20人近く乗れるサイズです。

 

座る場所が後方過ぎると「このアジア人がトイレに行きたいって言ってる」と他の客に伝言ゲームをお願いすると言う羞恥プレイをしなくてはなりません。

 

トイレの不安がある方は前の方に乗りましょう。

 

 

シグナギバスターミナルのトイレ

 

マルシュルートカの終着地であるバスターミナルにはトイレがあります。

 

ただ、時期やタイミングによっては受付スタッフがおらず、トイレも施錠されています。

 

運転手に言っても「俺は鍵を持ってない」と言われます。

 

 

シグナギに公衆トイレはある?

 

私の知る限り、シグナギにはトビリシにあるような自販機とセットになった公衆トイレは存在しません。

 

安く使えるトイレも限られており、現地の人でも男性は木の後ろに行くようです。

 

 

カフェ

 

カフェにはトイレが併設されています。

 

客向けのものでなくても、スタッフが使うトイレを貸してくれます。

 

個人的には「観光地で注文もせずにカフェでトイレを借りる」という行為が苦手です。

 

かといって飲み物を頼むとまたすぐトイレに行きたくなるので困ります。

 

 

ボドベ修道院

 

シグナギの南東にあるボドベ修道院。

 

その入り口前の駐車場に公衆トイレがあります。

 

バスターミナルからは2km以上、歩いて30分はかかります。

 

 

歴史博物館

 

入場料7GELの「シグナギ ナショナル ミュージアム」はシグナギの中心、バスターミナルから北へ5分程度の場所にあります。

 

トイレだけでなくカフェや美術品を眺めるためのソファもあるため、休憩がてら寄るのもいいでしょう。

 

2Fのカフェからは山の下に広がる田園風景が見れるので帰りのバスの出発までの時間調整にも向いています。

 

 

帰りのバス

 

シグナギからのバスも当然ながら途中にトイレ休憩はありません。

 

さらに、終着駅のサムゴリバスターミナルにあるトイレも時間が遅いとスタッフが帰ってしまうことがあるようです。

 

シグナギ発の最終便は18時。

 

サムゴリに着くのは20時になります。

 

もういっそのことタクシーを拾って宿のトイレを目指してしまいましょうか。

 

ちなみに、私はトビリシからの日帰り観光をする場合はメトロで一度リバティスクエアに寄ります。

 

リバティスクエアにはGalleriaというショッピングモールがあり、ここはトイレが無料で使えます。

 

私はいつもトイレを利用した後にケンタッキーでバーレルを買って帰るのが定番になっています。

※22本入りのバーレルが25.4GEL。ただしフライドチキンは日本のものより小さいです

 

 

最後に

 

ということで、シグナギ観光におけるトイレ事情を紹介しました。

 

最大の難所は2時間のマルシュルートカです。

 

山なので左右に曲がりくねった道で、不意に砂利などで上下にも揺られるので膀胱へのダメージがキツいです。

 

トイレが近い方は運転席付近に座って停まってもらえるようにお願いしましょう。

 

シグナギに到着してからもバスターミナルとボドベ修道院にしか公衆トイレが見当たらず、カフェなどで借りるしかない状態になります。

 

カフェは観光地なのでトビリシと比べると1.5倍から2倍程度(サービス料含む)となっています。

 

トイレを借りるだけで注文せずにいられる人はいいかもしれませんが、それができない人は公衆トイレを逃さないようにしましょう。

 

なお、シグナギウォールの最北にあるカフェは風景も最高なのでお金を払う価値があります。

 

そこでトイレを済ませるというのも手ですよ。

 

 

 

-ジョージア
-

Copyright© ねこねこにゅーす , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.