ジョージア

ジョージア・トビリシのオススメ激安宿 個室で冷房が完備されて夏でも快適!!

投稿日:

 

コーカサス地方のジョージア。

 

ビザなしで365日滞在可能なうえ物価が

東南アジア並み(またはそれ以下)という

ことで外こもりにも人気が高まっていますね。

 

そんなジョージアの首都・トビリシで

とてつもなく快適な個室の宿を発見

したので紹介します。

 

1つだけ大きな欠点がありますが当記事を

読んでもらえれば解決できます。

 

ジョージアのトビリシに来たい方は

ぜひ最後までご覧ください。

 

スポンサーリンク

 

その名はtamara guest house

 

今回紹介する宿はtamara guest houseです。

 

2018年7月に経営がスタートしたようで

とてもきれいな宿です。

 

2018年11月時点での料金はダブルルームが

なんと25ラリ(約1000円)です。

 

1ヶ月滞在しても3万円。

 

ホテルなので当然光熱費はタダです。

 

さらにwifiが安定しているためネット代も

タダ。

 

トビリシ市内の中心近くにあり観光にも

優れていますし、コンビニ「SPAR」が

歩いて5分圏内、そこそこ大きい24時間営業

スーパーも10分とかかりません。

 

地下鉄駅だって5分で行けます。

 

ちなみにトビリシの地下鉄は0.5ラリで

どこまででも行けます。

 

ということでtamara guest house、オススメ

です。

 

 

この宿はここがすごい!

スポンサーリンク

 

たくさんの宿を泊まり歩いているぼくですが

この宿では部屋に入った瞬間思わず

歓声を上げてしまいました。

 

まずは部屋の画像です。

 

 

この宿のすごい点を挙げていきましょう。

 

 

個室にエアコンが完備されている

 

 

「何を当たり前のことを」とお思いで

しょうか。

 

それとも「エアコンなんてなくても気合で

夏は乗り切れる」と思いますか?

 

ジョージアは旧ソ連圏の国ということで

なぜか寒い国というイメージがありますが

首都トビリシは夏が異常に暑く、毎日

35度を越える酷暑です。

 

バス停などに表示されている気温は

42度を超えていることまであります。

 

にもかかわらず安宿はエアコンがない

ところがとても多いです。

 

booking.comなどの予約サイトで

「エアコンあり」と書かれていても

いざ行ってみると「壊れていた」という

ことが多いですし、レセプションにのみ

ついていたなんてことまでありました。

 

この宿は個室の室内に1台ずつ設置

されています。

 

 

暖房がある

 

ジョージアは夏が暑い国ですが冬は

寒いです。

 

11月の時点で最高気温が15度以下、

夜は0度前後まで下がります。

 

にもかかわらず安宿には暖房がついて

いないことが多いです。

 

ついているとされていてもレセプ(以下略

 

この宿はヨーロッパでよくみかける

セントラルヒーターがついています。

 

 

暖かいです。

 

 

室内に専用シャワー・トイレがある

 

ドミトリーに泊まれる方は気にならない

かもしれませんが、安い個室の場合

トイレとシャワーが共同のことが多いです。

 

順番待ちで漏れそうになったりします。

 

自分専用のシャワールームがあるので

いつでも自由にシャワーを浴びる

ことができます。

 

 

wifiが安定している

 

ジョージアはネット環境がやや貧弱です。

 

とくに安宿はwifiがあっても頻繁に

止まったり回線速度が遅かったりします。

 

tamara guest houseは下りが9.0Mbpsと

動画も快適に見ることができるレベルです。

 

※ほかの宿泊客が使っていると速度は落ちます

 

 

デメリット

スポンサーリンク

 

tamara guest houseはトビリシで最も

コスパに優れた宿ですがもちろんデメリットも

あります。

 

そこを伏せてがっかりさせてしまうのは

避けたいので包み隠さず公開します。

 

 

booking.comの地図が間違っている

 

東欧やコーカサス地方ではよくあること

ですがbooking.comが表示する地図は

間違っています。

 

ぼくも最初このトラップにやられました。

 

正確な場所はコチラです。

 

ちなみに「George Apartment」は

同じ施設内にある別の宿のようです。

 

投稿されている部屋の写真は別物なので

ご注意ください。

 

 

宿の名前が書かれていない+入り口は施錠されている

 

宿には看板がありません。

 

さらに入り口はナンバーロックで施錠

されており初見の客は入ることすら

できません。

 

オーナーに連絡を取り入り口を開けて

もらうかナンバーを教えてもらう必要が

あります。

 

ここでさらに問題になってくるのは

連絡を取る手段です。

 

booking.com経由のE-mailはかなり

時間のズレがあるようで半日たってから

こちらのメールが届くということも

あります。

 

ですので直接電話をするのが早いです。

 

ジョージアはSIMカードが安いので

ほとんどの人が持っているかと思いますが

通信のみのこともありますよね。

 

その場合は「Viber」というアプリを

使いましょう。

 

ジョージアで必須のアプリViber LINEは使えない人が多すぎる!

 

オーナーもインストールしているため

このアプリを使って電話が可能です。

 

SIMカードを持っていない場合はどこか

wifiが使えるカフェなどに行って連絡を

とりましょう。

 

 

冷蔵庫

 

冷蔵庫・冷凍庫はあるのですが室外に

あるうえとても小さいです。

 

 

4部屋ほどの住人が共有するため

全員が自炊派の場合埋まってしまいます。

 

あまり一度に買いすぎないように

しましょう。

 

 

天井がナナメ

 

人によっては気になるかもしれません。

 

屋根裏部屋のように天井が斜めになって

います。

 

 

入り口側は2.5mほどで問題ありませんが

窓側は1mほどとなっています。

 

頭をぶつけないように気をつけて

ください。

 

 

最後に

スポンサーリンク

 

ということでジョージアの首都トビリシで

最もコストパフォーマンスに優れていると

思われるTamara Guest Houseを紹介しました。

 

2018年7月にできたばかりの宿でとても

キレイです。

 

今後値上がりが予想されますので実際に

宿泊する際はbooking.comで値段を確認

してみてください。

 

⇒値段を確認する

 

特に夏にトビリシに来るならオススメです!

 

 

 

-ジョージア
-,

Copyright© ねこねこにゅーす , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.