単発ドラマ

テレビ東京「手紙」 直貴のバイト先の店長役の俳優は誰?応援はするが直接関わりたくない?

投稿日:

 

当記事はテレビ東京の単発ドラマ「手紙」

の登場人物およびストーリーについて

記述したものです。

 

現実の人物・団体・事件とは一切関係が

ありません。

 

 

武島直貴(亀梨和也)が高校時代に

兄の素性を隠してバイトをする居酒屋の

店長を演じる俳優は誰でしょうか。

 

基本的にはいい人のようですが直貴の

兄のことを知ってからは様子がおかしく

なります。

 

この記事は原作小説を元に記述して

います。

 

ですのでドラマとやや設定や行動が異なる

可能性がありますのでご注意ください。

 

 

直貴のバイト先の居酒屋店長役の俳優は誰?

 

演じるのは渡辺いっけいです。

 

「手紙」同様東野圭吾の小説が原作の

「容疑者Xの献身」にも出演していました。

 

芸名である渡辺いっけいは本名の

渡辺一惠を音読みしたものだそうです。

 

学生時代にマンガ雑誌へ投稿していた

際のペンネームでもあるようです。

 

 

プロフィール

 

名前:渡辺いっけい(わたなべいっけい)

 

生年月日:1962年10月27日(56歳)

 

出生地:愛知県豊川市

 

身長:170cm

 

血液型:B型

 

事務所:青年座映画放送

 

 

直貴の働く居酒屋

 

原作ではエスニック料理居酒屋店です。

 

直貴の担任(原作では朝美ではなく

男性教諭)の知り合いが経営している

居酒屋で直貴が金銭的に困っている

ことを知り担任が紹介してくれました。

 

 

兄のことを黙って働く

 

直貴が世間の差別にはじめて直面したのが

アルバイトです。

 

保護者がおらず兄が犯罪者であるという

ことはお金を稼ぐことすらも困難になる

ということを直貴は痛感し、また担任も

同様の考えだったためこの居酒屋では

当初から「突然両親が亡くなった」という

嘘をついて働いています。

 

担任からの提案ではありますが担任も

苦渋の選択として言い辛そうにして

います。

 

 

バレる

 

嘘はだいたいバレます。

 

高校卒業までという約束で直貴は

精力的に働いていましたが、卒業間近の

ある日、大学に合格した同級生たちが

やってきました。

 

彼らは高校3年生なので未成年なのですが

「めでたい席」ということで店長も

見てみぬふりをします。

 

しかしそこは未成年。

 

酒に酔いハメを外しすぎて次々と

他のお客さんが帰っていってしまい

直貴がクレームをつけにいきます。

 

店長もやってきてハメを外しすぎて

いることを諌めようとしますが、

酔っている一人が直貴の兄について

喋ってしまいます。

 

店長はここで初めて直貴の兄のことを

知ります。

 

また、少なくなっていたものの何人か

常連客も残っていたため彼らの耳にも

入ってしまいました。

 

 

即刻クビにはできないが・・・

 

事情を知った店長は店のイメージダウンに

繋がるという理由でクビにするほど冷酷な

態度ではありませんでしたが、気にせず

働けとも言えずにいました。

 

店長としても苦しい立場だったのでしょう。

 

直貴はしばらくの間、進退保留のまま

働きます。

 

しかし常連客に知れ渡った後、客と

店員との会話がほとんどなくなり

店内は陰鬱とした雰囲気になってしまい

ます。

 

客は会話内容を選ぶようになり笑顔も

少なくなりました。

 

常連客は無理をしてこの居酒屋に通う

ような態度になります。

 

客足が遠のくのは時間の問題でした。

 

 

直貴、バイトを辞める

 

結局、卒業まで1ヶ月をきったところで

直貴はバイトを辞めます。

 

店長もなんとも言えない表情で送り出し

ます。

 

 

店長の態度は正しいのか

 

店長ははじめて直貴の兄のことを知った

とき「嘘をつくのはお互いの信頼関係に

響く」と直貴に小言を言っています。

 

ですが即刻クビにはせず、一応そのまま

働かせてくれています。

 

ただし特にフォローなどをするわけではなく

常連客も腫れ物に触るような態度になって

います。

 

最終的に直貴から退職を口にするのですが

特に引き止めずに送り出しています。

 

お店の経営という面では直貴がいることで

客足が遠のいてしまうのは事実でしょう。

 

そのことを考えればクビにすべきです。

 

ですが人としては困っている相手を

助けたいとも考えるタイプです。

 

その相反する2つの気持ちが揺れ動き

どちらともとれない態度になっていました。

 

おそらく多くの人も同じ立場に立ったら

同様の態度になってしまうのではないで

しょうか。

 

ですがこの態度は結果として直貴自身に

辛い思いをさせています。

 

お互いに気を使わなくてはならない状況は

しんどいですよね。

 

どういう態度を取るのが正解なのでしょうか。

 

「手紙」には直貴の兄のことを知って態度を

変える人たちがたくさん出てきます。

 

その誰もが悪人ではなく、むしろ善人と

言えるでしょう。

 

このドラマはフィクションではありますが

もし自分が同じ立場になったらどういう

態度を取るべきかを深く考えさせて

くれるストーリーですよね。

 

 

最後に

 

テレビ東京の単発ドラマ「手紙」で

直貴がバイトするエスニック料理居酒屋の

店長を演じるのは渡辺いっけいです。

 

当初は兄のことを伏せてバイトをしますが

大学に合格した同級生がお店に来た

ことで素性がバレてしまいます。

 

その後は針のむしろのようなバイト生活と

なり残り1ヶ月のところで辞めてしまい

ます。

 

現実でもありそうな難しい局面ですね。

 

どちらの立場も辛く、正しい選択というのが

わかりません。

 

このドラマはいろいろ考えさせられますね。

 

 

 

-単発ドラマ
-,

Copyright© ねこねこにゅーす , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.