海外

AirB&B キャンセルするならホスト都合で!違いは?手順は?絶対に自分からやってはダメ!

投稿日:

 

世界中で利用できる民泊システムのAirB&Bですが、民泊はホテル業者ではない一般人もやっているためトラブルに巻き込まれることがあります。

 

その中の一つとして、予約したのに泊まれないというパターンがあります。

 

一般人がやっているため、急遽貸せなくなるというケースがあります。

 

海外では言葉の壁でよくわからないまま借りる側がキャンセル手続きをしてしまうことが多いようです。

 

もし自分に非がないのに宿泊をキャンセルするならば、絶対にホスト都合にしてもらいましょう。

 

その手順を紹介しますのでご覧ください。

 

 

 

宿泊客都合とホスト都合の違い

 

まず最初に、泊まる側がキャンセルする「宿泊客都合」と宿の提供側による「ホスト都合」の違いをお伝えします。

 

まず、宿泊客都合でのキャンセルの場合、AirB&Bへの手数料は返金されません

 

さらに宿泊期間や宿泊開始日までの日数によって一部の宿泊料が返ってこないケースがあります。

 

私は基本的に1か月単位で契約するのですが、ほとんどの場合宿泊客都合でキャンセルすると「最初の1か月」分が返ってきません。

 

ですので泊まれない上に全額返金されないわけです。

 

 

一方、「ホスト都合」での返金であれば、宿泊費そのものはもちろん、AirB&Bへの手数料や掃除代金など全て含まれた「当初支払った額」が全て返ってきます

 

 

さらに

 

上記はAirB&Bの公式サイトにも書かれています。

 

それだけでなく、総支払額の10%分のクーポン券を受け取ることができます。

 

利用可能な期間は短いですが、もともと宿泊するはずの期間に使えるので問題はありません。

 

 

ホスト側には重大なペナルティがある

 

宿泊客側にはいいことづくめな「ホスト都合」でのキャンセルですが、「泊まるはずだった宿がなくなる」という最大のデメリットがありますよね。

 

そのため、ホスト側に重大なペナルティが課されることになっています。

 

そのペナルティとは、

・キャンセル料の支払い

・カレンダーの日付ブロック(一定期間予約を受けられなくなる)

・解約通知がレビューに掲載されてしまう

・スーパーホストはく奪

となっています。

 

これはAirB&Bで民泊をする上ですさまじいデメリットです。

 

そのため、一部のホストは「宿泊客都合でキャンセルしてくれないか」と言ってきます。

 

上述の通り、返金されないデメリットがあるため断りましょう。

 

 

手順

 

宿泊客側から「ホスト都合でのキャンセル」のリクエストを送ることが可能です。

 

手順は以下の通りです。

 

 

旅行タブをクリック

 

まずはサイト上部にある「旅行」をクリックします。

 

宿泊予定の日付に存在する、キャンセル依頼をする対象の予約を選択します。

 

 

変更またはキャンセルをクリック

 

※ここから慎重に行動してください

 

「理由をひとつ選んでください」の中に「ホストにキャンセルを頼まれただけです」を選択し「続行」を押します。

 

「ホストの代理でキャンセルするのはやめましょう」と出るので「Airbnbに連絡する」を押します。

 

すると「ホストにキャンセルを依頼」と出るので、クリックをします。

 

ホスト側に依頼が送られるので、承認することでキャンセルが確定となります。

 

 

キャンセルが確定したことを確認する方法

 

一番早くわかるのはメールです。

 

AirB&Bから「予約がキャンセルされました」というメールが来ます。

 

そのメールには返金額の10%分のクーポンコードが記載されているのでしっかりチェックしましょう。

 

 

悪質なホストを避けるために

 

キャンセルを多発させるようなホストを避けるには、「スーパーホスト」の宿を選択するか、その宿のレビューを確認するのがベストです。

 

海外だとレビューも英語などの外国語ですが、焦らずgoogle翻訳などを使って調べてください。

 

キャンセルはなくても「話が違う」などのクレームをしていることもあります。

 

 

最後に

 

外こもりなど、海外で長期滞在する場合にホテルよりも安く宿泊できるAirB&B。

 

ですが個人でやっていることもあるので急遽キャンセルになることがあります。

 

慌てずにホスト都合でキャンセルしてもえば、全額返金される上にクーポン券も手に入ります。

 

言葉が通じないからと最初から泣き寝入りせず、きちんと主張しましょう。

 

ちゃんとしたホストなら対応してくれます。

 

対応してくれない場合は「AirB&Bに訴える」と伝えれば多くの場合対応してくれます。

 

 

 

-海外
-

Copyright© ねこねこにゅーす , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.