***2022ウクライナ危機について***

※この文章は当ブログのウクライナに関する全ての記事に表示しています※

恐れていたことが現実に起こってしまいました。

ドネツク・ルガンスクを助けるという名目のはずが、なぜかロシア軍はキエフに向かっているそうです。

2月24日時点で100人以上の日本人がウクライナにいるとの情報がありました。

私は「なぜ早く逃げなかったのか」と責めません。

きっとのっぴきならない事情があったのでしょう。

今もまだその事情は続いていますか?

お金が問題なら、近隣諸国にも同程度の物価の国がありますよ。

 

ウクライナ国外で当記事をご覧になっている方へ。

行くのは今ではありません。

当ブログのウクライナに関する記事は過去の情報であり、今現在のウクライナへの渡航を勧めるものではありません。

google検索上で表示されている日付は記事の執筆日とは異なります。

***2022ウクライナ危機について・ここまで***

ウクライナ

ウクライナ人美女と付き合うには? 魅力的に感じる条件と実際に出会う方法とは

更新日:

 

私はウクライナが大好きです。

 

モデル級の美女が普通にその辺を歩いているという美女大国なのがその理由の1つです。

 

日本でもウクライナ=美女大国という認識が広まりつつあり、ウクライナ美女と付き合うにはどうしたらいいかと悩む人も増えているようです。

 

今回は実際にウクライナ滞在期間が多い私が現地で美女から聞いた内容をもとに付き合う方法を紹介してきます。

 

 

当記事は出会い系サイトや結婚斡旋サイトを紹介しているわけではありません。

 

また、コロナ禍の真っ最中に旅行しようと言っているわけでもありません。

 

 

 

ウクライナ人は日本好き だけど日本人なら誰でもいいわけではない

 

このブログでは何度も紹介していますがウクライナでは日本食や日本企業を好み日本人だとわかると態度を好転させる人がとても多いです。

 

ですが日本人なら誰でも付き合いたいと感じるわけではありません。

 

 

付き合いたいと感じる条件

 

統計的に有意な人数からアンケートを取ったわけではないので偏りがあるかもしれませんが、私を日本人と理解している方に「日本人と付き合うなら」という条件を聞いてみました。

 

 

ウクライナのことを好きな人

 

外見などからロシア人扱いされることが多いですが、ウクライナ人は自国に誇りを持っている方がとても多いです。

 

ウクライナに来るとわかりますが、至る所に国旗が飾ってあり、公園の遊具などもウクライナカラー(青と黄色)に塗られています。

 

国の歴史を事細かに知る必要はないですがロシア人と同一視するような人は嫌われます。

 

ただ、勘違いしている方がいますが「ウクライナ人はロシアの全てが憎い」というわけではありません。

 

たとえばウクライナ人でロシア語しか喋れない(ウクライナ語を喋れない)人もかなりの数に上ります。

 

※もちろんクリミア関連や2022年のウクライナ東部での緊張などについては親ウクライナ派が大半です

 

 

海外経験がある人

 

ウクライナ語やロシア語、英語がペラペラである必要はありませんが、日本国内から出たことがなく海外に興味のない人は敬遠したがる傾向があります。

 

国によって文化が違うということを肌で理解できているかは重要です。

 

特にウクライナは旧ソ連国なので日本とは文化的違いが多く、日本の文化を常識と考えているとすれ違いが増えます。

 

 

相手を尊重する人

 

当たり前の話ですが、相手を尊重できない人は嫌われます。

 

ウクライナでは至る所にお花屋さんがあり、深夜まで営業しています。

 

これは「いつでも女性に花をプレゼントできるように」という理由だそうです。

 

相手のことを大切に想い、尊重する態度で接しましょう。

 

 

「ウクライナ女性が好き」はNG

 

開口一番「ウクライナ人と付き合いたい」と言い出す人は嫌われます。

 

「ウクライナ人だったら誰でもいい」という意味に取られます。

 

 

相手に気に入られたいなら相手にあわせること

 

相手に好意をもたれたいのであれば相手の文化を理解し相手にあわせるべきです。

 

もちろん相手に貢いだり相手の言いなりになるべきという意味ではありません。

 

ですが相手のことを理解しようとせず自分にあわせろという強引な人が好意をもたれるわけがありませんよね。

 

 

国内での出会い系サイトや結婚斡旋サイトは超難関

 

日本語でウクライナ人と結婚を斡旋するサイトがいくつかありますよね。

 

実際に利用した人のクチコミではいざ結婚してみたら相手が借金まみれだったり写真と違う人が来たりとよくない情報も多いです。

 

正直、この手のサイトに登録しているウクライナ人は「日本人なら誰でもいい」という場合がほとんどです。

 

彼女たちが日本人に望んでいるのはお金です。

 

それでもウクライナ美女に来て欲しいと考えるなら利用するのもアリでしょう。

 

お金はかかります。

 

相手がお金目的でなかったとしても、日本までの渡航費やビザ代、そして日本での滞在費・生活費はあなたが持つことになるでしょう。

 

ウクライナの平均月収は5万円前後という統計もあります。

 

これは男性を含めた額なので女性(特に日本人男性が望むような若い女性)の平均月収はもっと低いです。

 

ウクライナから日本への渡航費は安くても10万円近くします。

 

日本での滞在費もウクライナ人にとってはドン引きするレベルで高いです。

 

 

実際にマッチングしている人も(極めて少数だが)いる

 

私が頻繁に利用していた首都キエフにある安宿のスタッフの女性(20代中盤、スラっとした体形の美女)が、「日本人とメッセージをやり取りをしているのよ」と日本人男性のプロフィールを見せてくれたことがあります。

 

普通のおじさんでした。

 

言葉を選ばずに言えば、「うだつの上がらない、新橋あたりの居酒屋で飲んだくれていそうなおじさん」のような外見でした。

 

スタッフの女の子はそれでもうれしそうにしていたので「お、おぅ」と返事をしておきましたが、「イケメンじゃなくても、現地にいなくても、マッチングアプリで出会えることがある」のは事実のようです。

 

使っているアプリは日本でも人気のある「Tinder」です。

 

 

※実際には結婚詐欺(国際ロマンス詐欺)が広まっておりリスクとリターンがあわないので出会い系はオススメはできません

 

 

結局現地に来るのが一番

 

ウクライナは日本からはとても遠く週末にちょっと遊びに来るという方法はとれません。

 

ですがウクライナ人の運命の人を探すなら現地に来るのが手っ取り早いですし何よりも数を撃てるので当たりやすいです。

 

 

日本にいるウクライナ女性より現地のほうがいい理由

 

海外(ウクライナ国外)のウクライナ女性は自分たちが美女であることを理解しています。

 

特に日本に来る若いウクライナ女性は自分の美貌が武器であることをしっかりわかっています。

 

当然大量の男性から言い寄られるので男性側に相当な魅力がない限り勝負になりません。

 

一方、ウクライナ国内であればそもそも日本人がほとんどいないため、「そこにいるということ」そのものが武器になります。

 

希少性はステータスになります。

 

さらに周囲が美女だらけの世界しか知らないウクライナ女性は自分がとびきり美人であると理解していないこともあります。

 

日本人はウクライナへ行けばレア度が上がりウクライナ人は現地では周囲の美女に埋没してレア度が下がっているわけです。

 

また、すでに述べた通りウクライナは物価が安く、特に若い女性は給料が低いです。

 

海外(日本)に来れている人は裕福な家庭の子か優秀な能力の高収入の女性です。

 

海外に出られない女性を狙うのなら現地に行くべきです。

 

 

対ロシアについて

 

元々クリミアやドネツクなどで問題のある対ロシア。

 

2022年には急激に緊張が高まっています。

 

ウクライナ人のうち楽天的な人たちは2022年1月時点でも「いつものことだよ」と笑っていますが、日本の外務省は危機レベルをかなりの高さに設定しました。

 

2022年1月時点では例の感染症も無警戒でいい状況ではありません。

※ウクライナは日本より状況が悪いです

 

私はウクライナが大好きですが、それでも「今行くべき国」とは言えません。

 

もう少し待ちましょう。

 

 

最後に

 

ウクライナ人と付き合いたい場合、日本国内で出会い系サイトや結婚斡旋サイトを利用するよりも現地へ飛ぶほうが圧倒的に有利です。

 

数日単位では仲良くなるのは難しいかもしれませんが、ウクライナは好都合なことに90日間までの滞在はビザが不要です。

※新型コロナウイルス発生前の情報です。コロナ禍の2020年現在、観光目的での入国はできません。また、今後変更になる可能性はあります。

 

物価も安いのでホテル住まいでも月10万円以下で生活が可能です。

※このランクのホテルは日本人旅行者様の泊まる高級ホテルとはやや設備が異なります

 

ウクライナ美女と付き合いたい方は色々な危機が過ぎ去ったらぜひ一度ウクライナに遊びに来てみてください。

 

 

 

-ウクライナ

Copyright© ねこねこにゅーす , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.