海外

海外のうざい日本人観光客の特徴 話しかけられ待ちとは?奥ゆかしさ・謙虚さは理解されない

更新日:

 

日本国および日本人は、多くの国で好意的に捉えられています。

 

ですが、それは全ての日本人が何をしてもチヤホヤされるという意味ではありません。

 

日本人の日本人らしい行動の中には、海外では受け入れられにくいものもあります。

 

 

 

日本人の謙虚さはクレイジー

 

日本人は褒められた際に必ず「いえいえいえ」と答えなくてはならないという圧力がありますよね。

 

褒められて「まあね」とでも言おうものなら「上から目線」「偉そう」「調子に乗ってる」など総スカンを喰らう恐れすらあります。

 

また、日本では「努力に裏付けされた自信」すらも認められない人が多いです。

 

それを恐れ、学生時代に一生懸命勉強したのに「全然勉強してないよー」と予防線を張った人は多いでしょう。

 

これらの行動は、日本人だけとまでは言いませんが、海外では比較的レアです。

 

「謙遜はやりすぎたら嫌味」ということを知りましょう。

 

 

極端な謙遜は自分の能力を正しく理解していないように見える

 

日本人の謙遜は、謙虚ではなく卑下であることが多いです。

 

自分を卑下することは、自分の能力を正しく理解していないと映ります。

 

ビジネスの場でなく、ただの観光でたまたま席が隣だっただけの間柄なら自分を正しく伝えなくてもいいのかもしれませんが、「自分や日本という国を正しく理解できていない人」という印象を持たれるのは心地よくはないですよね。

 

 

日本を卑下する人が多すぎる

 

日本人に特徴的なのが、自国への愛情がないという点です。

 

日本国内では、日本を称賛すると「右の人」などと揶揄されたりしますよね。

 

過去には「日本の旗を軒先につるしていて驚いた」と言い出す政治家がいたりしました。

 

たしかに、実態以上に称賛されると「いやそこまでじゃないよ」と言いたくなりますし、「日本にもダメなところはある」と言いたくなる気持ちもわかります。

 

ですが自分はダメ、自国もダメと常に否定ばかりしている人は謙虚ではなくネガティブな人に映ります。

 

 

話しかけてもらえない日本人の特徴

 

日本人が海外旅行から帰ってきて口にする愚痴の典型例の一つに「アジア人だから無視された」というものがあります。

 

たしかに店員を呼んでも来てくれなかったりすることもマレにあります。

 

ですが中には自分から話しかけておらず相手が喋って来なかったことに憤っている人がいます。

 

「自分から話しかけない」という日本人はとても多いです。

 

「日本人はシャイが多い」というのは海外では広く知られてはいます。

 

ですが情報として・知識として知っているだけの人は「そこまで喋らないのか?!」と驚きます。

 

一度仲良く喋った相手に対し、翌日以降目があっても挨拶せず目を逸らすような人もいます。

 

これは外国人からしたら「嫌われたのかな?」とか「怒っているのかな?」と思ってしまいます。

 

知り合いになったはずの外国人(日本人観光客)があからさまに目を逸らしたら話しかけにくいです。

 

差別云々ではなく身体的特徴として、欧米人より東アジアの人のほうがツリ目が多いです。

 

「ツリ目に慣れていない人には無表情でいるだけでも怒っているように見えることもある」というのはもはや海外あるあるになりつつありますが、初めて海外旅行をする人は気づいていないこともあります。

 

「本人としてはちょっと緊張しているだけで普通にしていただけなのになぜか敬遠されてしまった」というのはこれが原因かもしれません。

 

 

話しかけられ待ちの日本人

 

日本人は話しかけられるのを待つことが多いです。

 

しかも相手の方を見てアイコンタクトするのではなく、うつむいてスマホを弄っていたりするケースが多いです。

 

もし仲良くなりたいのなら、せめて目を合わせて微笑みながら挨拶くらいはしましょう。

 

 

どうすればいい?

 

まず、「極端な謙虚」はやめましょう。

 

褒められたら「いえいえいえ」ではなく「ありがとう」です。

 

あわせて相手のことも褒められればパーフェクトです。

 

 

そして挨拶くらいはしましょう。

 

流暢な英語で日常会話をする必要はありません。

 

相手の目を見て、微笑みながら「ハーイ」と言えれば大丈夫です。

 

この二つを心がければ、「喋らないネガティブな日本人」だとは思われません。

 

 

ちなみに、ドミトリーでほとんど喋らない日本人が、別の日本人客がやってきた途端お喋りになるというケースも外国人には驚かれます。

 

本人は英語が苦手なので黙っているのですが、同室の外国人からは奇異に感じられます。

 

場合によっては「日本人様は俺たちを下に見ている。日本人だけでコミュニティを作っていて俺たちと仲良くする気はないんだ」なんて思われる可能性もあります。

 

 

日本では「間違いは許されない」という英語教育が行われているため、完璧な文法・完璧な発音でないと喋ってはいけないと思い込んでいる人は多いです。

 

ですが外国では「言葉はツール。大切なのは意図を伝えること」というのが基本です。

 

なので極端な話、日本語で喋りながらボディランゲージやイラストを交えてもいいのでとにかく自分の考えていることを伝えれば会話は成立するんです。

 

「英語が喋れないこと」「文法や発音が間違っていること」は恥ずかしくありません。

 

仲良くなりたいなら話しましょう。

 

 

でも下手な英語で話しかけたら茶化された

 

残念ながら、「海外」にも差別はあります。

 

日本でも「マウント」という行為が話題になることがありますが、海外にもあります。

 

「下手な英語を笑う」「その英語レベルでどうやってここまで来たんだ」などと口にしてしまう残念な人は海外にもいます。

 

そういう人にまで愛想よくする必要はありません。

 

さっさと見切りをつけて別の人と話しましょう。

 

全員に好かれる必要はないですし、そもそもそんなことは不可能です。

 

 

最後に

 

海外で嫌われる日本人の特徴として「謙虚」と「話しかけられ待ち」を紹介しました。

 

「謙遜はやりすぎたら嫌味」という言葉を忘れず、自分や自国を卑下しすぎないようにしましょう。

 

もちろん「日本には四季があるんだよ」などと無意味な自慢はしなくていいですし、「日本人はすべての面でおまえらに勝っている」という間違ったマウントを取ってはいけません。

 

 

また、「話しかけられ待ち」の日本人は本当に多いです。

 

私も人見知りなので気持ちはわかりますが、仲良くなりたいなら挨拶は基本です。

 

日本では恐るべきことに、中年の男性社員が若い女性社員におはようと挨拶をしたらセクハラだと騒がれたというニュースがありました。

 

海外ではそういうのはないです。

 

安心して挨拶をしてください。

 

 

 

-海外

Copyright© ねこねこにゅーす , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.