悩み

泉水みちる/底辺声優の所感から見る夢・目的の大切さ 固定観念でがんじがらめ?

投稿日:

 

ツイッターで泉水みちるさんという声優が引退したことが話題となっています。

 

「底辺声優の所感」という文章をnoteに投稿しており、ネット上では様々な意見が交わされています。

 

この声優の顔や代表作は多くのブロガーがまとめているのでそちらを見ていただくとして、私は「夢を諦めた人」への感想を書きたいと思います。

 

当記事はは泉水みちるさんへあてた内容ではありません。

 

誹謗中傷する意図は全くありませんし、新しい道を選択したことも尊重します。

 

私だったらどうするか、私の身近にそういう人がいたらどうアドバイスするかと考えてこの記事を書きました。

 

 

 

固定観念による消耗戦

 

夢が叶わないと言って諦める人の多くは、その夢を「声優になる」「漫画家になる」などの既存の職業で語っていることが多いです。

 

特に声優やアイドル、ミュージシャンなどは人気商売という側面もあるため、本人の努力だけでは叶わないことが多いです。

 

諦める前に「本当の夢は何だったのか」と立ち止まってみればよかったのにな、と思いました。

 

 

夢が職業だと苦しい

 

泉水みちるさんは声優として売れることを夢としていました。

 

そのため、テレビアニメなどのオーディションに参加するなどして消耗し、苦しんでいます。

 

私なら「声優」を夢にしません。

 

声優という仕事をしたくないという意味ではありません。

 

声優という職業ではなく、もっと抽象化した「声を仕事にする」を夢にしていれば別の道があったはずなんです。

 

アナウンサーという意味ではありません。

 

声を仕事にする、つまり声でお金を稼ぐのであれば、アニメ声優以外にもたくさんあるんです。

 

YouTuberでもいいでしょう、同人ゲームの声優という道だってあります。

 

他にも声でお金を稼ぐ道はたくさんあります。

 

ちなみにYouTuberは広告収入はほとんど稼げないと言われていますが、たとえばYouTubeで自身の声の魅力をアピールし、同人作品を宣伝するといった方法もあるでしょう。

 

ちなみにここで言う同人作品は二次創作ではありません。

 

二次創作は著作権問題があり、お金を稼ぐことはできません。

 

ですが一次創作であれば何も問題ありません。

 

同人誌が一番有名ですが、最近は同人音声という世界もありますし、同人ゲームの声優という選択肢だってあります。

 

もちろん声優一人でこれらを作り上げることは難しいので、複数人でサークルを作るのが望ましいでしょう。

 

 

夢を叶えたいならバイトすべきではない

 

泉水みちるさんに限らず、夢を追う人はアルバイトで生計を立てていることが多いです。

 

ですがこれでは大切な時間を消耗し続けることになります。

 

やるならたとえ最低時給の半額となったとしても、夢に関係のあることでお金を稼ぐべきです。

 

声を仕事にしたいのならYouTuberや同人作品でお金を稼ぐのがいいです。

 

これらの作品でお金が稼げるのであれば、お金を稼ぐことと夢に向かって進むことがイコールになります。

 

ですがバイトの場合、お金を稼ごうとすればするほど夢を追いかける時間が削られてしまいます。

 

もちろん同人作品で月10万20万稼ぐのは大変です。

 

YouTuberとして広告費で月10万稼ぐのも相当な道のりでしょう。

 

ですが全てコミコミで月数万円程度ならなんとなかります。

 

同じように夢を追っているサークル仲間と同居すれば家賃も食費も浮きます。

 

かなり厳しい道ですが、バイトで時間と心を消耗するよりずっと充実するはずです。

 

 

最後に

 

「底辺声優の所感」を読んで個人的に思ったことをまとめました。

 

バイトじゃなくて声優に関係のあることで生活費を稼いでいれば、心を削られることはなかったような気がします。

 

結果的にこの方が思う声優にはなれないかもしれませんが、声の仕事を続けることはできたはずです。

 

「事務所に所属して声優という肩書きを持って地上波アニメの登場人物の声を担当したい」であれば難しいでしょうが、その中の一番何がやりたかったのかを考えれば別の道があったように感じます。

 

 

-悩み

Copyright© ねこねこにゅーす , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.