悩み

1億円貯められない人のFire 貧困層や一般人にも可能か?好きなことで稼ぎつつ投資で利益を得る生活を狙おう

更新日:

 

Fire。

 

意識高い系の人や雑誌が盛んに取り上げているのでちょっと気になりますよね。

 

私はFireの専門家ではありませんが、ざっくり言うと「年利4%の投資で得た収入で生活するスタイル」と理解しています。

 

日本で生活する場合、とりあえず年400万あれば十分な生活ができるものと考えると、4%ということは100,000,000円貯めることが必要です。

 

ゼロの数が多すぎてわかりにくいので表記を変えると、「1億円」が必要です。

 

生涯年収3億円に満たない一般人や、相対的貧困に苦しむ人たちには「1億円の余剰資金」は不可能ですよね。

 

Fireは富裕層だけに許された方法ということでしょうか。

 

私は一般の人や相対的貧困に苦しむ人でも可能だと考えます。

 

※ちなみに、私自身は富裕層どころか一般人よりも収入が少ないです。当記事は富裕層からの上から目線のアドバイスではありません

 

 

 

前提:貧困層とは

 

まず、貧困層という言葉について説明させてください。

 

当記事では貧困層と言う言葉を「相対的貧困に苦しむ人たち」という意味で使っています。

 

つまり、「明日の食事に困っている人」や「家がない人」という絶対的貧困は除外しています。

 

そういう状況にある方は国や自治体の制度を使ってなんとかしてください。

 

生活保護を含め、様々な「再度立ち上がるための制度」はたくさんあります。

 

それを使うことは、恥ずかしいことではありません。

 

絶対的貧困の状況は制度を使えばなんとかなります。

 

申請しただけでたちどころに富裕層の仲間入りになれるわけではありませんが、収入を得るためのスキル取得を含めて様々なサポートを受けることができます。

 

 

また、その行動ができない怪我や病気に苦しんでいる人も当記事の対象ではありません。

 

まずはゆっくりしっかり治療してください。

 

中途半端な状況で無理をして再起不能になったら本末転倒です。

 

 

貧困層のためのFire

 

貧困層でもFireができると主張する根拠は大きく分けて2つあります。

 

1つは、「もともと生活水準が低い」ということ。

 

もう1つは、「1億の貯蓄」だけがFireの方法ではないということです。

 

ひとつずつ説明してきます。

 

 

貧困層は生活水準が低い

 

月10万円しか稼げていない人は、基本的に月10万円で生活していますよね。

 

月30万円稼いでいる人は、貯金分を差し引いたとしても月10万円以上の生活費がかかっているはずです。

 

この生活水準は、一度上げると下げるのにとても苦労します。

 

たとえば「スマホを手にした人がスマホのない生活には戻れない」「エアコンを使ったことがある人は1日でも故障で動かないと地獄に感じる」などの例を挙げれば理解できるかと思います。

 

 

貧困層は、もともと生活水準が低い(=毎月の生活費が少ない)ので、Fireをスタートする上で必要になる貯蓄額も少なくて済みます。

 

仮に今現在月10万円で生活できているのであれば、年間で必要な額は120万円です。

 

4%の年利で120万円得るには3000万円で十分です。

 

1億円必要とされているFireのスタート資金が1/3以下の3000万円でいいというのはメリットと言えますよね。

 

 

Fireの方法は「貯蓄」だけではない

 

これは貧困層だけが得られるメリットではありませんが、Fireは必ずしも「貯蓄をして投資でリターンを得なければならない」というわけではありません。

 

そもそもFireの基本理念は「人生を仕事に左右されない」ということだそうです。

 

要は「仕事を一切せずに生きる」ではなく、「好きでもない仕事を生活費のために続けたくない」ということだと思います。

 

であれば、生活費の全額を投資で得る必要はないですよね。

 

自分のやりたい仕事で数万円でも稼げるのなら、その分だけ投資でのリターンは少なくて済むわけです。

 

ブログやYouTubeなどはジャンルの幅が広いので、自分の好きなことを発信するという方法も可能です。

 

どの世界にも「稼ぐための方法」が存在するので、自分のやりたいことだけを好き勝手にやっても稼げませんが、やりたいこと・好きなことが中心の生活はできます。

 

 

どうやって増やすか

 

とりあえず1億も貯める必要がないということはわかっていただけたと思います。

 

ただ、貧困層など経済的に苦しい人は3000万円貯めるのもかなり厳しいですよね。

 

毎月入ってくる収入と出ていく支出がほぼ同じというケースが多いことでしょう。

 

そういう人がお金を増やす方法は「スキルを得る」です。

※勘違いしている人が多いですが、スキルは資格という意味ではありません。知識として知っているだけではなく、実際の仕事で使いこなせる能力のことをスキルと言います

 

幸か不幸か、経済的に苦しい人は手持ちのスキルが少ないです。

※スキルがあるのに経済的に苦しいのなら転職してください

 

手持ちのスキルがないということは、スキルを得ることで状況が改善する可能性が高いということです。

 

一昔前のギャグで言うなら「のびしろがある」という状態です。

 

「すでにいくつものスキルがあってそれなりの収入も得ているのにお金が貯められない」という人たちは生活水準を下げる必要がありますが、スキルを持っていないのならそれを得ることで収入が増える可能性があるので生活水準を下げずとも貯蓄ができます。

 

スキルを得て収入が増えても、生活水準を上げなければ増えた分がそのまま貯蓄できることになります。

 

 

「じゃあ何のスキルを得ればいいのか」という質問には答えられません。

 

人によって向き不向きや好みがあるからです。

 

なんでもいいのならブログをオススメしますが、文章を書くことが苦痛だったり一般大衆の気持ちを汲み取るのが苦手な人は苦労します。

※私も人の気持ちが理解できないタイプなのでとても苦労しています

 

世の中にはお金を稼ぐ方法は山のようにあります。

 

特に「ネット副業」は空いた時間でコツコツ積み上げることができるのでオススメです。

 

ちなみに空いた時間を活用してお金を稼ぐ方法としてUber Eatsなどもありますが、こちらはオススメしません。

 

単価が低いというだけでなく、続けてもスキルアップ等が見込めず収入(単価)が増えていかないからです。

 

また、副業に関して「内職」のようなただの作業や「引っ越しバイト」などの肉体労働はオススメしません。

 

内職はスキルアップしにくいですし、肉体労働は(体力がつくというメリットはありますが)将来的な単価アップという意味での収入増にはつながらないからです。

 

隙間時間を活用できるという点とスキルアップにより単価が上がる可能性があるという点で「ネット副業」はオススメです。

 

 

生活費を減らす方法

 

上述の通り、生活水準を下げる(=生活費を減らす)のは難しいです。

 

ですが、人によっては「物価の安い国で過ごす」という方法で生活費を節約することが可能だったりします。

 

もちろん物価が安い国でもヒルトンやシェラトンといった高級ホテルを自室代わりにしたら厳しいですが、現地の安ホテルやアパートを借りれば家賃は光熱費・wifi込みでも3万円台になる国や地域が多いです。

 

レストランも大衆食堂を利用するのならかなり安くなりますし、自炊ができるのならとんでもなく節約が可能です。

 

さらに海外にいることでいくつかの税金も払わなくてよくなります。

 

※税金関連については必ず専門家に相談してください。当ブログを含めたネット上に転がっている見ず知らずの人の意見だけで判断するのは危険です

 

もちろん、まだ新型コロナウイルスが終息しているわけではないので今すぐに出発するのはリスクが高いですが、今のうちにネット副業である程度稼げる状況を作り出しておけば安全になったときにスタートダッシュができるはずです。

 

 

最後に

 

Fireは「絶対に1億円を貯めなくてはならない」というものではありません。

 

生活水準が低くても大丈夫な人は貯めるお金も少なくて済みますし、そもそも「全てを投資で賄える状況」にならなくても、「収入は少ないけどやりたいと思っていた仕事」と併用するというスタイルを取ることもできたりします。

 

さらに言えば、ある程度投資からの収入が見込めているのであれば、仕事で不条理なことを我慢せずに転職することも可能です。

 

Fireを「複数の収入源の一つ」と考えるようにすれば選択肢が広がるのではないでしょうか。

 

 

 

-悩み

Copyright© ねこねこにゅーす , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.