悪魔の弁護人・御子柴礼司

悪魔の弁護人 船で救命具を奪われた日浦佳織がかわいい!演じた女優は誰?

投稿日:

 

フジテレビドラマ「悪魔の弁護人・御子柴礼司~贖罪の奏鳴曲」第5話では老人ホームの事件の被害者が過去に裁判になっていたことが明かされました。

 

ブルーオーシャン号で日浦佳織という女性から救命具を奪ったとのことですが、その日浦佳織という女性がかわいかったですね。

 

誰なのか調べてみましたのでご覧ください。

 

スポンサーリンク

 

 

日浦佳織役の女優は誰?

 

おそらく平澤瑠菜です。

 

18歳の新人女優だそうです。

 

情報がほとんど出ておらず、事務所の番宣写真から判断しました。

 

黒髪の大和撫子的美少女なのでブレイクしそうな予感がします。

 

「告ったり、フラれたり」というYouTubeチャンネルで塾講師に恋する女子高生役を演じています。

 

引用:YouTube 告ったり、フラれたり

 

プロフィール

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

告ったり、フラれたり(@kokuttari.furaretari)がシェアした投稿

 

名前:平沢瑠菜(ひらさわるな)

 

生年月日:2001年9月16日(18歳)

 

出身地:千葉県

 

身長:158cm

 

血液型:O型

 

事務所:GLEAN MEDIA

 

 

日浦佳織 原作を基に詳細をネタバレ

スポンサーリンク

 

ドラマではサラっと流されていましたが、ブルーオーシャン号の事件については原作小説ではもっと深く描かれています。

 

ブルーオーシャン号は韓国籍の釜山と下関を結ぶ旅客船でした。

 

船は日本産のものですが、耐用年数を超えたものを韓国で改造して使っていました。

 

さらに旅客船にもかかわらず甲板には大きなコンテナが置かれ、貨物船としても使っていたようで過積載になっていました。

 

その状況にさらに時化に遭遇したことで転覆してしまったのです。

 

貨物コンテナという余計なものを積む一方で旅客のための救命具は人数分用意されていませんでした。

 

そのうえ、船長以下乗組員は客を助けることなくさっさと救命ボートで脱出してしまったのです。

 

栃野守と日浦佳織はこの船に乗り合わせており、阿鼻叫喚の最中最初に救命具を確保していたのは日浦佳織のほうでした。

 

しかし救命具があるとはいえ、荒れ狂う海に飛び込むことを躊躇して船にとどまっていました。

 

そこへまだ救命具を持たない栃野守が現れ、日浦佳織を殴りつけて救命具を奪ったのです。

 

日浦佳織は救命具を持たないまま、海へと放り出されてしまいます。

 

 

日浦佳織は旅行が大好きで普段から一人で外国に出かけていたようです。

 

結果論ではありますが、この事故で亡くなった後には両親は旅行を止めるべきだったと口論になったようです。

 

 

最後に

スポンサーリンク

 

フジテレビドラマ「悪魔の弁護人・御子柴礼司~贖罪の奏鳴曲」第5話に登場した日浦佳織を演じたのはおそらく平澤瑠菜です。

 

ドラマではほとんど写真だけでしたが、ネットの一部でかわいいと話題になっていました。

 

今後ドラマへの出番が増えて行くといいですね。

 

 

 

-悪魔の弁護人・御子柴礼司
-

Copyright© ねこねこにゅーす , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.