悩み

見切り発車のススメ ネット副業・フリーランス・同人活動など個人で稼ぐなら必ず覚えておくべきこと

投稿日:

 

「日本は経済的に衰退している」

 

事実かどうかは何に注目するかで変わりますが、自分自身の取り巻く環境を考えると今までのような会社に収入の全てをゆだねる生き方が厳しいと感じる人は多いでしょう。

 

しかしほとんどの人は失敗するかどうかの前にそもそも一歩目が踏み出せません。

 

 

 

間違いを悪とする洗脳(教育)

 

日本では幼少期の頃から間違うことに強烈な問題意識を植え込む教育がなされており、「間違える(失敗する)くらいだったらやらないほうがマシ」という思考を持つ人を増やしています。

 

この洗脳教育から抜け出さないと個人(小規模グループによる起業を含む)で稼ぐことはできません。

 

なぜなら、新しい事をする際に絶対に失敗しないと確信できる局面は存在しないからです。

 

全ての道筋で結果が約束されているというのは、すでに大勢の人が通った状態です。

 

当然「レッドオーシャン」状態です。

 

需要より供給のほうが多くなっているため、どんどん稼ぎにくくなっていきます。

 

 

見切り発車のススメ

 

もしあなたが会社に頼らず個人でお金を得たいのであれば、見切り発車でスタートしましょう。

 

全てに確信が持てるまで待っていたら、機を逸します。

 

一人でお金を稼ぐのだとしても顧客という他人がいる以上未来は不安定になります。

 

また、当然ながら社会情勢を完璧に予測することはできません。

 

※「いや、わかるだろwww」とマウントを取ってくる社会情勢事情通さんはFXをやるだけでぼろ儲けできます。よかったね

 

 

見切り発車でも計画は必要

 

見切り発車と言っても、リスクを一切考えず無警戒に突っ込んではいけません。

 

当然ながら予想されるリスクの発生率と発生した際の損失額は考えるべきです。

 

当記事で言っている「見切り発車」とはこのリスクがゼロになる前にスタートさせるという意味です。

 

社会情勢や顧客の反応を含めた「市場」は常に変化しており完璧には理解できません。

 

だからある程度までリスクを予測し、投じる資金や時間と天秤にかけて「致命的なことにならない」と判断したらとりあえずやってみてください。

 

 

「とりあえず」の精神

 

私は新しい事に挑戦する際、自分なりに計画書を作ります。

 

順番に何をしていけば目標に到達できるか、それぞれの段階で予測できるリスクなどを洗い出します。

 

そして最後に「まず何をするか」のメモの隣に「とりあえず」と大きく書きます。

 

私は社会不適格者であり、「地頭」もよくありません。

 

だから全てを見通す力を持とうと思っておらず、「絶対にうまく行く確信」も持とうと思いません。

 

だからとりあえずやってみて数撃ちゃ当たるくらいのノリで行動しています。

 

 

早く動き出せばその分時間が少なくなるので何度も挑戦できます。

 

そして致命的なリスクにさえ遭遇しなければ何度でもやり直しができます。

 

結果として、数を撃つことができます。

 

 

それでも完璧を目指す人へ

 

はっきり言いますが、スタート前のあなたはそのジャンルにおいて素人です。

 

たとえ会社である程度の経験があったとしても全てを一人(または少人数のグループで)やる経験は少ないでしょう。

 

そのジャンルですでに活動している人なら当たり前にできていることができていなかったり、当たり前に想像できることすらも思いつかなかったりします。

 

だからスタートにどんなに準備をかけてもどうせ初回から爆発的な利益は得られません。

 

それなのに初心者に限って必死に時間をかけて完璧なものを作ろうとします。

 

仮にそれが完成したとしてもきっとあなたは1年後「初回のアレは全然ダメだ」と言い出します。

 

素人の完璧は中級者レベルの人から見ても駄作です。

 

だから完璧を求めて時間を浪費せずにとりあえずスタートしましょう。

 

 

最後に

 

個人で稼いでみたいのなら、完璧になってからスタートするのではなく、見切り発車で始めてください。

 

事前に考えられるリスクを洗い出し、仮に最悪の事態になっても致命的な状況にならないのならとりあえずやっちゃいましょう。

 

「致命的な状況」とは、再挑戦ができない状態のことです。

 

たとえば「今月の生活費が払えなくなり家を手放さなければならない」だったり「借金が払えなくなって破産しなくてはならない」だったり。

 

要は「合法的な方法では生きていけなくなって自暴自棄になる」という状況が「致命的」です。

 

「完璧」になるまで用意をすることは「時間」を失うという致命的な状況に陥りがちです。

 

その上準備にも資金がかかります。

 

ここで言う資金とは、スキル習得や機材などの初期投資だけでなく、準備期間の生活費も含みます。

 

スタートしなければ収入は絶対に発生しません。

 

だから準備をすればするほど初期費用が膨らみます。

 

お金と時間を注ぎ込んだことで後戻りできなくなる「コンコルドの誤謬」という最悪の事態に進むことにもなりかねません。

 

だったら資金も時間も少ない状態でとりあえず少額でも収入が発生することを確認しにいきましょう。

 

とりあえず1円でも発生させられるのであれば、後は労働時間を短縮するか成果物を増やすかを考えていくだけです。

 

※短時間で完成させられるならたくさん作れますし、たくさん作ればたくさん収入が増えます

 

 

-悩み

Copyright© ねこねこにゅーす , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.