悩み

貧乏人は逆転できない?なんで金持ちの作ったルールで競ってるの?枠の外で生きればいいのに...

投稿日:

 

日本でも経済格差が広がり、「貧乏人は逆転できない」と嘆く人も増えています。

 

私はそもそも経済的格差は努力で逆転できる程度の差でしかないと思っている側ですが、そもそも「逆転できるできない」と騒いでいるそのモノサシそのものが金持ち側のルールなのも問題に感じます。

 

残念ながら、独裁国家以外の全ての国は金持ちがルールを作っています。

※独裁国家も結局富が集中しているので金持ちがルールを作っています

 

ルールを作っている側にそのルール内で勝負を挑むのは愚の骨頂です。

 

 

 

逆転とは?

 

まずそもそも、貧乏人たちが言う「逆転」とは何でしょうか。

 

実は本人たちも曖昧な気がします。

 

経済的に困窮しているためやりたいこともできず、生活費のために長時間辛い仕事をせざるを得ない状況から抜け出ることが「逆転」の一つだとは思うのですが、じゃあいくら収入があったら逆転したと言えるのかと聞かれて明確に答えられる人はほとんどいないでしょう。

 

「仕事をせずに自由に生きられる収入」を逆転とするのなら、日本ではほとんどが負け組になります。

 

有名企業の社長も意識高い系大学生が崇めるあの人も、「有名な人」はほぼ負け組です。

 

彼ら彼女らは働いています。

 

自分を貧乏人だと思っており「逆転したい」「逆転できない」と思っている人はまずどうなったら逆転なのかというルールを自分で決めてください。

 

世の中のお金持ちは、自分に都合のいい法律を作ってみたり、(貧乏人を含む)多くの人が欲しがるモノやサービスを作りだしたりして「お金がいくらあっても足りない世界」を作り上げています。

 

「自分はここまででいい」という線引きがなければ、いつまで経っても逆転はできません。

 

 

お金だけが逆転じゃない

 

「お金があれば幸せとは限らない」という言葉を負け惜しみで使うのではなく、本気で実践してみるのはどうでしょうか。

 

もちろん最低限のお金は必要です。

 

経済的に困窮している人は「その最低限を稼ぐのすら大変なんだ」と言うかもしれません。

 

ですが、実際には日本の(自称)貧乏人は不要なものに囲まれ過ぎています。

 

日本にはほとんど「絶対的貧困」に苦しんでいる人はいません。

 

日本の貧乏な方々は「相対的貧困」の状態です。

 

「だから苦しくない」という意味ではありませんが、周囲と比べることをやめるだけでラクになるのは事実です。

 

たとえばアイホーンは必要ありません。

 

おしゃれなマンションも必要ありません。

 

高級料理も必要ありませんし車も海外旅行も必要ありません。

 

全部を一度そぎ落とし、その上で自分が好きなことに一点集中させれば満足度は大きく減ることはありません。

 

人の目を気にせず、枠の外で生きてみてはいかがでしょうか。

 

 

法を犯せという意味ではない

 

当たり前ですが、(法律を含む)守らなければならないルールをはみ出せと言っているわけではありません。

 

それをいちいち口にしなければ理解できない人が増えているのは悲しい事ですよね。

 

守る必要がないのは「同調圧力」と「風潮」です。

 

もし自分の周囲がお金のかかる同調圧力と風潮を持っているのなら、身の丈に合っていないグループに所属しているのかもしれません。

 

転職・引っ越しなどを含め、環境を変えることも視野に入れることも考えてみてください。

 

 

最後に

 

貧乏人は「お金がないから逆転できない」と嘆きがちですが、お金で優劣をつけようとしている時点でお金持ちのルール・土俵で戦っていることになります。

 

際限なくお金を使わせたがる世界でいくらあれば満足かというゴールも持たずただただ「お金が足りない」と嘆いていても状況は改善されません。

 

金が欲しいのなら収入を増やすか支出を減らしましょう。

 

それができないのなら、お金で戦う勝負から降りましょう。

 

人と同じかそれ以上でなければならないという呪縛から逃れ、自分の好きなことだけ楽しむ生活をするとラクになれますよ。

 

 

 

-悩み

Copyright© ねこねこにゅーす , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.