海外

海外ノマド初心者がマックを買ってはいけない理由 迷っているのならWindowsがいいかも

更新日:

 

海外でスタイリッシュにオシャレなかっふぇーでまっくぶっくをひらいてドヤりたいと考えている海外ノマド初心者のあなた。

 

もしあなたが、そのマックブックでお金を稼ぐことに対して「初心者」なのであれば、それは悪手です。

 

あなたの周りの憧れの人はみんなマックブックプロなのかもしれませんが、あながやろうとしていることで実際に稼いでいる人はWindowsを使っているかもしれませんよ?

 

もしそうなら、あなたはWindowsを選ぶべきです。

 

 

 

WindowsとMac、どちらが優れているか

 

アップル信者さんはノータイムでMacと答えるのかもしれませんが、実際には「何をするか」によります。

 

たとえばデザイン系で「実際に印刷すること」までを想定した仕事を請け負うつもりなら、マックのほうがいいでしょう。

 

ただし、YouTube動画の編集などネットで完結する場合、特に繊細な色表現が重要ではない場合は「同じ値段帯ならば」Windowsのほうが優れています。

 

YouTubeでゲーム配信がしたい場合も確実にWindowsです。

 

トレンドブログ程度であればどちらでもいいですが、外見にこだわったり自作のプラグインを作りたいのならばWindowsです。

 

プログラミングも「初心者であれば」基本的にはWindowsのほうがいいです。

 

同人ゲームを作って稼ぎたいという方もWindowsです。

 

その理由は...

 

 

初心者がWindowsにすべき理由

 

それは、困った時にネット上にヒントが書かれていることが多いからです。

 

Macは単体のメーカーとしては世界的に高いシェア率ではありますが、OSで考えるとWindowsのほうが圧倒的です。

 

つまり、問題の解決方法がWindowsを想定して書かれているケースが多いんです。

 

こういう場合、Mac利用者は自力でWindows→Macへと操作方法などの変換をしなければならず、さらには状況によってはMac特有の問題を追加で解決することが求められたりします。

 

 

また、Windowsで作られたツールの多くはMacでは動きません。

 

Windowsのシェアが多いならWindowsのツールが多くなるのは当然ですよね。

 

その便利なツール群を自分で開発するか、なくても人力でカバーするというのならMacでいいでしょう。

 

※もちろんMacにしかないツールも存在します。自分がやろうとしているジャンルでのMacユーザーが多いのならMacを選択すべきです(前述の印刷を想定したデザインの仕事など)

 

 

ショートカットすら読み替えられないなら絶対にWindows

 

私のところに質問に来る人の中に、「altキーがないです」「右クリックはないっす」「バックスラッシュってどうやって打つんですか?"/"でいいですか?」というレベルの方がいます。

 

正直、そのレベルならばWindowsです。

 

その程度の基礎的な知識を持たず、教える側に丸投げして「わかりません」と言ってしまう段階であれば利用者が多いWindowsを選択すべきです。

 

 

Macのほうがいい初心者

 

もしあなたにすでに「全てを教えてくれる先生」がおり、その先生がMacを使っているのであればWindowsよりもMacのほうがいいです。

 

問題が発生したら全てその先生に聞きその先生が答えを教えてくれるのならば、その先生と全く同じツールを使うべきです。

 

※その先生がWindowsだったらもちろんあなたもWindowsです

 

 

また、Macを持つことへの強烈な憧れがある方もWindowsではなくMacにすべきでしょう。

 

Windowsパソコンがダサくてかっこ悪いと感じるのなら、きっとそのパソコンを開く回数が減ります。

 

当然カフェでも恥ずかしくて出せないでしょう。

 

となれば、行動量が劇的に減りますのでお金を稼ぐことが難しくなります。

 

海外ノマドは「ふだんは遊びまわっていて気が向いたときに数分ノートパソコンを広げたら稼げる」という世界ではありません。

 

特に初心者は法定最低時給を下回る労働量が必要です。

 

※練習や勉強の時間も含むと初月は時給10円以下になることすらあります

 

マックプロを持っていることでモチベーションが上がるのなら、多少のデメリットに目をつむってでもMacで強行するのはアリでしょう。

 

 

WindowsだろうとMacだろうと

 

なお、当然ですがWindowsパソコンであろうと何もしなくても稼げるわけではありません。

 

あくまでWindowsのほうがシェア率が高く、解決方法が入手しやすく個人開発のツールなどの選択肢も多いというだけであり、結局自分が行動しなくてはなりません。

 

スタイリッシュに晴耕雨読をしたい方は「自分のスキルや収益を生むシステムが構築できるまでは泥臭い努力が必要」ということを肝に銘じてください。

 

スキルもなく、積み重ねもない人には継続して1万円稼ぎ続けることすら困難でしょう。

 

私の下にも「私を雇ってください。月10万円でいいです」などと言って来る方がいます。

 

何も能力がなく、努力が苦手(≒成長する可能性が低い)と公言している人に月10万円で雇う価値があると思いますか?

 

「海外ノマドは優れた能力を持つ者ができる特別な働き方」などと言うつもりはありません。

 

「正しい方法で行動すれば自分一人の生活費程度なら賄える誰でもできる働き方」だと思っています。

 

言い換えれば、「正しい方法を学ぼうとしない」「継続して行動しない」という人には難しいです。

 

もしあなたが「努力するのが嫌だから海外ノマドになる」というのなら食い物にされるだけなので諦めましょう。

 

 

最後に

 

海外ノマドに憧れる若者は、マックブックプロを買いたがる傾向があります。

 

もし手取り足取り教えてくれる先生がおり、その人もマックブックプロを持っているのであれば問題ありません。

 

ただ、「海外ノマドってなんかクールですたいりっしゅ」とか思っているのであれば、Macで形だけ整えるのはやめた方がいいです。

 

先生を持たずに海外ノマドを始めるのなら、壁にぶつかった際に何度もネットで調べることになります。

 

パソコンのシェア率はWindowsが圧倒的です。

 

そのため、ネットに情報を書いている多くのプログラマもまたWindowsを使い、Windowsを所有していることを前提で解決方法を書いています。

 

シェア率が高いということは、ネット上に解決策が書かれている可能性が高いです。

 

また、シェア率が高いということはWindows上で動く「自分の海外ノマドとしての仕事を便利にするツール」の選択肢が多いということにもなります。

 

※シェア率が高い=人口が多いほうが売れる量が多いのは当たり前ですよね。だからWindows向けに作る企業や個人は多いです

 

もちろん、MacにもMacの強みがあります。

 

Windowsの強みも当記事で紹介したのは一例に過ぎません。

 

納得いかないのであれば、「どっちがいいか」を調べるのではなく、それぞれの強み・弱みを調べ上げてください。

 

「弱み」を我慢できて他方の「強み」を求めていない側を買いましょう。

 

このように「調べ上げて選択する」という行為がもし面倒で答えだけを知りたいというのであれば、それは海外ノマド(というよりフリーランスや自営業を含む個人で稼ぐあらゆる方法)は向いていません。

 

「複数の選択肢を調べメリットデメリットを比較し検討する」ができないのなら、あなたは食い物にされます。

 

自分で調べられるようになりましょう。

 

 

 

-海外

Copyright© ねこねこにゅーす , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.