日本の街中に韓国語表記はいらない?標識が増えている理由とは?知られざる真相が発覚!

   

 

東京や大阪、福岡などの大都市圏では

以前から英語と中国語、韓国語での

標識や電車の行先表示がありました。

 

最近では大都市圏ではない中規模から

小規模の街でも増えてきている気が

しますよね。

 

一方で政治的には日本と韓国の緊張状態が

続いています。

 

また、ネット上でも嫌韓感情を持っている

人は多く「なんでこんなに韓国語表記が

多いんだ!」と憤りを見せている人も

とても多く感じます。

 

ではなぜ韓国語表記がここまで多いのか。

 

調べてみたところ当たり前と言っても

いいような事実がわかりました。

 

一般的には知られていませんがデータ上では

明らかに必要なもののようですよ。

 

スポンサーリンク

 

 

一般的には知られていないかもしれない真相

 

訪日外国人の人数やそのうちの韓国人の

比率はご存知ですか?

 

「韓国人は日本人が嫌い」と言われており

実際にそういった行動を取る韓国人も多い

ため、日本に来る韓国人は少数だと思って

いる人もいるでしょう。

 

しかし実際のデータは違います。

 

2018年のデータは

総訪日外国人・・・約3200万人

訪日韓国人・・・約750万人

となっています。

 

引用:日本政府観光局・訪日外客数

 

 

つまり日本に来る外国人のうち20%以上が

韓国人なわけです。

 

ちなみに台湾人を含めた中国人は

約1300万人で40%近くに上ります。

 

つまり訪日外国人の60%は中国語または

韓国語話者ということになります。

 

 

韓国語表記はある意味で当たり前

スポンサーリンク

 

総訪日外国人のうち20%が韓国人です。

 

ちなみに、アメリカ・カナダ・イギリスの

英語圏の訪日外国人は合計で約210万人

程度であり、韓国人の1/3以下です。

 

なお、正確にはフィリピンやインドなども

英語が公用語ですが、それを計算にいれても

まだまだ韓国人のほうが圧倒的に多いです。

 

となれば外国人観光客の利便性をよくする

ために韓国語を併記するのは自然です。

 

ちなみに中国・韓国を含めたアジア人の

割合は8割を超えています。

 

観光客レベルであれば英語を満足に

喋れない人もいるため、外国人向けの

表記として英語だけでは不適切なことが

わかるかと思います。

 

 

意外に知られていない親日韓国人たち

 

日本から出たことのない人にとっては

信じられないかもしれませんが、韓国人の

中には親日派がいます。

 

特に海外旅行をすることのできる層の

韓国人は「日本を敵視する教育」の

呪縛から解き放たれている人も多いです。

 

日本にやってくる韓国人旅行客や留学生にも

親日派が多く、「韓国内で教わった日本は

間違いで本当は素敵な国だ」と信じて来日

しています。

 

 

もちろん、当初から「日本を金稼ぎの場」

と見ている人もいます。

 

要求すればなんでも通ると思っている人も

います。

 

私が言いたいのは「全員が嫌日派ではない」

ということです。

 

 

嫌韓派の気持ちもわかる

 

私は基本的に国籍での差別には否定的です。

 

ですが、「そういって甘やかした結果が

これだ」と主張する嫌韓派の方々の意見も

わかります。

 

文化の違いによって軋轢が生じるのも

仕方がない部分があります。

 

そしてそういった不具合を避けるために

韓国人を排斥することが自分の身を守る

最も簡単な方法であるのも事実です。

 

ですので嫌韓派の方々に親韓派になって

欲しいとは言いません。

 

 

最後に

スポンサーリンク

 

日本の街中に韓国語標識が溢れかえっている

というのは訪日韓国人の比率を考えたら

とても自然なことです。

 

政治的には緊張状態が続いており、

ネット上では嫌韓派と嫌日派がいがみ

合っていますが、実際には親日派の

韓国人も多いです。

 

国の政治活動と国民の個人的感情・行動は

別ものです。

 

日本が好きでやってくる観光客にまで

白い眼を向ける必要はないのではないで

しょうか。

 

 

もちろん、キノコ雲のTシャツを喜んで

着たりスポーツの祭典で猿の真似をして

客を煽ったりする人まで擁護する気は

ありません。

 

彼らは個別で問題視されるべきだと思います。

 

 

 

 - 海外