悩み

猫動画が不快... 増殖する動物系YouTuberを受け入れられない猫好きの主張

更新日:

 

私は猫が大好きです。

 

それはもう病的なレベルで、過去に大炎上した「〇〇より猫の命が重い」というセリフを彼が言うより前に使ったことがあるほどです。

 

※もちろん〇〇に使うお金を猫の保護に回せという意味ではありません。私は病気な猫好きですが、それは個人の見解であり人間社会のルールとして動物より人間を重視するのが当たり前であることは理解しています

 

そんな私ですが、実は最近異様に増殖している猫動画などの動物系YouTuberが嫌いです。

 

同じように考えている猫の下僕(猫好きな人の最上級表現)は多いようですよ。

 

 

 

前提

 

最初に勘違いしないように伝えておきたいことがあります。

 

当記事は「私が動物系YouTuberを苦手としている」というだけの感想文です。

 

決して「動物系YouTuberはいなくなるべき」「動物系YouTuberをジェノサイドすべし」と煽動するつもりはありません。

 

当ブログにそもそもそこまでの影響力がないのは重々承知ですが、最近「行間を読むスペシャリスト様」が増えてきているので予防線を貼っておきます。

 

 

猫動画が不快な理由

 

猫を見世物にしているからです。

 

たしかに猫は見ているだけで癒される生き物です。

 

だから猫がストレスなく生活している様子を遠くから撮影しているだけならば不快ではありません。

 

ですがYouTuberは再生数を稼ぐためにどんどん過激になっていきますよね。

 

「猫が嫌がっている姿」をかわいいと思う視聴者がいることもあり、過激な動画がすでに増えています。

 

猫は俳優や芸人ではありません。

 

動画のために芸を教え込んだり無茶なスケジュールでストレスを与えていることが見えている動画は本当の猫好きからすると虐待に見えます。

 

 

私にも猫動画のオファーがあった

 

実は私にも過去に猫動画を撮らないかというオファーがありました。

 

※動画編集ができる人からの定期的に動画を送って欲しいという依頼でした

 

私は前述の通り、猫を見世物にすることが嫌いであり、猫に無理やり何か面白ことをさせるのも嫌いです。

 

だから「定期的に」が無理です。

 

もちろん私は真の猫好きなので、身動きしないただの香箱座り状態を1時間見続けていても幸せを感じられます。

 

でもYouTubeで毎日それを上げ続けても再生数は増えないであろうことはわかります。

 

たまたま面白いしぐさが撮れたという状況でのみ動画を送るのならいいですが、そういう依頼ではなかったのでお断りしました。

 

 

猫の命は人間より濃い

 

猫の寿命は15年前後と言われています。

 

我々人間の1/5くらいでしょう。

 

つまり我々人間より命の濃度が濃いと言えます。

 

特に私を含めた「充実した人生を送っていない人」の命の薄さと比べたら猫の命は相当な濃さになるでしょう。

 

猫にストレスを与えてただでさえ短い寿命をさらに縮めるなど正気の沙汰とは思えません。

 

 

最後に

 

私は猫に無理やり芸をやらせて笑っているYouTuberが苦手です。

 

もちろんそれを楽しいと感じる視聴者がいるのはわかっていますので辞めろ・規制しろなどと言うつもりはありません。

 

ただ「猫がかわいそうだな」と思います。

 

人間なら多少過酷でもリターンがあるから頑張れるでしょう。

 

でも猫はどうでしょうか。

 

YouTuberに飼われた猫は幸せでしょうか。

 

莫大な収益を得たYouTuberは、猫にどれだけ恩返しをできているでしょうか。

 

今後、YouTubeの猫動画が飽和して再生数が稼げなくなった時、流行に便乗した猫系YouTuberたちはどうするのでしょうか。

 

 

一部の猫系YouTuberのように、見る側にも愛情を注いでいることが伝わってくる動画を投稿できるように頑張って欲しいです。

 

視聴率が稼げなくなって動画をアップしなくなっても構わないので、最期まで添い遂げて欲しいです。

 

一発逆転を狙って猫動画で炎上を狙う卑劣なことだけはしないでください。

 

 

 

-悩み
-

Copyright© ねこねこにゅーす , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.