悩み

日本に来た外国人観光客が英語使ってきてウザい!日本語喋れよ!という主張に反論します

投稿日:

 

グローバルスタンダードなどとかっこつけて横文字を繰り出すまでもなく、昭和の頃と比べると日本と海外の壁はなくなりました。

 

2020年からのアレで一時的に厳しい状況は続いていますが、アレさえなければ今も日本に外国人がたくさん来日し、そして日本人もたくさん海外に出掛けていたことでしょう。

 

 

ところで、日本に来る外国人のほとんどは英語で喋りかけてきますよね。

 

この現象に対し「あいつら日本語を喋る気がない。英語が世界共通語だと思っていやがる。俺たち日本人は相手に合わせるのにやつらは自己中だ」などと怒っている方が多い気がします。

 

私は「外国人が日本に来て英語でどうにかしようとすること」自体に違和感はないですし、むしろ当たり前だとすら思います。

 

「日本に来たら日本語喋れよ!」というのは一見妥当そうな主張ですが、仕事などで長期滞在する外国人以外には無茶な注文です。

 

そしてなにより、「お前らはどうなんだよ」と強く強く主張したいです。

 

自分たちができもしないことを他人に要求することに私は強烈な違和感があります。

 

 

 

外国人は英語で全てどうにかなると思っている

 

たしかに、外国人は日本に来ても日本語ではなく英語で喋りかけてきます。

 

英語でどうにかしようとする外国人がほとんどであることそのものは事実ですし、私もそこに異論はありません。

 

ただ、この現象に文句を言っている人は「外国人はみんな英語ネイティブである」と勘違いしているような気がします。

 

「やつらは母国語から曲げようとしない」という意味で怒っているのであれば、「それは違う可能性があるよ」と言わせてください。

 

 

外国人は全員が英語のネイティブスピーカーではない

 

多くの先進国では第二外国語として英語を勉強しており、日本人よりも上手に英語を話すことはできます。

 

ですが、英語のネイティブスピーカーではないです。

 

つまり日本に来る外国人の大半は「海外へ来たから母国語ではなくこの世で最も通じる可能性が高い英語で話している」んです。

 

別に母国語が通じると思って無茶を通しているわけではありません。

 

 

日本語は学ぶべき優先度は高くない

 

日本のアニメや漫画などが大好きで原語で触れたいという人や、日本で就職して一生食っていきたいと考えている人は別として、日本語は一般的には学ぶ際の優先度は低いです。

 

なぜなら「日本以外ではほぼ使えないから」です。

 

英語は第二言語として喋る人を含めれば圧倒的に通じる可能性の高い言語です。

 

スペイン語も南米を含めて多くの地域で通じる可能性があります。

 

中国語は世界各地にいる華僑や現地で働く中国人に通じます。

 

一方、日本語は第二言語として使いこなしている人はほとんどいませんし、海外で日本人だらけの職場はほとんどありません。

 

日本には観光でちょっと来るだけだという人に、ほぼ日本でしか通用しない世界トップクラスの難解な言語である日本語を使いこなせというのは酷な話ではないでしょうか。

 

 

もちろん、挨拶などの定型文くらいはカタコトでいいので使ってほしいという気持ちまで否定しません。

 

私もカタコトで日本語を話してくれたらうれしいですし、逆に私が外国にいる時は絶対に挨拶とお礼の言葉「ありがとう」は現地語を使うと決めています。

 

 

外国人に文句を言う人たちへ。あなたはどうなの?

 

「英語を使いやがって」「日本人は相手の国に合わせるのが普通だ」と怒っているあなたに問います。

 

あなたは、海外に旅行で訪れた際、レストランで注文する際に何語を話しますか?

 

英語ですよね?

 

ホテルのチェックインは何語でしますか?

 

英語ですよね?

 

英語が母国語であるアメリカやイギリスなら問題ありません。

 

ですが、タイなどの東南アジアでも英語でどうにかしようとしていませんか。

 

私はタイにもよく遊びに行っていましたが、日本人がレストランで「これは何?」と聞いているシーンですらタイ語を使っているのを見たことがありません。

 

私の住むジョージアでもです。

※ジョージア語が母国語です

 

私が大好きなウクライナでもです。

※ウクライナ語が母国語です

 

ちなみに過去に「それらの国は後進国であり、日本のような先進国は違う」というド直球な差別意識満載の反論を受けたことがあります。

 

では重ねて問いましょう。

 

フランスはどうでしょう?ドイツはオランダやスペインは?

 

これらの国でも日本人観光客のほとんどはカタコトの英語を頑張って話しています。

 

言うまでもなく、フランスはフランス語、オランダはオランダ語、スペインはスペイン語が母国語です

 

おかしくないですか?

 

「日本に来たら日本語を喋れよ」と主張している人は、海外に行ったらその国の母国語を喋るんですかね?

 

たった数日の海外旅行のために、現地語で自分の意思を伝えられるレベルまでお勉強されるということですかね?

 

日本人様は優秀っすね。

 

 

ちなみに、日本人観光客様は「中国語でニーハオとあいさつされた」という差別被害を主張なされることがあります。

 

世界全体で見た場合に最も通じる可能性があるのが英語である事実と同様に、外見がアジア人に見える人に最も通じる可能性が高いのは中国語です。

 

単純な人口比率で考えても中国語話者が多いですが、(昭和のバブルは別として)平成後期から令和にかけて海外に進出する中国人はとても多かったです。

 

日本人と中国人の区別ができない海外の人たちからすれば、話者の比率から考えてとりあえず中国語で挨拶してみたほうが通じる可能性が高いと考えるのは自然です。

 

なお、私は「この世に日本人差別など絶対にない」とは一言も言っていません。

 

「ニーハオォォンwwwゴォォホォォムチャッイーヌァァァンwww」と中指を立てながら言われたら、それは(アジア人に対する)差別でしょう。

 

「ジャァァァPPwwwアポーwww言ってみ?アポーペーンンンwww」とか言われたら日本人差別だと思ってよさそうです。

 

アジア人や日本人を下に見ている人は世界中どこにでも一定数いますし、2020年からのアレをアジア人のせいだと考えている人ももちろんいます。

 

そういう(頭のおかしい)人たちまで擁護してはいません。

 

私は「海外でニーハオと言われました」と報告してくる人たちがおかしいと言っているだけです。

 

そもそも多くの国では「日本人様はプライドが高いので中国人と間違えただけで激昂する」という情報自体知られていません。

 

というか私も日本人ですが、なぜ中国人と間違われただけでそんなに怒っているのかわかりません。

 

中国人を下に見ていないと「バカにされた」という発想そのものが湧かないような気がするのですが...

 

 

最後に

 

ちょっと(だいぶ?)煽りましたが、言いたいことは伝わったはずです。

 

我々日本人も海外に行ったら英語でなんとかしようとします。

 

特に「ただの旅行」の場合、数日しかいない国の母国語を学ぼうなどと言う人は極めて少ないです。

 

日本語はロシア語やアラビア語などとともに世界でもトップクラスに難しい言語とされています。

 

※一番難しいのはどれかという議論は不毛なので避けます

 

たった数日の旅行のために日本語を覚えて欲しいというのは酷な話ではないでしょうか。

 

 

 

-悩み
-

Copyright© ねこねこにゅーす , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.