VTuber

VRoidのアバターにmixamoのモーションを使う方法2 アップロードエラーの解決法 Sorry,unable to map your existing sleleton.

投稿日:

 

VRoidという絵心も3D心(?)もない人がかわいいアバターを作ることのできる無料アプリが登場したことで「初心者もVTuberになれる」という記事がネット上に溢れかえっています。

 

※当サイトでも煽りました

 

 

ただ、外見やモーション(アニメーション)が全てデフォルトのままではさすがに量産型すぎます。

 

とはいえアニメーションをイチから作るのは面倒です。

 

そこで既存のアクションをVRoidアバターに適用できるのが、こちらもまた無料のmixamoというadobeのサービスです。

 

しかし、ネットで紹介されている方法はバージョンが古いからなのか、まともに動きません。

 

思考錯誤した結果、一応の解決方法が見つかりましたので情報を共有します。

 

以下の通りにやればうまく行く可能性があります。

 

 

もちろん「私はうまく行った」というだけで、他のエラーが発生してうまく行かないケースもあります。

 

今回紹介する方法で失敗したとしても癇癪は起こさないでください。

※私は解決するまでに3回ほど癇癪を起してベッドの上を転げまわりましたが

 

今回の方法で上手くいかなかった場合、個別に連絡をいただけたら私が一緒に問題解決の道を探ることができます。

 

解決をお約束することはできませんが、相談相手がいない方はダメ元で相談に来てください。

 

※あなたのVRoidデータを送っていただいたり、画面共有しながら通話をする必要があるかもしれませんが

 

 

 

アップロードでエラーになる原因を予想

 

mixamoにVroidのアバターのFBXファイルを読み込ませようとすると

Sorry,unable to map your existing sleleton.

というエラーが発生することがあります。

 

mixamo上では「なぜこのエラーが発生したか」「どうすれば解決できるか」が書かれておらず、ネット上でもピンポイントの情報が見当たりません。

 

おそらく、必要な情報以外のデータが含まれていることで問題が起きているものと思われます。

 

 

エラー解決方法

 

FBXファイルの書き出しをやり直してみましょう。

 

 

シェイプキーの削除

 

まず、オブジェクトデータプロパティのシェイプキーを全て削除します。

 

 

右側の一番上のメニューから、Body・Face・Hairなどのメッシュを一つずつ処理していきましょう。

※メッシュはBodyだけのケースもあるようです。オレンジ色の逆三角形がメッシュです

 

※メッシュが表示されていない場合、Amatureの左側にある「右向きの三角形」をクリックすると表示されます

 

右側のメニューの下の方にある緑色の逆三角形「オブジェクトデータプロパティ」を選択し、シェイプキーの一覧から削除したいもの(最終的に全て削除してください)を選び、「-」ボタンを押します。

 

※上記画像の赤枠部分を参照してください

 

一番上を選択して「-」を乱打すれば順番に消えていきます。

 

 

アーマチュアを外す

 

次にスパナマーク「モディファイアープロパティ」を選択し、アイコンが並んでいるところの下向きの「>」をクリックします。

 

 

表示されるメニューの一番上にある「適用」をクリックして、メッシュとアーマチュアの関連付けを削除します。

 

 

※この作業もBody・Face・Hairなど必要なメッシュ全てに行ってください

 

 

エクスポート時に油断しないで

 

必要なメッシュを全て選択した状態で、FBX形式でエクスポートしていきます。

 

「ファイル」→「エクスポート」→「FBX(.fbx)」をクリックしてください。

 

 

「内容」→「Limit to」の「選択したオブジェクト」にチェックします。

 

 

「昭和・平成時代のイニシエのウィザード」たちの忠告に従い、保存する名前に日本語や記号などを使わずアルファベットで保存しておきましょう。

 

※昭和・平成時代のイニシエのウィザード・・・昔のプログラマの意味

 

これで「使えるFBXファイル」が生成されたはずです。

 

 

いざ、アップロード

 

mixamoへと移動し、「UPLOAD CHARACTER」を押して、今作ったFBXファイルをアップロードしてください。

 

ちなみに、アクション(アニメーション)ごとにアップロードする必要はありません。

 

一度アップロードすると、新しく別のFBXファイルをアップロードしない限り全てのアクションで適用されます。

 

 

白黒なんだけど?

 

Blender上でもmixamo上でも、アバターが白黒(グレー)になっていると思います。

 

VRoidで決めたかわいらしい肌色・服の色が失われているようで不安ですよね。

 

大丈夫です。

 

気にしないでください。

 

今回はモーションの適用だけの作業です。

 

最終的に3teneでこの動きを適用する際にはVRoidの外見が適用されますので安心してください。

 

 

最後に

 

ということで、Blender上でVRoidのアバターからmixamoで使えるFBXファイルをエクスポートする方法を紹介しました。

 

アルファベットと横文字だらけで意識高い系のような文章ですね(笑)

 

海外の方が進んでいるジャンルは日本語にするのが難しいですが、頑張って横文字を減らすと以下のようになります。

 

「3Dアプリ上で」「自分が作ったかわいいキャラクターを」「動かすためのファイルを作る方法」を紹介しました。

 

 

mixamoでうまくいかないのは、今回紹介した手順を省いていきなりFBXを書き出してしまうのが問題だと思います。

 

私のようなBlender初心者は、「何を選択した状態でエクスポートしたのか」「何を関連付けた状態のデータなのか」などを意識できていません。

 

その結果、余計なデータを含んだファイルが出来上がっているのだと考えられます。

 

※私自身も初心者なのでこの想像は的外れな可能性があります

 

とりあえず

・メッシュからシェイプキーを削除する

・モディファイアーからアーマチュアを外す

・メッシュを選択した状態でエクスポートする

・エクスポート時にLimit toで「選択したオブジェクト」にチェックをする

この4点が必要です。

 

アップロードに失敗するという方はコメント欄または直接メールでご連絡ください。

 

なお、私はBlender・VRoid・mixamoの全てのサービスの「公式の人」ではなく、ただ趣味で弄っているだけの人です。

 

ですので「操作方法がわかりにくい」などのクレームや「こういうものが欲しい」などの要望は受け付けられません。

 

また、エスパーではないので「動かなかったんだけど?」の一言では解決策を提示できません。

 

あなた側がへりくだる必要は微塵もありませんが、相手も人だということを理解した上でメッセージを送っていただけますようお願いいたします。

 

また、メールアドレスは必ず受け取れるものをご記載ください。

※返信が不要なご意見・ご感想の場合は記載いただかなくても大丈夫です

 

 

-VTuber

Copyright© ねこねこにゅーす , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.