悪魔の弁護人・御子柴礼司

悪魔の弁護人 稲見教官の息子役の俳優は誰?今回の事件との関係をネタバレ!

投稿日:

 

フジテレビドラマ「悪魔の弁護人」の第3話・第4話・第5話では御子柴礼司の医療少年院時代の教官である稲見武雄の息子が(回想で)登場しましたね。

 

すでに亡くなっているのですが、どうやら今回の事件に関係するようです。

 

息子役を演じた俳優と今回の事件との関係をネタバレしますのでご覧ください。

 

キャスト情報のみ知りたい方は前半部分でお引き返しください。

 

 

 

稲見の息子・石動武士役の俳優は誰?

 

岩田玲です。

 

玲と書いて「りょう」と読みます。

 

 

漫画原作の実写ドラマ「ヤンキー君とメガネちゃん」や「5→9~私に恋したお坊さん~」などに出演経験があるようです。

 

 

プロフィール

 

名前:岩田玲(いわたりょう)

 

生年月日:1989年9月2日(30歳)

 

出身地:東京都

 

身長:167cm

 

事務所:アミューズ

 

 

稲見教官の息子・石動武士とは?

 

ここからは原作小説を基に記述しています。

 

ネタバレが含まれますのでお気を付けください。

 

 

名字が違う理由

 

稲見武雄の息子は石動武士と言います。

 

母親(稲見の元妻)は石動恭子です。

 

つまり離婚して母(妻)と共に出て行ったことになりますね。

 

離婚の次期は御子柴礼二が医療少年院に入院する直前です。

 

原作では「稲見が仕事ばかりにかまけて家庭を顧みなかったこと」とされています。

 

直接の原因は、中学生だった息子が万引きの疑いで捕まった際に仕事を優先して帰ってこなかったことです。

 

このとき、稲見は「万引きくらいするだろう」と息子の無実だという主張を信じませんでした。

 

しかし実際には息子の悪友が悪戯で商品をカバンに入れたことが発覚しています。

 

このことで息子は自分を護ってくれなかったと考え、父親への信頼をなくしました。

 

稲見はそのことを後悔しており、医療少年院に入院してきた少年たちを息子代わりに大切にしていたのです。

 

 

武士の事故と今回の事件の関連性

 

原作では駅のホームでの転落事故ですが、ドラマ版では交差点での事故に変更になっていました。

 

このとき武士が助けた老人の名前は後藤清次です。

 

悪魔の弁護人 老人ホーム入所者 後藤清次を演じた俳優は誰?怯えていた理由をネタバレ

 

 

稲見は息子が助けた老人のことを調べ、近づいたのです。

 

実際に老人ホームに入ってみたところ、そこでは虐待が常態化していました。

 

特に後藤清次は認知症を患っていたため虐待がひどかったようです。

 

稲見は車いす生活ではありましたがボケてはいなかったため、これまでも何度も後藤清次を助けていました。

 

 

最後に

 

フジテレビドラマ「悪魔の弁護人」の第3話・第4話に登場した稲見武雄の息子・石動武士を演じた俳優は岩田玲です。

 

石動武士は12年前に老人を助けた際に事故で亡くなっています。

 

その老人は稲見が入所していた老人ホームにいた後藤清次です。

 

今回の事件はその後藤清次が虐待を受けていたのを稲見が助けようとして発生しました。

 

 

悪魔の弁護人は1話では完結しないので前回を見逃した方はイマイチ内容がわからないですよね。

 

Tverなら今週の分が無料で観れます。

 

それより前の放送を無料で見る方法はこちらの記事を参考にしてください。

悪魔の弁護人・御子柴礼司 スマホで見逃し配信を無料視聴!1話から最新話まで観る!

 

 

 

-悪魔の弁護人・御子柴礼司
-

Copyright© ねこねこにゅーす , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.