悩み

時間とお金はどっちが大切?若くて貧乏なときに命の安売りをするような選択はやめよう

投稿日:

 

時間とお金、どちらが大切かわかりますか?

 

どちらも大切なものです。

 

ですが間違った方を重視していると大変なことになります。

 

スポンサーリンク

 

 

若くて貧乏な頃に大切なのはお金?

 

若くて貧乏な頃は時間が有り余っているけどお金がない状態が多いですよね。

 

そのため、お金を大切に感じすぎてしまい、時間がかかってでもお金を節約しようと思ってしまいます。

 

ですが、それは間違った選択です。

 

 

若い頃の時間は年老いてからの時間より価値が高い

スポンサーリンク

 

「若い時間」というのは非常に価値が高いです。

 

スポーツをするのであれば健康で体力のある若いうちのほうが有利なのは言うまでもありませんが、たとえば語学などの脳を使うことであっても若い頃のほうが柔軟に習得できます。

 

また、若いうちに「お金に代えられる技術」を習得すれば、将来より高い単価で働くことが可能になります。

 

つまり、若い頃には多少お金に苦しんででも時間を大切にすべきです。

 

 

お金より時間を大切にするってどういうこと?

 

時間が大切なことはわかってもらえたと思います。

 

でも、お金より時間を大切にするという意味がわかりにくいかもしれませんね。

 

これは「遊んでないで資格を取れ」ということだけではありません。

 

個人的には遊びなどのリラックスをする時間は必要なものだと思っているのでカットするべきではないと考えています。

 

ただ、たとえば10円安いものを買うために1時間かけて調べたり移動したりといった行動は無駄だと思います。

 

 

また、何かを新しく習う際にもお金がないとつい「無料でどうにかならないか」と考えがちです。

 

たしかに今の時代、ネットで無料の情報がたくさん転がっているので、一見無料で始められそうな気がします。

 

ですが、早く習得したいのであれば「正しい」指導者に教わるほうが圧倒的に早いです。

 

というのも、初心者は無料の情報の取捨選択ができないからです。

 

ネットの世界では古い情報がそのまま残っていたり、勘違いした情報など間違った内容も多いです。

 

中には「結果を出していないのに情報を載せている」なんてことだってあります。

 

 

私の例

 

私は現在ロシア語の勉強をしているのですが、ロシア語に関してはネイティブの先生のもとで教わっています。

 

もし私が時間よりお金を重視していたら、「多少時間がかかっても独学で勉強しよう」と考えていたかもしれません。

 

ネットには日本語で書かれたロシア語講座がありますし、書店にいけばロシア語のテキストもあります。

 

ですがネイティブの先生に発音を矯正してもらい、リアルな言い回しを教わるほうが絶対に習熟度は早いです。

 

お金を使って行動をショートカットするというのが「お金より時間を大切にする」ということです。

 

 

そんなこと別にわかってるけど?

スポンサーリンク

 

当たり前のことなので、「別に言われなくてもわかってるよ」という声が聞こえてきそうですね。

 

でもそうでしょうか。

 

時給1000円程度でバイトしてませんか?

 

日々の生活費で消える程度の給料で仕事をしていませんか?

 

それ、時間をお金に替えているだけですよね。

 

そのバイトや仕事が将来の役に立つのであれば「学びながらお金がもらえている」ということになるので最高の環境です。

 

ですが将来やりたいこととは違ったりこのまま昇給もままならない状況なのであれば、考え直す必要があります。

 

 

でもない袖は振れない!

 

わかります。

 

本当にそうですよね。

 

今の日本で、辛うじて毎月の生活費を稼いでいる自転車操業状態の方は多いです。

 

ですが、だからこそ無理をするべきです。

 

ある日系アメリカ人の投資家は、この自転車操業状態のことを「ラットレース」と呼んでいました。

 

ねずみやハムスターが同じ場所でぐるぐる走っているように、生活費のために働く状態から抜け出せずにいるということです。

 

残酷な表現ですが、意図は伝わってきますね。

 

 

なんとしてでも抜け出しましょう。

 

毎日残業をして時間が作れていない場合、残業のない会社に転職しましょう。

 

もちろん給料は減るでしょう。

 

ですが目先のお金より時間を大切にしてください。

 

 

残業した上で生活費ギリギリという人は仕事だけでなく生活スタイルも変える必要があります。

 

不必要に高い家に住んでいませんか?

 

おっしゃれーなカッフェーでインスタ映えするタッピオッカーなど飲んでいませんか?

 

全てを捨ててぼろきれを身にまとえとは言いません。

 

将来に向けた技術を習得するための時間とお金を確保した上で、息抜きとしてタピオカを飲むのはありだと思います。

 

 

バイト、派遣社員などなら…

 

※これはあくまで私個人の意見なので、絶対にすべきだと強制するものではありません

 

私だったら外こもりをします。

 

正社員だったら辞めて数か月・数年後に再就職するのは難しいです。

 

ですがバイトや派遣社員であれば空白期間があってもすぐに同程度の職場にありつけます。

 

むしろバイトや派遣社員であれば、ちょっとした資格や技術があれば簡単に収入は上がります。

 

タイなどの東南アジアならばそこそこいい部屋を借りても1か月の生活費は10万円以下です。

 

私が拠点としているウクライナはビザなしで3か月、ジョージアであればビザなしで365日滞在できます。

 

この2か国もホテル生活やAirB&Bでアパートを借りて10万円以下で生活が可能です。

 

日本のアパートを引き払い、住民票を抜くことで翌年以降は国民健康保険の支払いが不要になります。

※海外旅行保険は必要です

 

さらに申請をすれば年金の支払いも免除になります。

 

当然ながらNHKの受信料も払う必要はありません。

 

物価の安い国で資格を取ったり習い事をしたりして技術を習得すれば、時給1000円以下のような命を安売りする生き方から脱することができます。

 

 

最後に

スポンサーリンク

 

お金がないうちは時間を使ってでも節約したくなりますよね。

 

短期的にはそれもいいかもしれませんが、長い目で見ると大きな損です。

 

若いうちに無理をしてでも時間を作り出し、将来の自分へ投資をしましょう。

 

お金になる資格や技術を手に入れましょう。

 

特にバイトや派遣社員などでギリギリの生活をしている人は、一度今の生活を辞めて外こもりしたり実家に引きこもったりして技術を習得すべきです。

 

少なくとも、ある程度のプログラミング技術があれば派遣社員として採用されたとしても時給3000円クラスで働くことが可能です。

 

他の技術や資格でも同様のケースは多いです。

 

命を安売りする生活は辞めましょう。

 

 

 

-悩み

Copyright© ねこねこにゅーす , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.