悩み

営業という最強のスキル 個人・ネットで稼ぎたいなら絶対に学ぶべき!チャラいとバカにしてはいけない理由

投稿日:

 

会社員のように企業に属するのではなく個人で稼いで生活したいのであれば、営業のスキルは必須です。

 

陶芸家のような伝統工芸的ジャンルであっても、ミュージシャンやイラストレーターのような芸術系分野であっても同じです。

 

最近流行りのネットコンサルであっても営業力は必須です。

 

ですが、多くの人は「営業?あんなチャラい人ならだれでもできる仕事なんてwww」とバカにしますよね。

 

「そんなチャラいことしなくても、素晴らしいものなら売れる」と思っていませんか?

 

その考え、間違っています。

 

 

 

素晴らしければ売れるという幻想

 

営業というのは知ってもらう技術です。

 

技術に自信がある人から駆け出しの素人まで、多くの人が「作品が素晴らしければ売れる」と勘違いしていますが、それは大きな間違いです。

 

知らなければ存在しないのと一緒」です。

 

作品が素晴らしければSNSなどのクチコミで流行ることは十分可能性はあります。

 

ですが、そのためには「本当に目利きのできる」インフルエンサーに知ってもらう必要があります。

 

知ってもらうために、営業力が必要です。

 

なお、私の言っている営業のスキルというのは知ってもらいたい人を接待することではありません。

 

接待=営業と勘違いしてしまうと、ただチャラいだけの人に成り下がってしまいます。

 

もちろん、一人のインフルエンサーを狙いうちするのであれば焼肉を奢ったりする場面もあるかもしれません。

 

接待は営業の中の一部であり、イコールではないということに注意が必要です。

 

 

ネット上の営業

 

ネット経由で販売したい場合は、「インフルエンサーに知ってもらう」「多くの人の目に留まるようにする」の2パターンがあります。

 

もしあなたがコミュニケーション能力にあまり自信がないというのであれば、後者の多くの人の目に留まるようにするのが(どちらかといえば)簡単です。

 

この点でも、やみくもに広告を表示させるよりも「どんな人がターゲットで、どこで表示すれば効果があるか」という営業の分析力が役立ちます。

 

 

ネットの世界では知名度がお金になる

 

ネットで何かを販売する(ネットコンサルのような自分自身の売り込みを含む)場合、知名度が高いほど有利になります。

 

人は知っているモノ・ヒトのほうが信用しやすいという研究結果もあります。

 

この「多くの人に知ってもらう」というのがネット上での営業です。

 

これを怠ると、「何かすごいことを言っているけど胡散臭い話」になってしまうのです。

 

特にネットでは商品を手に取ることができないため、その商品が本当に素晴らしいものなのかどうか、自分にとって利益になるものなのかどうかがわかりません。

 

そのために、「多くの人が知っているモノ」という尺度が有効なのです。

 

 

裏技...というか人として問題のあるネット営業

 

これを悪用したのが「Twitterアフィリエイト」です。

 

あなたも「100万円を〇人に配ります」というツイートを見かけたことがあるでしょう。

 

本当に配っている人は少なく、実際にはRTとフォローをしてもらうことでフォロワーを増やし、その後広告用のアカウントに変化させています。

 

ちなみにこの変化の際にアカウント名を変更するため、多くの人が「100万円配ると嘘をついた人」と認識できなくなっています。

 

 

正攻法のネット営業とは

 

上述の人として問題のある方法ではなく真っ当な方法でネット営業をするのであれば、ブログがおすすめです。

 

今はとても安くブログを作ることができます。

 

SEO対策をしっかり考え、自分が売ろうとしている製品に関連するキーワードで検索上位に来るようなサイトを作れば、そのサイトが営業マンの代わりをしてくれます。

 

特に製品購入に関連するキーワードで上位表示ができれば、検索からやってくる人は購入意欲の高い人ばかりになります。

 

成約率も高くなるため、とても優秀な営業サイトになるでしょう。

 

 

ネット営業はモノを売るためだけのものではない

 

ここまで「ネットでモノを売る」というイメージで話をしてきました。

 

ですがモノを売るだけではなく、自分自身を売り込むためにも使えます。

 

たとえばミュージシャンやイラストレーターなどが自分の能力を営業し、多くの人に知ってもらえば曲を聴きたい・絵が欲しいという人も増えるでしょうし、企業からのオファーだってあるかもしれません。

 

どんなジャンルであっても、お金を払う人を集めなければ稼げません。

 

そのお金を払う人は、営業スキルによって集めた人の中にいます。

 

人を集めれば集める程、お金を払いたいと思う人も増えます。

 

 

最後に

 

個人で仕事をする際、営業力というのは必須のスキルです。

 

自分がどんなにすばらしい商品・能力を持っていても、それを多くの人に知ってもらえなければ存在しないのと一緒です。

 

「本当にいいモノならSNSのクチコミで拡散される」と考えている人は、「宝くじが当たったら大金が手に入る」と言っているのと変わりません。

 

「営業」というと接待三昧のチャラいイメージがあるかもしれませんが、営業の本質は接待ではなく「知ってもらうこと」です。

 

最近、ネットでお金を稼ぎたいという人が増えてきました。

 

もし個人で活動するのであれば、営業スキルを身に着けて多くの人に知ってもらうという努力は欠かさないようにしましょう。

 

 

 

-悩み

Copyright© ねこねこにゅーす , 2023 All Rights Reserved Powered by STINGER.