ウクライナ ケバブ(シャウルマ)が安い!貧乏旅行の食事問題もこれで解決!

   

 

ウクライナはとても物価が安く、外こもり

にも最適です。

 

外こもりや貧乏バックパッカーが直面する

食費問題ですが、ウクライナではケバブが

とんでもない安さで食べられます。

 

肉、野菜が適度に混ざった栄養的にも

満足できるケバブを紹介しますので

ご覧ください。

 

スポンサーリンク

 

安い!うまい!栄養がある!

 

日本でも秋葉原の名物になりつつある

ケバブ。

 

トルコ発祥のロールサンドです。

 

食べたことがある方はわかると思い

ますが、肉と野菜が適度に入っており

栄養が偏りがちな貧乏旅行で手軽に

野菜がとれるのがありがたいです。

 

日本では500円近くするケバブですが

ウクライナではとんでもない安さです。

 

食事に困ったらぜひ試してみてください。

 

 

ケバブ・・・じゃない!?名前は何?

スポンサーリンク

 

実は、ロシア語圏ではケバブという名前

ではありません。

 

シャウルマという名前で売られています。

 

語源はケバブと同じで、発祥もトルコ

らしいですよ。

 

トルコ発祥でアラブ諸国で発展した料理

とされているようです。

 

 

サイズ

 

ほとんどの屋台では小・中・大(・特大)

というサイズで販売されています。

 

小腹が空いたときは小、食事代わりに

食べるなら中がいいでしょう。

 

小はミニ、中はスタンダードで通じます。

 

というか、メニュー表のロシア語もそう

なっています。

 

 

値段

 

2018年初冬に調査(という名の食べ歩き)

をしたところ、

小(ミニ)・・・32UAH(128円)

中(スタンダード)・・・40UAH(160円)

大(ビッグ)・・・50UAH(200円)

という料金になっていました。

 

 

どこで買える?

スポンサーリンク

 

ほとんどのケバブ(シャウルマ)屋さんは

屋台という形式で販売しています。

 

国際列車の停車駅であるヴォグザリーナの

北側には6軒ほどが集中して並んでいます。

 

他にも地下鉄駅のまわりに点在しており

メジャーなファストフードであることが

うかがえます。

 

 

オススメトッピング

 

基本はどこの屋台も同じですがトッピングが

選べることがあります。

 

おすすめはドライガーリックです。

 

焼いたニンニクのチップをまぶすと

とても美味です。

 

それほどにんにくの臭いも気にならないので

ぜひ試してみてください。

 

 

他には、通常のケチャップではなくチリ

ケチャップを使う屋台もあります。

 

スパイシー?

と聞けば理解してくれます。

 

 

最後に

スポンサーリンク

 

ウクライナの人気ファストフード、

シャウルマ(ケバブ)を紹介しました。

 

1本あたり100円ちょっとでおなかいっぱいに

なるシャウルマは野菜も肉も食べられて

最高です。

 

安いだけでなくオイシイのでウクライナに

観光に来たらぜひ1度は食べていただきたい

です。

 

 

ウクライナで長期滞在や外こもりを

するなら1日1食シャウルマでもいい

くらいかもしれませんよ!

 

 

 

アプリ作りました

 - ウクライナ ,