ボイス (日本ドラマ) コソ泥(情報屋)役の俳優は誰?樋口刑事を裏切る!?

   

 

日テレ「ボイス 110緊急指令室」の第3話で

樋口彰吾が裏道の情報を聞いた元コソ泥の

情報屋を演じた俳優は誰でしょうか。

 

原作の韓国ドラマでは今後もたびたび

登場する役です。

 

日テレ版は原作に忠実なのでおそらく

今後も登場するでしょう。

 

当記事は原作ドラマを基にしたネタバレが

含まれています。

 

お気を付けください。

 

スポンサーリンク

 

 

元コソ泥の情報屋を演じた俳優は誰?

 

お笑いコンビしずるの池田一真です。

 

このドラマはすでにお笑い枠は使って

いるのに同じ事務所から二人目が登場

しています。

 

この事務所は現在大きな騒動の渦中に

ありますが撮影は騒動発生より前でしょうし

色眼鏡で見るのはやめましょう。

 

 

プロフィール

 

名前:池田一真(いけだかずま)

 

生年月日:1984年1月17日(35歳)

 

出身地:埼玉県入間市

 

身長:172cm

 

血液型:A型

 

事務所:吉本興業

 

 

元コソ泥の情報屋

スポンサーリンク

 

コソ泥として警察に追われる立場

でしたが現在は足を洗っており

個人タクシーの運転手をしています。

 

名前は野沢でタクシー名もNOZAWA TAXI

です。

 

いくつかの罪を見逃してもらっており

その代わりに情報屋として使って

いるようです。

 

日本ではこの手の司法取引じみた

行為は違法ですが韓国では事情が

違うのかもしれませんね。

 

 

原作では

 

ここからは原作の韓国ドラマを基に

したネタバレが含まれます。

 

お気をつけください。

 

 

 

原作では樋口刑事(に相当する人物)を

裏切り、3年前の事件の真犯人の関係者に

売ってしまいます。

 

なおその際に情報屋自身も捕まり殺され

そうになっています。

 

なんだかんだで樋口刑事は自力で切り抜け

この情報屋のことも助けています。

 

情報屋は心を入れ替え、最終話付近では

再度樋口を手助けするようになります。

 

 

最後に

スポンサーリンク

 

日テレ「ボイス 110緊急指令室」で

樋口に抜け道を教えたタクシー運転手の

野沢を演じたのはお笑いコンビ・しずるの

池田一真です。

 

原作の韓国ドラマではこの後のエピソードで

犯人グループに樋口を売ってしまいます。

 

脅されており樋口を売ったことで助けて

もらおうとしましたが結局樋口と一緒に

殺されかけてしまいます。

 

 

 

 - ボイス 110緊急指令室