下町ロケット ケーマシナリー知財部長 神田川敦役の俳優は誰?特許訴訟のネタバレあり

   

 

2018年版下町ロケットでギアゴーストを

特許侵害で訴えたケーマシナリー。

 

その窓口として登場する知財部長の

神田川敦役の俳優は誰でしょうか。

 

どんな人物でどこまでこの特許侵害訴訟の

悪事に加担しているのでしょうか。

 

ネタバレを含めて解説していきますので

ご覧ください。

 

スポンサーリンク

 

ケーマシナリー・神田川敦役の俳優は誰?

 

演じているのは内場勝則です。

 

俳優としても活動していますが本業は

吉本新喜劇の座長です。

 

あのダウンタウンと同期だそうですよ。

 

 

プロフィール

 

名前:内場勝則(うちばかつのり)

 

生年月日:1960年8月22日(58歳)

 

出身地:大阪府大阪市西成区

 

血液型:B型

 

身長:161cm

 

事務所:よしもとクリエイティブ・エージェンシー

 

 

神田川敦とは

 

ケーマシナリーの知財部長です。

 

ケーマシナリーは大きな企業ですが自社

よりも体力のない中小企業に訴訟をおこし

特許侵害などの和解金で稼ぐ知財戦略を

得意としています。

 

その知財戦略を得意とするケーマシナリーの

知財部長が神田川敦です。

 

 

神田川敦と中川弁護士

 

ここからはストーリーのネタバレが含まれて

います。

 

ご注意ください。

 

 

スポンサーリンク

 

 

神田川敦と悪徳弁護士・中川京一は

グルです。

 

もともとケーマシナリーは知財戦略を得意と

した企業であり、この手のグレーな行為に

躊躇なく手を染めるタイプの会社です。

 

そこに中川京一がギアゴーストの技術情報を

流し特許を先行させて後に訴訟を起こす

という戦略です。

 

基本的には中川京一主導でこの悪事が

立案されていますが、神田川敦はそれを

ある程度把握した上でグルになって

ギアゴーストを訴えています。

 

 

訴訟の結末と神田川敦のその後

 

ギアゴーストに対する特許侵害訴訟は

ギアゴースト側に神谷修一が参加した

ことで事態が急変しギアゴースト側の

勝利となっています。

 

下町ロケット ギアゴースト裁判の結果は?訴訟の結末をネタバレ!裏事情とその後がひどい!

 

この結果、ケーマシナリー側の中川京一と

ギアゴースト側の末永孝明の両弁護士は

逮捕されています。

 

ただし、神田川敦に関しては原作では特に

記述がなく、法的に問われたり左遷させられ

たりしたのかは不明です。

 

 

最後に

スポンサーリンク

 

2018年版下町ロケットでギアゴーストを

特許侵害で訴えたケーマシナリーの

顔として登場する知財部長の神田川敦は

内場勝則です。

 

最初から中川京一の悪事を知っていながら

横流ししてもらったギアゴーストの技術を

つかって特許を取得しています。

 

原作小説ではこの悪事への参加に関して

責任を問われている描写はありませんが

お咎めなしというわけにはいかない

はずですよね。

 

ドラマ版ではそのあたりも描かれている

かもしれません。

 

楽しみですね。

 

 

 

アプリ作りました

 - 下町ロケット , ,