キワドい2人

キワドい2人 22年前の事件が意味不明でわからない なぜ黒木(田中圭)と神崎(山田涼介)はその場にいたのか...?

投稿日:

 

TBSドラマ「キワドい2人」の22年前の事件の詳細が明かされました。

 

が、意味が分かりませんでしたね。

 

大筋の流れは理解できるのですが、子どもたちがそこにいたのはなぜなのでしょうか。

 

 

 

22年前の事件概要

 

22年前の事件は、神崎父(当時警察官)が情報屋として利用していた反社会組織の構成員・井原達也とファミレスで会った際に発生したものです。

 

ファミレスで事件が発生するより前に、井原達也が警察のイヌであることがバレたことで、井原の内縁の妻・松原ひかりが組織から乱暴を受けました。

 

そのことに怒った井原が組織に報復をしたことで事件となり井原達也は指名手配され逃亡生活をします。

 

神崎父はファミレスで井原に自首するよう説得することにしました。

 

説得には井原達也・神崎父ともになぜかお互いの息子を連れてきています。

 

この説得は神崎父による独断であり、警察には秘密にしていました。

 

しかし警察側は神崎父の行動を把握しており、現場に張り込んでいました。

 

そのことに気付いた井原達也が激昂し、自分の息子である神崎隆一を人質にとり天井に向けて発砲します。

 

さらに現場にいた刑事の植田太一・安藤清隆・澤登哲也が同時に発砲、その1つが胸を貫き井原は亡くなっています。

 

 

その後

 

井原達也の内縁の妻・松原ひかりは神崎父に手紙を残し命を絶ってしまいます。

 

一人残された神崎隆一は神崎父が養子に迎えますが、そのことを不服とした本来の神崎父の妻は離婚、息子である黒木賢司を連れて家を出て行きました。

 

 

いろいろ意味が分からない

 

第5話時点で明かされている事件の概要は上記の通りです。

 

おかしなことが多いですよね。

 

 

子連れ

 

最大の謎はやはり「なぜお互い息子を連れてきたのか」です。

 

話す内容は「井原の自首」です。

 

子どもに聞かせるような内容ではありません。

 

そのために黒木少年に「音楽でも聴いてろ」と指示を出したのでしょうが、そもそもなぜ連れてきたのかについてが明かされていません。

 

 

早すぎる発砲

 

日本では警察はよほどのことがない限り犯人に発砲することはありません。

 

「ドラマだから」で終わる話なのか、それとも「井原達也の口を塞ぐ必要があった」のか判断に迷いますね。

 

 

ドジっ子ウェイトレス

 

そもそも井原達也が警察の潜伏に気付いたのは、ファミレスのウェイトレスがこそこそしている刑事に気付かずに驚いて食器を落としたからです。

 

刑事はファミレスに話を通していなかったのでしょうか。

 

 

一般客

 

現場のファミレスには、なぜか一般客がいました。

 

警察は「神崎父の行動を把握していたためにファミレスに張り込んだ」はずです。

 

相手も拳銃を所持している状態にもかかわらず一般客を避難させていませんでした。

 

事前にそのファミレスが使われると把握していたのなら刑事が一般客になりすますなどできたような気がしますよね。

 

 

最後に

 

TBSドラマ「キワドい2人」の22年前の事件が明かされましたが、ツッコミどころ満載のわけのわからない内容です。

 

最終回で真実が明らかになるのでしょうか。

 

それとも「ドラマだから」で流すべきなのでしょうか。

 

少なくとも、黒木少年が音楽を聴きながら隣に座らされた理由くらいは明らかになってほしいですね。

 

 

 

-キワドい2人

Copyright© ねこねこにゅーす , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.