WordPress

WPXblogで独自ドメインを使う「DNS Aレコードに登録されているIPアドレスが指定の物ではありません」の解決方法【お名前ドットコム利用】

投稿日:

 

wordpressでブログを始める際に手軽にできることで話題のWPXblog。

 

独自ドメインで運営したい方は多いはずですが、設定が意外に面倒です。

 

安く独自ドメインを利用できる「お名前ドットコム」を使って独自ドメインを設定する方法を初心者でもわかるように解説します。

 

経験者にはちょっと冗長な説明になりますが、初めての方向けの解説なのでご理解ください。

 

 

 

全体の流れ(するべきこと)

 

全体の流れは以下の通りです。

 

1.WPXblogのアカウント作成とブログ作成

2.お名前ドットコムなどで独自ドメインを取得

3.お名前ドットコム側でDNS設定

4.お名前ドットコム側でネームサーバーの変更

5.WPXblog側でURLの変更

 

おそらくひっかかるのは3と4です。

 

私は普段WPXblogではなくWPXspeedを使っており、設定が違うので混乱しました。

 

おそらく初心者の方は涙を流していることでしょう。

 

大丈夫です。

 

当記事の通りやれば超高確率でできます。

 

※想定外の操作や仕様変更などのリスクが排除できないため100%とは言えません

 

 

WPXblogでアカウント作成・ブログ作成

 

WPXblogの公式サイトへ行きましょう。

 

右上の「ログイン」を押します。

 

 

アカウント作成済みの方はIDとパスワードを入力してログインしましょう。

 

初めての方は下にスクロールして「はじめての方はこちら」をクリックします。

 

 

ブログの申し込み画面になります。

 

独自ドメインを使うのであれば「ブログURL」はなんでもOKです。

 

とりあえず「非公開」のまま、利用規約をちゃんと読んだうえでチェックボックスをオンにして「入力内容を確認する」を押しましょう。

 

 

ブログURLが間違っていなかったら「申し込み」をクリックです。

 

繰り返しますが、独自URLを使う場合ここで設定したブログURLは意味のないものになります。

 

なので特に確認せず適当に申し込みを押しても大丈夫です。

 

管理画面に移動します。

 

「あと〇分でブログを利用開始できます」と表示されますのでその間に独自ドメインを取得しましょう。

 

 

 

お名前ドットコムで独自ドメインを取得

 

※お名前ドットコム以外でも基本的には同じです

 

まずは使いたいURLが利用可能か調べます。

 

お名前ドットコムのトップページで希望するURLを検索してみてください。

 

メールアイコンが表示されている場合はすでに誰かが利用している状態です。

 

 

利用できるようになったらメールで連絡を貰えます。

 

すぐに使えるのは□が表示されているドメインです。

 

※参考画像では「.inc」です。

 

チェックボックスをクリックし、右側の「お申込みへ進む」を押しましょう。

 

「Whois情報公開代行メール転送オプション」と「ドメインプロテクション」は追加しておいたほうがいいでしょう。

 

 

 

DNS設定

 

購入ができたら「お名前ドットコム」のサービス「お名前.com Navi」に進みます。

 

※私は購入画面から行く方法がわからず毎回ログインし直しています

 

上の一覧から「ネームサーバーの設定」→一覧の一番上にある「ドメインのDNS設定」をクリックします。

 

 

購入したドメイン名を選択して「次へ」を押します。

 

 

「DNS設定」の中の「DNSレコード設定を利用する」の「設定する」をクリックします。

 

 

「A/AAAA/CNAME/MX/NS/TXT/SRV/DS/CAAレコード」の項目を入力します。

 

 

VALUEにWPXblogのサーバーIPを入力します。

サーバーIPはWPXblogの独自ドメインを使いたいブログの「設定」を押した際に表示される「ブログ情報」に書かれています。

 

 

WPXblogでサーバーIPを確認したらお名前ドットコムNAVIへ戻り入力します。

 

ホスト名は適当でOKです。

 

入力したら右端にある「追加」ボタンを押します。

 

 

「追加」の項目に入力した内容が反映されますので、一番下の「確認画面へ進む」をクリックします。

 

もう一度VALUE(サーバーIP)に間違いがないことを確認し、「設定する」をクリックしてください。

 

お申込内容の「状態」が「完了」となっていたらDNS設定は終了です。

 

 

 

ネームサーバーの変更

 

続いてネームサーバーの変更をします。

 

上の一覧(左側に一覧が表示されていることもあります)から「ネームサーバーの設定」→一覧の一番下にある「ネームサーバーの設定」をクリックします。

 

 

ネームサーバーの設定画面が出てきたら

 

「1.ドメインの選択」で今回購入したドメインを選択し、

 

 

「2.ネームサーバーの選択」で「その他のサービス」のタブをクリックし、

 

 

「その他のネームサーバーを使う」のチェックボタンをオンにして

「ネームサーバー1」から「ネームサーバー3」までを入力していきます。

 

入力するのは

ns1.wpxblog.ne.jp
ns2.wpxblog.ne.jp
ns3.wpxblog.ne.jp

の3つです。

 

※記事の盗用対策のため当サイトはコピペができないようになっています

 

WPXblogの公式マニュアルにも記載がありますのでそちらを確認したほうが確実かもしれません。

 

※こちらはコピペが可能です

 

3つとも入力できたから「確認」ボタンを押してください。

 

「ご確認」画面が表示されますので、ドメイン名などが間違っていないかを再度確認して「OK」を押します。

 

 

「インターネットの環境により、反映完了まで24時間から72時間かかる場合があります。」と書かれています。

 

読み飛ばさないようにしましょう。

 

 

URLの変更

 

WPXblogの管理画面へと進みます。

 

WPXblogにログインし、サービス一覧からWPXblogを選択します。

 

名前を変更したいブログ「〇〇のブログ」の右側に「設定」と書かれている項目があるのでこれをクリックします。

 

 

ブログ設定の下にある「ブログURL変更」をクリックしてください。

 

 

「ブログURLの変更」の欄が「独自ドメインを利用する」にチェックされていることを確認し、

 

「独自ドメイン」の右の空欄にお名前ドットコムで購入したドメインを入力します。

 

※「http://」は不要です

 

 

入力したら「変更内容を確認する」をクリックしてください。

 

変更後のブログURLがお名前ドットコムで買った独自ドメインになっていることを確認し、「変更する」をクリックします。

 

「ブログURL変更完了」と表示されていたら無事に設定が完了しています。

 

 

ただし、URLの変更には最大15分ほどかかります。

 

※ちゃんと記載されています

 

WPXblogのトップページに進むと「URL変更中」と表示されていますので、変更が完了されるまで別の事でもして待ちましょう。

 

 

URL変更が反映されたら実際に記事を書くことができるようになります。

 

「ブログを書く」で実際に記事を書いていましょう。

 

「WordPress管理画面」からはブログの外見などを変更することが可能です。

 

 

最後に

 

WPXblogの独自ドメイン設定方法を説明しました。

 

独自ドメインを使うためには「DNS設定」と「ネームサーバー変更」の2つの作業が必要です。

 

よく見るとマニュアルなどにも説明は書かれていますが、一連の作業として1ページで説明されていないので初心者にはわかりにくいかもしれません。

 

記事を書く前の段階で躓くとモチベーションがごっそり削られますよね。

 

当記事がブログスタートの助けになったら幸いです。

 

 

 

-WordPress

Copyright© ねこねこにゅーす , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.