ボイス 110緊急指令室

ボイス 110緊急指令室 沖原(演:キム兄)は裏切り者!実は脅されていた…理由が雑(笑)

投稿日:

 

日テレ「ボイス 110緊急指令室」で

橘ひかりと事あるごとに対立している

強行犯係の係長・沖原隆志が第4話で

犯人逃亡の手助けをしていました。

 

沖原は裏切り者のようです。

 

実は沖原は脅されています。

 

脅されてはいますがその脅しのネタが

適当すぎてギャグになってしまっています。

 

 

このドラマの原作は韓国ドラマです。

 

この記事は韓国ドラマを基にした

ネタバレが含まれていますので

お気を付けください。

 

スポンサーリンク

 

 

沖原隆志は裏切り者

 

これまでもECUと対立しことあるごとに

邪魔をしてきた沖原隆志ですが、第4話

ではついに犯人逃亡を手助けしました。

 

これまでは警察内部の政治レベルの

足の引っ張り合いでしたが犯人逃亡の

手助けやそれが原因で犯人が亡くなる

など「正義」を標榜する警察のやるべき

ことではありません。

 

 

沖原、実は脅されていた!

スポンサーリンク

 

沖原は「3年前の樋口刑事の妻の事件」の

真犯人の一味に弱みを握られ脅されて

います。

 

 

脅迫の内容がどうでもよすぎる!

 

脅されている材料はとあるクラブの

ホステスとの浮気です。

 

娘がアメリカに留学中なのですが、

浮気を娘にバラされたくない一心で犯人を

逃亡させたりしています。

 

ちょっと意味が分かりませんよね。

 

私もよくわかりません。

 

 

日本と韓国の考え方の違い?

スポンサーリンク

 

このドラマの原作は韓国のドラマです。

 

日本と韓国では考え方が違うのでしょう。

 

自分の浮気をバラされることは正義を

貫くことよりずっと重要なことのようです。

 

そもそも韓国ドラマでは警察は腐りきった

組織として描かれており、犯罪者相手に

意味のない暴力を振るうことに躊躇いが

ありません。

 

日テレ版では原作の残酷なシーンは

改変しマイルドにしていますが大枠の

ストーリーはある程度忠実に作られて

います。

 

そのためそれぞれの登場人物の言動が

理解しにくいところが出てきてしまって

います。

 

 

裏切り者は一人とは限らない

 

よくよく考えてみるとECUを潰そうと

したのは沖原だけではありません。

 

沖原は署長から指示を受けて橘ひかりの

行動を監視していました。

 

「3年前の事件」を嗅ぎまわろうとして

いないかを重点的に調べろと指示した

のは署長だったはずです。

 

実は署長は真犯人の父親と懇意にして

おり様々な無茶な要求をされています。

 

 

さらにもう一人裏切り者がいます。

 

それは樋口刑事を兄貴と呼んで慕っている

石川透です。

 

こちらは透の父の犯罪を真犯人の一味に

目撃されてしまい、さらにはそこで

揉めた挙句一味の一人を殺してしまった

ことで言いなりになっています。

 

 

腐りきった警察組織

 

裏切り者が一人だけなら警察ではなく

そいつの性根が腐っているだけだと

思えますが次から次へと裏切り者が

出てきます。

 

警察組織が腐りきっていますね。

 

ちなみに日テレ版は神奈川県警という

設定です。

 

たしかに神奈川県警と言えばこれまで

なんども不祥事を起こした警察組織です。

 

とはいえいくらなんでもドラマほどでは

ありませんよね。

 

いくら神奈川県警といえ現実はここまで

ひどくないはずです。

 

もしかしたら制作側は「神奈川県警なら

ありうるwww」という反応を期待して

いるのかもしれませんがSNSなどでは

そのような反応はほとんどありません。

 

 

最後に

スポンサーリンク

 

日テレ「ボイス 110緊急指令室」の

裏切り者は沖原隆志です。

 

沖原は浮気を娘にバラされるのが嫌で

犯人の言いなりになっています。

 

さすがに日本の感覚ではありえないので

日テレ版では設定が変更になるかも

しれませんね。

 

日本と韓国は「似ている」と言われる

ことが多いですがこのドラマの登場人物の

言動を見るとかなり違う気がします。

 

 

 

-ボイス 110緊急指令室
-

Copyright© ねこねこにゅーす , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.