ボイス 110緊急指令室(日本ドラマ) 樋口の妻・未希(ミキ)役の女優は誰?秘密をネタバレ

   

 

日テレドラマ「ボイス 110緊急指令室」は

韓国ドラマ「ボイス~112の奇跡~」の

リメイクです。

 

当記事では日本版ドラマのキャストの

紹介とともに、原作の韓国ドラマでの

該当する人物のキャラクターについても

紹介しています。

 

なお、登場する人物や発生する事件は

全てフィクションであり、演じている

女優は全ての事件に関与していません。

 

女優と登場人物を混同しないように

お気をつけください。

 

 

序盤で何者かに殺されてしまう樋口未希を

演じる女優は誰でしょうか。

 

原作の韓国ドラマについても紹介しますので

ご覧ください。

 

スポンサーリンク

 

 

樋口未希(ミキ)役の女優は誰?

 

菊池桃子です。

 

女優でありながら修士号を持っており

実際に戸板女子短期大学の客員教授として

教鞭を取っています。

 

 

プロフィール

 

名前:菊池桃子(きくちももこ)

 

生年月日:1968年5月4日(51歳)

 

出身地:東京都品川区

 

事務所:パーフィットプロダクション

 

 

樋口未希とは

スポンサーリンク

 

ハマの狂犬・樋口彰吾の妻です。

 

ソーシャルワーカーとして働いていましたが

暴漢に襲われて命を落としています。

 

 

原作での樋口未希

 

ここからは原作の韓国ドラマを基に記述

しています。

 

重大なネタバレが含まれていますので

お気を付けください。

 

スポンサーリンク

 

 

樋口未希(にあたる人物)はとある秘密を

探っていたために亡くなっています。

 

とある秘密とはソーシャルワーカーとして

面倒を見ていた路上生活者たちの処遇です。

 

バス会社やその系列会社が雇い入れて

いたのですが、かなり過酷な条件で

使い潰していました。

 

さらに一部の人たちは未認可の薬の

実験にされたり精神異常者の遊び相手に

させられ壊されてしまっていました。

 

 

不倫?スパイ?

 

物語中盤では樋口未希(に該当する人物)の

遺した音声データが出てきますが、そこには

ソーシャルワーカーとして面倒を見ていた

元路上生活者との不倫を匂わせる内容や

怪しい団体の協力者かのような内容が

録音されていました。

 

しかしそれは犯人が用意したもので

樋口彰吾(に該当する人物)を煽って

楽しむ目的のものでした。

 

実際には音声を継ぎ接ぎして作ったもので

あり潔白です。

 

 

最後に

スポンサーリンク

 

日テレ「ボイス 110緊急指令室」で

序盤に殺されてしまう樋口未希を演じるのは

菊池桃子です。

 

1980年代にはアイドルとして活動して

おり、現在は短大で客員教授をしています。

 

原作ドラマでは樋口未希は元路上生活者が

就職した先で苦しんでいることを知り

その原因を突き止めようとした結果、

暴漢に殺されてしまいます。

 

樋口彰吾はこの事件がきっかけで降格

しますが真犯人を追い続けています。

 

 

 

 - ボイス 110緊急指令室