テセウスの船

テセウスの船 木村さつき先生はいつから加藤みきおの共犯者になった?真実を知ったのはいつ?

投稿日:

 

TBSドラマ「テセウスの船」で、現代編でかなりクレイジーなことになっていた木村さつき。

 

しかし第7話で再び平成元年に戻った際には子ども思いの優しい先生でした。

 

第7話では加藤みきおを養子にしたいと語っていますが、木村さつきはいつから加藤みきおの本性に気付いていたのでしょうか。

 

共犯者になったのはいつなのでしょうか。

 

原作漫画を基にネタバレしますのでご覧ください。

 

 

 

本当は息子を救いたいだけだった

 

木村さつきは優しい女性です。

 

加藤みきおを養子に迎えたのは本心からみきおのことを想っての行動でした。

 

 

木村さつきと加藤みきおが家族になった経緯

 

音臼小事件が発生した世界では、加藤みきおは後遺症により車椅子生活をしています。

※正確には後遺症を騙っているだけです

 

その事件の後、加藤みきおの唯一に身寄りである祖母が亡くなった頃に、木村さつきが養子にならないかと声をかけています。

 

その頃、木村さつきの父がメッキ工場を札幌に移転することになり、さつきも教師を辞めて移転先の工場で働くことにしていました。

 

 

真実を知ったのはいつ?

 

木村みきおが村田藍を連れてきた日です。

 

それまで家族がサポートしてきましたが、村田藍と一緒に暮らすことになったため引越しの準備をしていたところ、音臼村の一連の事件の記事とテープレコーダー(ドラマ版ではワープロ)を木村さつきがみつけ、真実を知ったのです。

 

 

そして共犯者へ

 

真実を知った木村さつきに、みきおは「もう疲れた。終わりにしたい」と語ります。

 

ですがさつきは「お母さんに任せて」と共犯者になってみきおを救う決意をします。

 

その後はドラマ版でも明かされている通り、真実を知る人物を殺害したり、村田藍と名前を変えた佐野鈴を脅迫したりといった「実行犯」として動いています。

 

 

加藤みきお/木村みきおの目的は

 

加藤みきおがこの一連の事件を起こした理由は、佐野鈴です。

 

転校してきたばかりの頃に鈴を好きになったみきおは「世界が僕と鈴だけになればいい」と考えて鈴を傷つけた人を次々と消していったのです。

 

最終的にみきおは鈴と結婚することになりますが、そのときの鈴はみきおが好きだった鈴ではありませんでした。

 

そのため、平成元年にタイムスリップした木村みきおは加藤みきおの行動を一部修正しようとしています。

 

木村みきおは「鈴の周辺に危害を加えて鈴自身を不幸にするほど鈴が変わってしまう」と気付いており、彼なりにもがいています。

 

 

最後に

 

TBSドラマ「テセウスの船」の現代編でクレイジーな姿を見せていた木村さつきですが、本当は小学校教師時代の優しい心を持っています。

 

養子に迎えた加藤みきおを大切に思うがあまり、過去の罪を隠そうとして壊れてしまったのでした。

 

ドラマは原作漫画と一部異なっており、「真犯人は原作とは異なる」とも言われています。

 

ドラマ版の木村さつきはもしかしたら主犯という可能性もあるかもしれませんね。

 

 

 

-テセウスの船

Copyright© ねこねこにゅーす , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.