下町ロケット 野木教授役の俳優は誰?リアル農業タレント!民間企業に裏切られまくる!

   

 

2018年版下町ロケット、前半のゴースト篇が

終わりモヤモヤしたままヤタガラス篇に突入

します。

 

ヤタガラス篇では財前部長が新事業部で

立ち上げる無人農耕トラクターがメインと

なります。

 

そこに大きく絡んでくる北海道農業大学教授の

野木博文。

 

演じる俳優やヤタガラス篇での活躍を紹介

していきます。

 

この記事は原作小説を基にしたネタバレが

多数含まれています。

 

お気をつけください。

 

スポンサーリンク

 

野木教授役の俳優は誰?

 

森崎博之です。

 

北海道を中心に活躍している俳優で

下町ロケットの山さんこと安田顕も

所属している演劇ユニットTEAM NACSの

リーダーでもあります。

 

「あぐり王国北海道NEXT」という番組では

農業をテーマにした内容を放送しています。

 

リアル農業タレントですね。

 

 

プロフィール

 

名前:森崎博之(もりさきひろゆき)

 

生年月日:1971年11月14日(46歳)

 

出生地:北海道東川町

 

血液型:O型

 

事務所:CREATIVE OFFICE CUE

 

 

野木教授 元ネタのモデルは誰?

 

野木教授にはモデルがいます。

 

下町ロケット 野木教授の元ネタ(モデル)は誰?現実に無人農耕トラクターはあるの?

 

 

森崎博之による出演コメント

スポンサーリンク

 

このたび『下町ロケット』において、

北海道から日本の農業の未来を応援する

という役柄をいただきました。

 

北海道で500回もの放送をしている農業

食育番組あぐり王国北海道NEXT』(HBC)の

出演者のひとりとして、農業の看板を

背負ってドラマに出演する喜びを感じて

います。

 

私自身このドラマの大ファンでもあり

ますが、日本にとっての北海道がそう

であるように、のどかでおおらかで

温かみのある演技ができるよう心掛け

ながら、この大役を楽しませていただき

たいです。

 

また、同じTEAM NACSの安田顕が3年前

からこのドラマに出演していますが、

今回私の出演に際し、クランクインの

時はわざわざ現場に駆けつけてくれて、

主演の阿部寛さんにしっかりと紹介して

くれました。

 

とても有り難く嬉しかったのです。

 

……が。

 

「見てください、こんな巨大な顔の人間が

いるなんて驚きますよね!」という紹介は、

正直やめて欲しかったですね(笑)

 

 

引用:TBS 下町ロケット公式

 

いい話をしていたかと思ったら最後のオチが(笑)

 

山さん(安田顕)らしいノリですね。

 

 

ヤタガラス篇ネタバレ

スポンサーリンク

 

ここからは原作小説を基にしたネタバレが

含まれています。

 

お気をつけください。

 

 

 

 

 

財前部長と佃社長

 

野木教授は農耕トラクターの無人操縦を

長年研究しています。

 

財前部長はトノさんの実家での稲刈りで

労力がいらない無人農耕トラクター分野

への進出を閃き、野木教授の研究に着目

します。

 

しかし野木教授は産学連携に難色を示して

います。

 

佃社長が大学・大学院で同期という縁を

知った財前部長は野木教授の説得を佃社長に

お願いしています。

 

 

野木教授が産学連携を拒んだ理由とは

 

実は野木教授は過去にも民間企業と

共同研究をしたことがありました。

 

しかし実際には送り込まれてきた研究員は

野木教授の研究内容を盗むことが目的

でした。

 

これにより民間企業に不信感を持っている

のです。

 

 

佃航平となら・・・

 

旧知の仲である佃社長が農業への熱い想いを

持って無人農耕トラクターに参入している

ことを知り、ついに教授は首を縦に振ります。

 

教授も元々は日本の農業を助けるために

研究を始めたことを思い出したのです。

 

 

野木教授、再び裏切られる

スポンサーリンク

 

しかし。

 

帝国重工の社内政治により財前部長主導で

始まったこのプロジェクトは的場俊一に

横取りされてしまいます。

 

そして的場俊一は日本の農業の現場を

見ずに帝国重工の得意分野である大型の

トラクター開発へと舵を切ります。

 

さらに的場俊一は製造部を中心に

内製化方針を打ち出し佃製作所を

蚊帳の外に置きます。

 

当初野木教授と手を取り合った財前部長と

佃製作所がともに現場から離れ、

野木教授の「日本の農業を救いたい」という

想いは再び裏切られてしまいます。

 

 

的場俊一、失脚する

 

日本の農業に見合わないトラクターを

作った帝国重工はライバルである

ダイダロスの「ダーヴィン」に大きく

差をつけられてしまいます。

 

的場俊一はダーヴィンを蹴落とすために

とあることをするのですが、その結果

「下請法違反」として訴えを起こされ

失脚してしまいます。

 

これにより財前部長に再び主導権が

渡り、蚊帳の外にされていた野木教授と

佃製作所が再び無人農耕トラクターへ

参入していきます。

 

 

最後に

スポンサーリンク

 

下町ロケットに登場する北海道農業大学の

野木教授を演じるのは森崎博之です。

 

森崎博之自身、北海道で農業教育番組に

長年出演している農業タレントです。

 

今回の役柄にぴったりですね。

 

野木教授は過去に産学連携で痛い思いを

しているため最初は乗り気ではありません。

 

しかし佃社長の熱い想いに初心を思い出し

帝国重工・佃製作所の「アルファ1」と

名づけられた無人農耕トラクターの

プロジェクトに参加していきます。

 

ついに佃製作所が物づくりを始めます。

 

楽しみですね!

 

 

 

アプリ作りました

 - 下町ロケット ,