虹プロジェクト

虹プロ ヒルマン・ニナ ハーフの中学生がかわいい! ダンス動画・歌唱動画をチェック!

更新日:

 

虹プロ(Nizi Project)に参加しているハーフの美少女、ヒルマン・ニナ。

 

デビュー前からかなりの人気がありますね。

 

手足がスラっとしていて大人っぽい魅力がありますが、なんとまだ(地方予選最終オーディション時)中学生です。

 

主催者であるパク・ジニョンも大絶賛した地方予選の様子をレポートしますのでご覧ください。

 

 

なお、ヒルマン・ニナを含めた地方予選合格から東京合宿までの様子はHuluで独占配信されています。

 

東京合宿を勝ち抜いたメンバーによる韓国合宿は日テレで放送が決まっていますが、その前の初々しい様子が見たいかたはHuluに加入しましょう!

 

今すぐヒルマン・ニナをHuluで見る!

 

 

ヒルマン・ニナのプロフィールと経歴

 

名古屋に住んでいる、アメリカ・ワシントン州出身の中学三年生です。

 

地方予選の最終オーディション時、まだ14歳でした。

 

12歳で名古屋に引越してきました。

 

母親が日本人のハーフです。

 

地方予選は仙台で受けています。

 

名古屋でも予選は存在しましたが、ヒルマン・ニナがオーディションの存在を知ったときにはすでに名古屋は終了していました。

 

 

日本語と英語

 

日本語を普通に喋っているのでもともと日本語を使う日系ハーフのように感じますが、驚くべきことに12歳まで日本語はほとんど喋れませんでした。

 

12歳でアメリカから名古屋にやってきたのですが、普通の中学校に転校したため当時はクラスメイトとの意思疎通ができなかったようです。

 

母が日本人だったため、母や姉との会話を日本語にするなどの努力によって現在の日本語力を手に入れています。

 

母が日本人ということはもともと少しは勉強していたのかもしれませんが、2年であのレベルに喋れるのはすごいですよね。

 

主催者のパク・ジニョンもかなり日本語を喋ることができますが、ヒルマン・ニナははるかに上回っています。

 

ちなみに二人が会話をする際は英語を使うことが多いです。

 

 

ダンス動画・歌唱動画

 

地方予選の最終オーディションの際の動画はこちらです。

引用:YouTube Nizi Project Updates

 

 

パク・ジニョン、なぜ大爆笑?評価は?

 

上記の動画の後半では審査をしている主催者のパク・ジョンヨンが大爆笑しています。

 

しかもダンスが終わった後に最初にした質問は

あなたは自分を謙虚だと思いますか?

です。

 

私だったら爆笑された後にこんな質問をされたら「やりすぎた?」と感じて落ち込みます。

 

ただ、今回はそういう意味ではありませんでした。

 

質問に答えた後、パク・ジニョンはこう続けます。

 

それでは言ってあげます...

あなたは完全にスターだと思う

 

この「それでは言ってあげます」も普通ならネガティブな話が続きそうですよね。

 

1日かけてもっとアドバイスをしてあげられるけど

あなたはもうすでにスターです

 

パク・ジニョンはこの子を大絶賛しています。

 

 

裏評価

 

ヒルマン・ニナが退出した後にスタッフたちに向けて評価を口にしています。

 

すごすぎる

 

ここまでの驚くべき才能は

なかなか見られないです

 

驚きました

 

今回のグループに

これで自信が持てます

 

 

これは地方予選なので、この後東京合宿と韓国合宿でふるいにかけるのですが、すでにデビューが確定しているかのような言い方です。

 

それほどすごいと感じたのでしょう。

 

ヒルマン・ニナの輝きでほかのメンバーが霞んでしまったのか、仙台予選では他に合格者はいませんでした。

※正確には放送されなかっただけでカコ(小栗かこ)も仙台オーディション出身です

※※カコは残念ながら東京合宿で脱落してしまいました

 

 

東京合宿を終えて

 

4泊5日の東京合宿では最初のダンスレベルテストでまさかの26人中24位、さらにパク・ジニョンからも「遊んでいた人みたいです」と酷評を受けました。

 

その後のボーカルテストでは2位、さらにSHOWCASEではキューブ3個のユナを抑えてリーダーを担当するなど尻上がりに評価を挙げて行きます。

 

ただし、SHOWCASEでは「ニナのダンスが目立たないようにしないといけない」という最悪の評価を受けています。

 

それでも圧倒的な歌唱力とスター性によってデビューの切符を手にしています。

 

最終獲得キューブはボーカル・スター性・人柄の3つです。

 

 

最後に

 

虹プロに参加しているヒルマン・ニナの地方予選最終オーディション時の様子を紹介しました。

 

名古屋に住んでいながら仙台まで飛行機を使ってオーディションに来たヒルマン・ニナ。

 

最終オーディションではパク・ジニョンに「飛行機代が無駄にならないといいですね」と嫌味とも取れる先制パンチを受けましたが、歌唱とダンスの実力によってグループの主力になれるという最高クラスの評価を受けました。

 

今後の合宿で他の合格者たちも伸びていくとは思いますが、ヒルマン・ニナも努力を続けてセンターになれるといいですね。

 

 

 

-虹プロジェクト
-,

Copyright© ねこねこにゅーす , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.