IT テレビ

月曜から夜ふかしの顔変換アプリと美少女に変身できるPCアプリ!【MSCRD・FaceRig】

更新日:

 

当記事は2017年頃にテレビで紹介されたりして話題になった顔変換アプリの記事です。

 

最近は「ディープフェイク動画」などを作るため、似たようなツールを探している方が多いようですね。

 

ディープフェイク動画の作り方はこちらの記事で少しだけ触れています。

PCでのディープフェイクの作り方を説明しただけで「教唆」扱いの可能性があるという説に反論を試みる記事

 

 

月曜から夜ふかしで取り上げられた顔交換アプリ。

 

最近芸能人同士で顔を変換してインスタやtwitterに上げていることも多いですよね。

 

実は、月曜から夜ふかしのMCであるマツコデラックスが同じくMCを務めている、「マツコの知らない世界」でも紹介されていました。

 

2度目の紹介になるので、今度はマツコの知っている世界、ですね!

 

スポンサーリンク

 

【追記】2020年秋

 

「月曜から夜ふかし」「マツコの知らない世界」などで取り上げられていたのは2017年のことです。

 

あれから3年たちました。

 

IT業界での3年前は大昔です。

 

今は機械学習によるAIでの顔変換が話題です。

 

ただ一般の方々には悪い意味でのニュースで知れ渡ることとなってしまいました。

 

ワイドショーでは「やり方を教えるだけでも『爆弾の作り方を紹介する行為』同様に教唆扱いで捕まるかも」などという論調です。

 

私はそうは思いませんのでこんな記事を書きました。

PCでのディープフェイクの作り方を説明しただけで「教唆」扱いの可能性があるという説に反論を試みる記事

 

ちなみに、プログラミング知識がない方がいきなりディープフェイク動画を作るのはかなり敷居が高いです。

 

まだ実用的な1つのアプリケーションとしてお客様向けに販売されているわけではないので、「自分で問題を解決できる人」でなければ目的の動画を作り出すのは困難です。

 

 

放送後追記:最新アプリ

 

月曜から夜ふかしで紹介されたのは、FaceAppというアプリでした。

 

人工知能を使い、顔のパーツを把握、修正してくれるアプリです。

 

 

使い方

 

FaceAppはアンドロイド、iPhoneのどちらでも利用できますが、私が試したのはアンドイドアプリになります。

 

そのため、iPhoneユーザーの方は操作感に若干の違いがある可能性をご理解ください。

 

アプリを起動すると、インカメラが立ち上がります。

 

最初に一瞬表示される白いラインより小さく顔が入るように撮影しましょう。

 

このとき、あまり近くで撮影するとエラーとなります。

 

私は、手を限界まで伸ばすことで辛うじて認識されました。

 

撮影すると、1分程度画像の認識に時間がかかりますが、無事に処理が終わると画面上部に写真が表示されます。

 

さまざまなアイコンが並んでいるので試してみましょう。

 

 

Original

 

撮影した素の画像です。

 

 

Smile/Smile2

 

ともに笑顔の写真になります。

 

撮影時に仏頂面で歯を見せなかったとしても、しっかりと歯を見せての笑顔になるのがすごいですね。

 

目じりの皺やエクボなどまで再現されています。

 

私自身の素の笑顔よりも素敵な笑顔でしたので、鏡を見ながらこの笑顔に近づけるようにがんばりたいです。

 

 

Spark

 

なんでしょうね。

 

オリジナルとの違いがわかりませんでした。

 

 

年齢変更

 

Old/Youngでそれぞれ年齢を上げたり下げたりできます。

 

それぞれ10歳近く歳が変わったようにみえますね。

 

Youngがなかなかいい感じなので、サバを読みたい方はこれを使ってもいいのかもしれませんね。

 

 

性別変更

 

男性ならFemal/Femal2で女性に、女性ならMaleで男性になれます。

 

 

Duo/Collage

 

この2つの機能は、写真を変化させるものではなく、並べて表示させるものです。

 

Duoで2分割に、Collageで4分割になります。

 

SmileとSmile2など、似たような画像で違いを確認したいときに使えるかもしれませんね。

 

また、CollageではYoung/Original/Oldと並べることでご自身の年代別表情が確認できます。

 

 

顔交換アプリ2

スポンサーリンク

 

(2017年当時)最も有名なのはMSCRDです。

 

マスカレードと読み、iPhoneでもアンドロイドでもアプリが存在します。

 

もちろん無料ですので、とりあえず試してみるのがいいでしょう。

 

 

MSCRDってどんなアプリ?

 

 

このアプリは、カメラで取得した顔の目・鼻・口を認識し、様々なタイプのキャラクターを当てはめるというものです。

 

具体的に言うと、ジェイソンのようなマスクだったり、猫っぽい顔だったり。

 

また、二人並んで顔を撮影することで、中身を入れ替えることもできます。

 

 

使い方は?

 

※アンドロイドのアプリを使用しての説明ですので、iPhoneの方は若干使用感が異なるかもしれません。

 

インストール後、フェイスブック認証を聞かれますが、アップロードする必要がないのであれば認証せずにログインして問題ありません。

 

とりあえず認証せずに使ってみて、後からフェイスブックと連動させることもできます。

 

アプリの画面左上にあるボタンからフェイスブック認証が可能です。

 

 

インカメラが起動し、画面には自分の素の顔が表示されます。

 

最初はムービーに設定されていますので、写真を撮りたい方は、右下のカメラのボタンを押しましょう。

 

フィルターはカメラ画像の下のものだけでなく、カタログを選択することもできます

 

 

フィルターラインナップ

 

カタログ内カテゴリは以下のような項目があります。

 

 

NEW FILLTER

 

最近自分で使ったフィルターです。

 

新しく提供されたフィルターという意味ではないので注意です。

 

 

FACES

 

女性が男性に、そして女性が男性にといった性別を越えた変身が可能です。

 

○○・○○になる前にこれで確認してみるのも面白いかもしれませんね。

 

○○の人が男性に変身する場合はなんと表現したらいいのでしょうね。

 

追記:不適切な表現を修正しました

 

コメント欄よりご指摘いただきました。

 

差別用語と知らず、不適切な表現をしてしまいました。

 

不快になられたかたが大勢いらっしゃったことと思います。

 

大変申し訳ありませんでした。

 

不適切な表現を伏字にさせていただきました。

 

 

FUNS

 

チャップリンやピエロ、キウイマスクなどのフィルターがあります。

 

花飾りといった自分の写真にちょっとだけ飾りがほしいときもこちらが便利です。

 

 

ANIMALS

 

サル、パンダ、トラ、犬など。

 

輪郭の認識精度があまりよくなく、たとえばパンダなどのような白い顔は輪郭全てを覆えません

 

外側に肌がはみ出て見えてしまうのがちょっとだけ残念ですね。

 

 

SPORT

 

オリンピックなど、国を応援するときのフェイスプリントができます。

 

日本、ドイツ、イタリア、イギリス、スペイン、ブラジルなど。

 

 

サッカーのワールドカップでどの国の応援でもできそうなラインナップです。

 

 

MOVIES

 

映画のヒーローになれる、はずです。

 

おそらく、著作権上の問題で本来用意していたはずのフィルターのほとんどが使用不可能になってしまったのでしょう。

 

辛うじてバットマンがありました。

 

 

EMOTIONS

 

感情表現をするフィルターです。

 

現在は1種類だけで、このフィルターはムービーで撮影してこそ効力を最大に発揮できます

 

というのも、普通の表情ではただの何もフィルターのないカメラなのですが、口を開けて驚いた表情をすると、目が飛び出すのです。

 

ちょっと変わった動画を撮りたいときにぜひ。

 

 

アニメキャラに変身できるアプリはないの?

スポンサーリンク

 

スマホアプリではないのですが、このタイプの顔変換ソフトとして非常に優秀なPCソフトがありますので紹介したいと思います。

 

そのソフトの名前は、FACE RIG

 

PCにWebカメラなどから取り込んだ自分の画像を、二次元少女や恐竜といった画像にモーフィングしてくれます。

 

もともとは、アバターソフトだったのですが、Live2Dという2Dイラストの擬似3Dアニメーションツールとタッグを組んだことで、非常に面白い使い方ができるようになりました。

 

もともと用意されているのは、海外発ということもあってか、このような画像です。

 

 

しかし、そこに日本人のクリエイターが参加すると、このようになります。

 

 

これは静止画像なのでただの絵にしか見えませんが、カメラに映る自分の表情の変化によって、まばたきをしたり口が動いたり、さらには首をかしげるといった動きまでリアルタイムで再現できます

 

FaceRigを使ってYouTubeやニコニコ動画などで配信している人もいるようですよ。

 

顔出しが苦手な人も、この方法であれば配信者になることができるかもしれませんね!

 

※YouTubeで大流行し、一大ジャンルとなりました

 

 

有志による追加マスクも

 

二次元アニメキャラになりきれるといっても、公式にあるのは実際にアニメ化されているキャラではなく、アニメ風のキャラクターですよね。

 

大人気アニメの○○ちゃんになりたい!

という夢は叶わないのでしょうか。

 

 

・・・いえ、叶います!

 

実は、有志によるマスクがたくさん公開されており、たとえば「けいおん」の平沢唯や秋山澪だったり、「俺の妹がこんなにかわいいわけがない」の高坂桐乃だったり五更瑠璃(黒猫)といったメジャーなキャラクターもあります。

 

※最新のアニメキャラクターも随時作成されています。

 

もちろん、公式でないために自分で使うことにしか利用することはできませんが、あのキャラクターたちを自分の意思のまま動かせるというのはなかなか面白い体験なのではないでしょうか。

 

 

最後に

 

一昔前だったら、リアルタイムでの顔認証やマスクなどはPCの能力が追いつかず、まともに扱えませんでした。

 

しかし、現在のスマホは昔のPCをはるかに越える能力を有しており、非常に面白いアプリが簡単に使えます。

 

とてもよい時代になったとしみじみ感じますね。

 

なお、「スマホがPCの能力に追いついた」と思ったら今度は「PCが我々の予想をはるかに超えて高性能になる」という現象が発生、「人の顔の特徴をAIが認識し、別の動画の顔と入れ替える」というSFのようなことができるようになりました。

 

ディープフェイク動画と呼ばれ、悪用した大学生が捕まったりしています。

 

芸能人の顔を勝手に挿げ替えて公開したり、挙句の果てに販売までするのは常識を疑いますね。

 

人に迷惑をかけないよう、個人で楽しみましょう。

 

 

 

-IT, テレビ

Copyright© ねこねこにゅーす , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.