ボイス 110緊急指令室 洗濯機に閉じ込められた少年・歩くんを演じる子役は誰?

   

 

日テレ「ボイス 110緊急指令室」第5話で

ECUに助けを求めた少年・歩くんを

演じる俳優は誰でしょうか。

 

 

このドラマの原作は韓国ドラマです。

 

当記事では原作ドラマを基にした

ネタバレが含まれます。

 

お気を付けください。

 

スポンサーリンク

 

 

歩くんを演じる子役は誰?

 

正垣湊都です。

 

「しょうがきなみと」と読みます。

 

7月15日放送のNHK単発ドラマ

「永遠のニシパ」でイチニカの幼少期を

演じています。

 

 

プロフィール

 

名前:正垣湊都(しょうがきなみと)

 

生年月日:2012年5月15日(7歳)

 

事務所:テアトルアカデミー

 

 

歩くんとは

 

ここからは原作の韓国ドラマを基に

記述していきます。

 

ネタバレが含まれる上、子どもが事件の

被害者ということで気分が悪くなる

描写が含まれる可能性があります。

 

お気をつけください。

 

スポンサーリンク

 

 

歩くん(に相当する少年)は母に包丁で

刺されています。

 

母のスマホを奪い洗濯機の中に隠れて

110番通報で助けを求めています。

 

歩くんと母に直接の血縁関係はなく、

養子のようです。

 

歩くんには兄や姉がおり、歩くんが

この家にやってきたときにはすでに

姉は大きな病気で入院しています。

※兄からその話を聞かされました。

 

 

母も虐待されていた

 

実は母親も養子です。

 

養父に虐待されて育っており、殴ったり

叱ったりする方法でしか育て方を知り

ませんでした。

 

養父とは離縁していますが、今でも

脅されています。

 

 

歩くん、さらに連れ去られる

スポンサーリンク

 

刑事たちが部屋に行くとそこには

母親しかいませんでした。

 

歩くんは何者かに連れ去られている

のです。

 

犯人は団地の管理人兼警備員です。

 

この男こそ母親の元養父です。

 

 

歩くんはどこに?

 

機械室です。

 

団地の地下にあり、ECUとの無線も

繋がりにくい場所です。

 

いつも通り(?)樋口刑事(に相当する

刑事)が単独で向かいます。

 

管理人が差し入れとして渡した飲み物

には強力な麻酔薬が入っており、

刑事は機械室で昏倒します。

 

が、実はそれは演技です。

 

刑事は麻酔薬の瓶が捨ててあるのを

目撃し、飲み込む前に吐き出しています。

 

管理人の自白を録音するために意識が

朦朧としたフリをしています。

 

 

最後に

スポンサーリンク

 

日テレ「ボイス 110緊急指令室」に

登場する歩くんを演じるのは正垣湊都です。

 

今回のストーリーは今までで一番辛い

エピソードです。

 

子どもの虐待というのはフィクションで

あっても見ていて辛いですね。

 

韓国ドラマでは腹部を刺され真っ赤に

なっており、助け出される直前には

顔が真っ白になって意識も白濁して

いました。

 

見ているだけで気持ちが落ち込む内容

なので苦手な方は今回のエピソードは

見ないという選択もアリかもしれません。

 

 

 

 - ボイス 110緊急指令室