ウクライナ

ロシア人がドバイドバイ!と言っている どういう意味?アラブ首長国連邦ではない?

投稿日:

 

ロシア語圏に旅行していると、色々な場面で「ドバイ」という言葉を聞くことがあります。

 

私たちがドバイと聞いて真っ先に思い出すのはアラブ首長国連邦の金融国家・ドバイですよね。

 

ロシアでなぜそんなにドバイを連呼するの?と思ったらどうやら違う意味だったようです。

 

「ドバイ」以外にもロシア人との会話でよく登場するフレーズを紹介しますのでご覧ください。

 

 

 

ドバイ

 

ロシア語で書くとдоваиです。

 

ロシア人がよく使う場面は「電話先の相手」「パパが息子に」「友人同士で」など多岐にわたります。

 

英語で言うなら「come on」または「Hurry」に相当します。

 

意味は「さあ急いで!」です。

 

意味を理解した上で「ドバイドバイ!」と繰り返しているのを聞くとなんとなく急かされているのがわかりますよね。

 

 

よく聞くフレーズ ヤパニマーユ

 

ロシア人はキレイな方が多いです。

 

私は主にウクライナにいることが多いのですが、ウクライナは世界中から「美人の国」と認識されています。

 

そんなウクライア・ロシアの女性に「写真を撮っていい?」と聞くと「ヤパニマーユ」と返ってくることがあります。

 

まったくロシア語が分からなかった頃は「ヤパニ・・・」の部分だけ聞き取ってJapan、つまり日本人という意味だと思っていました。

※日本はяпонскийヤパンスキー

 

私がキレイな女性にカメラを向けるのは主にコスプレイベントの会場のため、コスプレの本場から来た私に対して「日本人ね」と言っているのかと勘違いしていました。

 

キリル文字でのスペルはя понимаюです。

 

英語に直訳するとI understandです。

 

つまり「了解」的な意味ですね。

 

私は上述の通り「ジャパニーズ」だと勘違いしていましたので、「ヤパニマーユ」と言われて「イエス」と答えていました。

 

アホな人だと思われていたことでしょう(笑)

 

 

最後に

 

ロシア語圏でよく耳にする2つのフレーズを紹介しました。

 

それぞれ自分が使う場面は限られていますが、ロシア人と仲良くなったら頻繁に聞く言葉です。

 

「スラング」ではありませんが、実際の場面で使われているフレーズを知っている方が旅行は面白くなりますよね。

 

そして何より「知っているフレーズ」は知らないフレーズと異なり聞き取りやすいです。

 

ロシア語圏に旅行する際は「ロシア語はわからない」と最初からあきらめるのではなく、指差し旅行帳などで少しでもロシア語に触れているとなんとなく聞き取れることもあります。

 

ただし、ロシア語は語尾変化が尋常ではありません。

 

しかも固有名詞も変化します。

 

完璧に理解しようとすると絶望しますのでご注意ください。

 

 

 

-ウクライナ
-

Copyright© ねこねこにゅーす , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.