メゾン・ド・ポリス 第1話の結末に賛否両論の声!原作と違う!変更点はどこ?

   

 

TBS版メゾン・ド・ポリスが放送を

開始しましたね。

 

今期のドラマは刑事ものがいくつかあり

比較されるかと思いましたが路線を大きく

変えて半ばギャグドラマとなっており

他の刑事ドラマとは一線を画しています。

 

そんなメゾン・ド・ポリスですが実は

原作小説が存在します。

 

原作でもややコメディタッチな部分は

ありましたがドラマほどではありません。

 

また、第1話で描かれた「デスダンス事件」

では結末が大きく変わっています。

 

その他にも原作と違う点が多かったので

まとめてみました。

 

見逃している点に気付いた方はコメント等で

教えていただければ幸いです。

 

なお、当記事は原作小説を基にした記述が

あるためネタバレになる可能性があります。

 

ご注意ください。

 

スポンサーリンク

 

結末が違う!!

 

メゾン・ド・ポリスは基本的に1話ごとの

完結したストーリーが展開されます。

 

※ひよりや夏目の過去など一部除く

 

 

原作小説でも第1話は「デスダンス事件」

でした。

 

しかし、原作では過去の事件とは別もの、

つまり模倣犯でした。

 

犯人は被害者本人です。

 

つまり自作自演ということになります。

 

そしてその理由は、息子の借金でした。

 

借金を清算するために保険金が必要だった

わけですが、保険金は自分で命を

絶ってしまうと貰うことができません。

 

なので自分とは結びつかないような方法を

使ったのです。

 

 

原作ファンによる反応

 

途中までは「被害者が保険に加入していた」

「夏目がてんぷらについて話した」など

原作に似たストーリーでしたが後半に

大きく原作を逸れていきました。

 

原作ファン(=私)はすでに結末を知った

上で映像を楽しむつもりで視聴して

いましたが、いい意味で予想を裏切られ

ました。

 

一番最初に「1セントコイン」という原作に

ない設定がありどうやって説明するのか

という方向で頭を働かせていたため

意外性を楽しむことができました。

 

ドラマ制作側が原作ファンにも楽しめる

ように配慮したのだとしたら素晴らしい

脚本だと思います。

 

第1話の時点では原作ファンの私としては

本ドラマを大絶賛したいと感じました。

 

 

ちょっとがっかりな変更点

スポンサーリンク

 

ただ、細かい点を言えばやはり原作に

忠実に描いて欲しかった部分もあります。

 

 

瀬川草介の劣化

 

メゾン・ド・ポリスの御用聞きとして

登場した瀬川草介。

 

原作ではICE MOONというバーで働いており

ひよりは足繁く通っています。

 

大人の余裕のある魅力的な男性でひよりが

悩んでいるときにさりげなく背中を押す

イケメンでした。

 

ドラマでは竜星涼が演じています。

 

イケメン度では原作のイメージそのまま

ではあります。

 

明るいキャラクターなので決して悪い

わけではありませんが、原作の魅力は

半減していると感じてしまいます。

 

 

夏目惣一郎のクズっぷりがひどい

 

犯罪者を人と思っていないような態度を

取っています。

 

刑務所に面会に行った際にひよりが

ドン引きするようなひどい態度を見せ

ましたよね。

 

これは原作では絶対にあり得ません。

 

なぜなら、原作では刑事を辞めた理由が

その態度だったからです。

 

ある事件の被疑者に厳しい取調べをした結果

相手が自らの命を絶ってしまったのです。

 

そしてそれを後悔し刑事を辞めたのです。

 

ドラマでも夏目惣一郎は自分が刺され

そうになった際に

「全部あなたのせいじゃない!」

と言われて身動きができなくなりました。

 

これは上述の厳しい取調べで命を絶った

人の奥さんのセリフでもあるのです。

 

ドラマでもその過去が存在するのであれば

刑務所の面会であんな態度は取ることは

できなかったはずです。

 

 

杉岡沙耶が残念キャラに

 

ひよりを飲みに誘い上司権限などと

言って無理やりお酒を飲ませていますね。

 

パワハラかつアルハラです。

 

私はアルコールが飲めないためアルハラに

対し人一番敏感になってしまいます。

 

「酔っていたから仕方がない」という

理由にならない理由で全てが許されると

思っている人が心の底から嫌いです。

 

大人しか飲むことを許されないお酒は

大人らしくスマートに嗜んで欲しいと

思います。

 

 

なお、原作では杉岡沙耶はメゾン・ド・

ポリスの白衣のおじさん、藤堂雅人の

「2番目の妻」です。

 

藤堂が現役時代に研修した教え子であり

藤堂は今でも杉岡沙耶に色目を使って

います。

 

※藤堂はこの世の全ての女性に色目を使います

 

 

伊達が警察組織の肩を持った

 

メゾン・ド・ポリスのオーナーでもある

伊達有嗣。

 

ひよりがデスダンスの犯人は冤罪ではと

疑い、警察の捜査にミスがあったのではと

言った際

「身内を疑うのはご法度です」

と嗜めました。

 

ですが原作ではメゾン・ド・ポリスは

警察組織と対立し、警察が過去に闇に

葬った事件を調査しています。

 

この点において伊達の考え方が原作と

大きく違います。

 

 

最後に

スポンサーリンク

 

TBSドラマ「メゾン・ド・ポリス」が

放送開始しました。

 

かなりギャグ寄りのストーリーになって

おり、特にメゾン・ド・ポリス内での

掛け合いはちょっとした喜劇を見ている

ようでしたね。

 

第1話はストーリーも原作と異なっており、

原作ファンをいい意味で裏切る形の展開と

なっていました。

 

一部原作の良さを壊してしまう設定も

見受けられますが、全体的には原作で

結末を知っていても楽しめる作りになって

いると感じました。

 

原作ファンとして今後の展開も楽しみです。

 

 

 

 - メゾン・ド・ポリス ,