グランメゾン東京

グランメゾン東京 フランス大使館のフェルナン・文則・ベルナール役の俳優は誰?

投稿日:

 

TBSドラマ「グランメゾン東京」第9話では祥平のもとにフランス大使館の職員がやってきます。

 

フェルナン・文則・ベルナールと名乗るこの男を演じた俳優は誰でしょうか。

 

フランス大使館の人間ですが、演じているのはアメリカ人です。

 

 

 

フェルナン・文則・ベルナール役の俳優は誰?

 

マイケル富岡です。

 

母親が日系アメリカ人です。

 

父親はアメリカ空軍将校で府中空軍施設にいたためマイケル富岡も日本で育っています。

 

マイケル富岡自身はアメリカ国籍を持つアメリカ人です。

 

そのためか、自身を「マイケル」ではなく「マイコー」という愛称で呼んで欲しいと語ったこともあります。

 

昭和から平成初期にかけて、まだ若い頃によくTVに出ていましたが最近になってまたバラエティ番組などに出る機会が少しずつ増えてきた気がしますね。

 

 

プロフィール

 

名前:マイケル富岡(まいけるとみおか)

 

本名:Michael Anthony Sheridan

 

生年月日:1961年8月5日(58歳)

 

出身地:東京都府中市

 

国籍:アメリカ合衆国

 

身長:182cm

 

血液型:B型

 

事務所:アンソニープロモーション

 

 

フェルナン・文則・ベルナールとは

 

「文則」という文字があるため日系フランス人のようです。

 

3年前のナッツオイル混入事件関連で祥平に近づいてくる人物です。

 

祥平に向かって「真犯人を見つけた」と言っていますがどういう意味でしょうか。

 

やはり祥平はハメられたのでしょうか。

 

序盤では祥平はなぜか尾花夏樹を憎んでいるような発言をしていますが、中盤以降では「自分がぶち壊したから尾花夏樹の店に行くことができない」というような態度に変わっています。

 

尾花を尊敬しているような態度も見せています。

 

祥平自身に悪気がなかったことが明かされ、グランメゾン東京に合流できるといいですよね。

 

 

最後に

 

TBSドラマ「グランメゾン東京」第9話に登場するフランス大使館職員のフェルナン・文則・ベルナールを演じるのはマイケル富岡です。

 

両親がアメリカ人で自身もアメリカ国籍を持つアメリカ人です。

※母が日系アメリカ人

 

フランス大使館職員なので日系フランス人の役のようですね。

 

ナッツオイル混入事件の真犯人は誰なのでしょうか。

 

祥平はハメられただけだといいですね。

 

 

 

-グランメゾン東京
-

Copyright© ねこねこにゅーす , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.