貞永隆佑は乃木坂オタク!推しメンは? 2018年箱根駅伝は無念・・・

      2017/12/20

 

2018年箱根駅伝で4連覇を狙う青山学院。

 

2017年箱根駅伝の山の5区で存在感を

見せた貞永隆佑が乃木坂オタクだと話題

です。

 

箱根坂を力走した乃木坂オタクについて

調べましたのでご覧ください。

 

スポンサーリンク

 

貞永隆佑は乃木坂オタク

 

2017年の箱根駅伝で山の5区を任され

一躍時の人となった貞永隆佑。

 

その後のテレビでのインタビューなど

でも、乃木坂46オタクであることを

何度も取り上げられました。

 

 

駅伝・マラソンランナーはオタクが多い

 

青学の駅伝メンバーには、重度の

アイマスオタクである下田裕太もいます。

 

長距離ランナーにはオタクが多いです

よね。

 

もちろん全員がオタクなわけではなく、

長距離ランナー=オタクと結びつける

ことはできませんが、長い時間一人で

走り続ける競技ですので、頭の中で

アイドルやアニメキャラクターとの

会話を空想したりすることでオタク化が

進む選手が多いようです。

 

 

坂の好みに関する原晋監督の名言

スポンサーリンク

 

青山学院大学の駅伝監督である原晋は、

貞永隆佑にたいしてこんな名言を残して

います。

 

乃木坂は好きなんだけど

箱根の坂は好きじゃない

 

好きじゃないといっても2017年の箱根では

山の5区というもっともキツイ坂道コースを

任せています。

 

乃木坂46同様に箱根坂も好きになって

最終学年でも5区を走り山の神になって

ほしいですね。

 

 

推しメンは誰?

 

推しメンとは、推しているメンバーの

略です。

 

貞永隆佑の推しメンは桜井玲香です。

 

桜井玲香は乃木坂46のキャプテンを

務めており、愛称はキャップ。

 

自他共に認めるポンコツで、オンオフ

無関係なドジっこぶりがファンの心を

掴んでいます。

 

ちなみに、同じ坂道グループで乃木坂46の

妹分である欅坂46のファンでもあります。

 

さらに、cheekyparade(チキパ)の

ファンでもあり、推しメンは渡辺亜紗美。

 

渡辺亜紗美も

 

こんな感じのポンコツアイドルです。

 

こういうドジっこタイプが好きな

ようですね。

 

 

貞永隆佑のtwitter

スポンサーリンク

 

貞永隆佑のtwitterはコチラです。

 

 

 

本名でtwitterをしているにも関わらず

駅伝に関する内容がほとんどありません。

 

一瞬、同名の別人か貞永隆佑ファンに

よる応援アカウントかと思いました。

 

しかし、過去のツイートを遡ると青学に

入学してからだけでなく、小学生時代の

熊野駅伝の話題がでてきたり、箱根に

出場していなかった頃のツイートも

あるため本人で間違いないはずです。

 

 

twitterの登録住所

 

twitterアカウントは住んでいる地域を

登録できますよね。

 

貞永隆佑は登録地域を

My head is popcorn

としています。

 

乃木坂ファンならピンと来るはずです。

 

14thシングルのヒット祈願でグアムに

訪れた際、貞永隆佑の推しメンである

桜井玲香が外国人に英語で「自分は

ポンコツだ」と伝えるときのセリフですね。

 

 

最後に

スポンサーリンク

 

2017年箱根駅伝では山の5区を力走した

貞永隆佑。

 

2018年は最終学年です。

 

乃木坂46、欅坂46の坂道好きなので

最後も箱根坂で終わりたいですよね。

 

しかし残念ながらエントリーから漏れて

しまったようです。

 

残念。

 

来年からも実業団で駅伝を続けていく

のでしょうか。

 

今後の活躍が見たいですね。

 

 

スポンサーリンク

 

2017年M-1グランプリ 特設サイトはコチラ

アプリ作りました

1
頭脳王でAIが無双した立体三目並べが面白そう!作ってみたよ!
2
立体三目並べのAIが強化されたよ!でもまだどじっこすぎるよ!!

立体三目並べ。
AIがあきらかにバカすぎて、何度もプレーできるレベルではありませんでした。申し訳ありません。
高難易度AIはまだ実装できていませんが、どじっこAIがすこしだけゲームのルールを理解したようです!

3
ガキ使科学博士の後だしジャンケン難しすぎる!アプリ作ったよ!

ガキ使・笑ってはいけない科学博士でダウンタウンの老化がばれた!
あの後出し負けじゃんけんをアプリにしてみました!
だんだん早くなるCOMに何回まで勝負できるでしょうか!
ぜひ挑戦してみてください!!

 - 駅伝