CM

ヤマウラ 2021CMソング 替え歌の元ネタのタイトルは?歌っている女優は誰?

投稿日:

 

橋の上で歌を口ずさむ女性のCMが放送されていますね。

 

どこか懐かしいメロディに乗せて、一般の人々の平凡で幸せな生活と、それを支える建設会社・ヤマウラの姿が描かれています。

 

この歌は日本人なら誰もが知っている、子どもの頃に歌った童謡の替え歌です。

 

元ネタの曲のタイトルと、歌っている女優について調べましたのでご覧ください。

 

 

 

街を造り、日常をつくる。篇

 

今の自粛に次ぐ自粛でがんじがらめな日々だからこそ、「普通の日常」がとても美しく見えますね。

 

「当たり前の日々が幸せだった」というのは使い古されたフレーズですが、それを実体験で理解できた人は多いのではないでしょうか。

 

引用:YouTube 宮下和也

 

 

CMソング 替え歌の元ネタのタイトルは?

 

ふるさと」です。

 

こちらのアルバムの17曲目に収録されています。

 

 

歌っている女優は誰?

 

祷キララです。

 

横浜流星と清野菜名の「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」で、横浜流星が演じた森島直輝の大学の同級生を演じています。

 

その他、昨年2020年には映画「ファンファーレは鳴り響く」で主人公の七尾光莉を演じました。

 

2021年は「サマーフィルムに乗って」という映画が公開予定です。

 

祷キララは21歳ですが女子高生役です。

 

 

Amazon Prime ビデオのWebCMでも制服を着た女子高生役を演じていました。

 

まだ普通に制服が似合いますね。

 

 

プロフィール

 

名前:祷キララ(いのりきらら)

 

生年月日:2000年3月30日(21歳)

 

出身地:大阪府

 

身長:165cm

 

事務所:ステッカー

 

 

最後に

 

建築会社・ヤマウラのCMで歌われている替え歌は「ふるさと」が元ネタです。

 

歌っているのは祷キララです。

 

このCMでは全員がマスクをせずに日々を過ごしています。

 

こういう日々に戻れたらいいですよね。

 

 

 

-CM
-

Copyright© ねこねこにゅーす , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.