ラオス

ビエンチャン 本格カレーとナンのお店 ちょっと高いけど絶品!ただしナンは・・・

投稿日:

 

ビエンチャンでカレーが食べたくなったら

このお店に行きましょう!

 

本格的なインドカレーが食べられます。

 

ローカル食堂と比べるとちょっと高い

かもしれません。

 

メニューを撮ってきましたので参考に

してください。

 

スポンサーリンク

 

 

カレーとナン

 

私がこのお店で注文したのは

カレーとチーズナン、そして

パイナップルシェイクです。

 

※奥に写っているのはつけあわせの生野菜です。

 

注文した後にメニューを眺めていたら

ラッシーが!

 

シェイクとの値段の差額は5000Kip(約60円)

でした。

 

ラッシーにすればよかった。。。

 

※シェイクも美味しかったです

 

 

メニュー

スポンサーリンク

 

画像はこちらです。

 

クリックで大きくなります。

 

 

1ページ目にマスターのこだわりが。

 

味の素使うとなんでもおいしくなりますからね。

 

ちなみにラオスのスーパーでは味の素が

大袋で売られています。

 

 

 

注意

 

このお店は外にもメニューがありますが

やや品ぞろえが少ないです。

 

というのも、外のメニューはテイクアウト用

らしいのです。

 

値段は変わりませんが、ラッシーなどが

なかった気がします。

 

テーブルにもメニューはありますので

落ち着いて中に入ってから注文しましょう。

 

 

オススメメニュー

スポンサーリンク

 

インド料理屋なのでまずはカレーです。

 

日本でインドカレーとして人気のある

バターカレーは存在しないようです。

 

チキンカレーとビーフカレーは20,000Kip

ムトンカレーは40,000Kipです。

 

普通に好きなカレーにしましょう。

 

私はビーフカレーが好きですが

どれも等しく美味しいので個人の好みで

選んでもハズレはありません。

 

 

ナンはちょっとがっかり?

 

チーズナンを頼んだら薄めの生地で

チーズも固形の形が見える状態のものが

来ました。

 

私は厚めの生地でがっつりチーズが

乗っているものが好きなのでちょっと

がっかりです。

 

このあたりは日本人との好みの差なのかも

しれません。

 

普通に日本で営業している本格カレー屋さん

のほうがおいしく感じました。

 

※エクストラチーズナンというメニューが

ありましたが頼んでいません。

 

こちらなら美味しいのかも・・・

 

チーズナンは10,000Kip、

通常のナンは5,000Kipです。

 

 

Wifi

 

このお店はフリーWifiが使えます。

 

ローカル食堂なので長居する雰囲気では

ありませんが、料理が来るまでヒマですし

次にどこへ行くかちょっと調べものをする

のに重宝しますね。

 

なお、Wifiは「Jamil zahip punjabi」です。

よく似た名前のWifiが飛んでいるので

間違えないように注意してください。

 

パスワードは壁に掛かっているボードに

書かれています。

 

店員さんに聞くと持ってきてくれます。

 

※自分で近寄ってメモしてもOKです。

 

 

最後に

スポンサーリンク

 

ラオス・ビエンチャンにある本格的な

インドカレー屋さんを紹介しました。

 

街の中心からちょっとだけ外れますが

徒歩圏内です。

 

急にカレーが食べたくなったらぜひ

行ってみてください。

 

個人的には日本のインドカレー屋さんと

値段が大きく違うわけでもなく、むしろ

日本人の舌には日本のカレー屋さんの

ほうがあうような気さえします。

 

とはいえ急に食べたくなったら日本に

帰るまで我慢なんてできませんよね。

 

バカ高いわけではないので一度挑戦して

みるのもいいかもしれません。

 

 

 

-ラオス
-

Copyright© ねこねこにゅーす , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.