ウクライナ

ウクライナ 入国審査は厳しい?出国チケットは必要?タイから直行便で行った話

更新日:

 

新しい外こもりの聖地として期待されて

いるウクライナ。

 

しかしタイなどの東南アジアと異なり

日本にいてはほとんど情報が入って

きませんね。

 

入国審査は厳しいのでしょうか。

 

入国時に必要なものなどを紹介しますので

ご覧ください。

 

 

なお、当記事は2019年9月現在の最新の

情報ではありますが、あくまで私自身の

体験に基づいたものです。

 

ルールが変わることもありますので

大使館などで必ず最新の情報をチェック

してください。

 

スポンサーリンク

 

 

ウクライナの入国審査は厳しい?

 

過去にGACKTがウクライナの入国審査で

「暴挙を受けた」ことが話題となりました。

 

簡単にまとめると、

・不愛想な態度だった

・何度も睨まれた

・スタンプをパスポートに強打した

・パスポートを投げ渡してきた

とのことです。

 

 

実際の入国審査はどうなのか

 

上記内容だけしか知らないとウクライナは

怖い所というイメージになりますよね。

 

ですが実際はかなり緩いです。

 

旧ソ連圏なのであまり笑顔を見せて

くれませんが、英語を使ってくれますし

そもそも質問自体が「どこから来たの?」

「ウクライナは初めて?」くらいです。

 

ウクライナ国内に何泊するのか、どこへ

行くのかなどは聞かれません。

 

 

入国時に必要なものは?

 

パスポートだけです。

 

空港には入国カードがありますが日本人は

不要です。

 

保険の提示も不要ですが怪我や病気の

リスクを考えたら加入しておくべきです。

 

 

出国用航空券は必要?

スポンサーリンク

 

ウクライナは不要です。

 

海外を放浪したことのある人なら

わかるかと思いますが、帰国便または

第三国への出国チケットを必要とする

国は意外に多いです。

 

タイもそうですよね。

 

ウクライナは入国カードが廃止されたため

そもそも出国航空券を提示するタイミングが

ありません。

 

 

タイの出国時に止められかけた話

 

私は毎回日本から行く際にはタイを

経由しています。

 

そのタイで「帰りのチケットは?」と

聞かれることがあります。

 

ウクライナでは帰国便は要求しませんが

タイ人スタッフは「ウクライナが日本人に

帰国便を求めるかどうか」という情報は

持っていなかったようです。

 

「今まで大丈夫だった。もし必要と

言われたらその場で購入する」

と伝えたるとOKが貰えます。

 

 

タイからウクライナ、11時間の旅

スポンサーリンク

 

最後にタイからウクライナへの飛行機の

内容を紹介します。

 

私がいつも利用しているのはウクライナの

フラッグ・キャリア「ウクライナ国際航空」

です。

 

毎週火曜日と木曜日にバンコク・キエフ

間の直行便が運航されています。

 

ちなみに片道5万円から6万円程度ですが

8月下旬から9月上旬頃に独立記念フェアが

行われ半額になります。

 

往復のチケットを買う必要があるので

ウクライナの後にヨーロッパを回りたい

と考えている人には不向きですが、片道の

料金で往復できることを考えるとかなり

お得ですよね。

 

 

機内食

 

機内食は2回出ます。

 

出発直後と到着の2時間前です。

 

出発直後は一般的な機内食が、

到着直前はサンドイッチが出ます。

 

美味しいとは言えませんが11時間は

長いので助かります。

 

 

スワンナプームで食料を買い込む

 

私は空港にあるファミリーマートで

パンやお菓子を買って持ち込んで

います。

 

ゼリー飲料は100ml以上のものは

持ち込めないので注意してください。

 

後述しますが水はたくさんもらえるので

クッキーやパンのような水分を奪う

食べ物も問題ありません。

 

なお、スワンナプーム空港では出国審査を

通過した後のトイレの前に飲み水用の

水道があり、ペットボトルに補充することが

できますが、マズいです。

 

東京の水道水が飲めるのなら大丈夫かも

しれませんが、ウクライナ国際航空なら

美味しい水が無料でいくらでも貰えます。

 

 

水分補給について

 

11時間は長時間なのでエコノミー症候群が

怖いですよね。

 

ウクライナ航空ではお酒や

炭酸飲料は有料ですが、食事時には

オレンジジュースやトマトジュースを

それ以外にも水を配ってくれます。

 

水についてはCAに頼めばいつでも

持ってきてくれます。

 

 

空席数

 

時期やタイミングによるのでなんとも

言えませんが、私が乗るときはいつも

かなり空いています。

 

乗客率は50%程度でしょうか。

 

ほとんどの人が2席使って横になって

いました。

 

乗客の多くはウクライナ人でタイ人は

少ないようです。

 

日本人は滅多にいません。

 

 

空港ですべきこと

スポンサーリンク

 

ボリスピーリ国際空港に到着したら

とりあえず両替ですね。

 

両替所はありますが日本円のレートは

最悪です。

 

ドルまたはユーロを持ち込むのが

オススメです。

 

私は長期滞在するため日本のクレカや

デビットカードを利用しています。

 

クレジットカードのキャッシングは

可能ですが空港のATMのレートは

かなり悪いので必要最低限だけ降ろして

街に出てから用意しましょう。

 

ちなみに空港でも街中でも日本円の

両替は(レートを気にしなければ)

いろいろなところで可能です。

 

 

SIMカード

 

SIMカードを買いましょう。

 

google mapやgoogle翻訳などを使ったり

わからないことをネットで調べるのに

必要です。

 

なおSIMカードは4日版が100UAHで

4週間版が350UAHのようです。

※ともにネット無制限版

 

以前は1か月が100UAHだったような

気がするのですが宿のWIFIを使って

いたので気が付かなかったのかも

しれません。

 

私はKIEVSTAR派ですが他に

lifecellとvordafonというブランドが

存在します。

 

キエフの街中で利用する分には

どれでも同じですが、vordafonは

テザリングが別料金、lifecellは再起動

するたびにパスワードを入力する

必要があります。

※パスワードはSIMカードがついていた

プレートに書かれています。

 

 

空港から街へ

 

ボリスピーリ空港から街の中心まで

電車が開通しました。

 

80UAHです。

 

ウクライナ・キエフ 2019年 空港からの電車が開通!値段はバスよりも安くて快適!!

 

 

終点・ヴォグザリーナ駅から少し歩いた

ところにスーパーがあり、その奥には

両替屋さんとATMがあります。

 

空港よりはレートがいいのでとりあえず

ここで当面の現金を入手しましょう。

 

 

最後に

スポンサーリンク

 

ウクライナの入国審査や実際にウクライナへ

行った際の様子をレポートしました。

 

第三国へのチケットは不要とされており

入国審査でも要求されるような気配は

一切ありません。

 

未知の国は怖いイメージがありますが

ウクライナは他のヨーロッパよりむしろ

安全ではないかと感じています。

 

日本では紛争のニュースやGACKTが激怒

した話くらいしか伝わっていませんが

物価が安くイケメン・美女だらけの

素敵な国です。

 

最近ちょっと物価が上がっていますが

それでもまだまだ外こもりの対象として

魅力的な国です。

 

興味のある方はぜひ一度遊びに来てみて

ください。

 

 

 

-ウクライナ

Copyright© ねこねこにゅーす , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.