トップナイフ

トップナイフ 世界のクロイワ・黒岩健吾役の俳優は誰?天才だが性格も私生活もめちゃくちゃ

投稿日:

 

日テレドラマ「トップナイフ 天才脳外科医の条件」に登場するトップナイフ(天才外科医)の世界のクロイワこと黒岩健吾を演じる俳優は誰でしょうか。

 

黒岩健吾は脳外科医としての腕は超一流ですが、性格や私生活はめちゃくちゃな人物です。

 

原作小説を基にどんな人物か紹介しますのでご覧ください。

 

スポンサーリンク

 

 

黒岩健吾役の俳優は誰?

 

椎名桔平です。

 

「いい質問だねぇ」でお馴染み、「同期のサクラ」の上司、黒川森雄を演じていた俳優です。

 

2019年には「3年A組」で粗暴な刑事を演じました。

 

続編として放送された「ニッポンノワール」にも登場していましたね。

 

どの役も渋い中年の魅力が詰まった人気のキャラクターでした。

 

今度の黒岩健吾もやや型破りなところがありますが椎名桔平が演じるなら人気が出そうですね。

 

 

プロフィール

 

名前:椎名桔平(しいなきっぺい)

 

本名:岩城 正剛(いわき まさよし)

 

生年月日:1964年7月14日(55歳)

 

出身地:三重県伊賀市

 

身長:180cm

 

血液型:B型

 

事務所:スターダストプロモーション

 

 

世界のクロイワ

 

ここからは原作小説を基にした記述が含まれています。

 

ドラマ版とは一部設定が異なる可能性がありますのでご注意ください。

 

スポンサーリンク

 

 

「世界の〇〇」と聞くと私はどうしても「ナベアツ」を思い出してしまいます。

 

おそらくは「世界のクロサワ」がモトネタだとは思いますが(笑)

 

「世界のクロイワ」はギャグではなく、本当に世界を股にかけて活躍する天才脳外科医です。

 

正式な肩書きは東都総合病院脳神経外科の顧問兼副部長です。

 

ですが、世界中の病院に招聘されてオペをしており、海外に2つ、国内にも3つの病院に籍があります。

 

 

気まぐれな脳外科医の皇帝

 

世界で最も優れた脳外科医に贈られる「トップナイフ賞」を受賞したこともあり、本来医者が言ってはいけないはずの「必ず治します」という言葉を嘘偽りなく有言実行できる天才です。

 

ですが一方で部下には厳しく、オペ中にミスをした看護師を罵倒したり、激怒して病院の備品を破壊したりといったことは日常茶飯事です。

 

「世界のクロサワ」という名誉ある二つ名とは別に、影では「気まぐれな脳外科医の皇帝」とも呼ばれています。

 

もちろん、決していい意味では使われていません。

 

 

女性遊びと子ども

スポンサーリンク

 

黒岩健吾は難しいオペを次々とこなし、多くの取材を受ける多忙な生活をしていますが、その合間を縫って全力で遊んでもいます。

 

ただし素人の女性に手を出すことはなく、専らクラブなどのホステスを相手にしていました。

 

ある日、そのホステスの一人が「あんたの子」と言って5歳から6歳くらいの子を押し付けていきます。

 

 

真実をネタバレ

 

この子は結局黒岩健吾の子どもではありませんでした。

 

元ホステスが新しい男と一緒になる際、「こぶつき」では上手く行かないと考えて勝手に黒岩に押し付けていったのです。

 

その際、DNA鑑定をした医者についても囲い込んで偽造させています。

 

最終的にはその女の新しい男が「子どもがいてもいい」と言い出したために引き取りに来ます。

 

黒岩健吾にとってその男の子は血のつながりのない子だったのですが、終盤では大切に感じるようになっています。

 

 

最後に

スポンサーリンク

 

日テレドラマ「トップナイフ 天才脳外科医の条件」の世界のクロイワこと黒岩健吾を演じているのは椎名桔平です。

 

飄々とした天才を演じさせたらこの人の右に出る人はいないですよね。

 

オペの技術は世界トップクラスですが、一方で性格は極めて粗暴で私生活でもクラブで遊び歩くという人として問題のある人物です。

 

それでも有無を言わせぬ技術力で東都総合病院の「気まぐれな脳外科医の皇帝」として君臨し続けています。

 

 

 

-トップナイフ
-

Copyright© ねこねこにゅーす , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.