下町ロケット

下町ロケット 稲本彰役の俳優は誰?トノさんは彼が嫌い!農業法人はうまくいくの?

投稿日:

 

2018年版下町ロケット。

 

トノさんの父が倒れ、トノさんは毎週

実家に帰り農業を手伝っています。

 

その農業シーンで登場する稲本彰を

演じている俳優は誰でしょうか。

 

ちょっと外見がチャラいですね(笑)

 

スポンサーリンク

 

稲本彰を演じている俳優は誰?

 

岡田浩輝です。

 

To Be Continuedという音楽ユニットで

活動していましたが現在無期限休止中です。

 

本当に「続く」のか怪しくなっています。

 

1994年に放送された「もしも願いが叶うなら」

で毛利鷹志役として出演、さらに挿入歌

「君だけを見ていた」を歌い50万枚超えの

ヒットとなっています。

 

 

プロフィール

 

名前:岡田浩輝(おかだこうき)

 

生年月日:1965年10月26日(52歳)

 

出生地:日本の旗 日本 群馬県太田市

 

身長:178cm

 

血液型:O型

 

事務所:サーブプロモーション

 

 

稲本彰とは

スポンサーリンク

 

イケメンですがややチャラい雰囲気の

ある農家の稲本彰。

 

トノさんの実家周辺の農家仲間の

リーダー的役割をしている人物です。

 

とはいえ農業は厳しく、生き残るために

農業法人を作っています。

 

農家一筋でやってきた稲本彰の計画は

かなり杜撰なもので農林協の後ろ盾で

なんとかやっているような状況です。

 

 

稲本彰と殿村直弘

 

トノさんとは高校での同級生です。

 

トノさんの父親が倒れたということで

その田んぼを目当てに声をかけてきて

います。

 

要は殿村家の田んぼを買い取り自分たち

農業法人の作地面積を広げたいという

ことです。

 

当初はトノさんは農家を継がないと

言っていたため使わなくなってしまう

なら安く手に入るだろうと踏んだ

ようですね。

 

当然、トノさんもトノさんの父親も

反対しています。

 

 

農業法人

スポンサーリンク

 

経営計画を立てたことのない農家の息子

には法人を運営する能力がなく、将来の

計画もかなり杜撰です。

 

たとえば農地を増やしていくという

計画に具体案はないですし法人として

田んぼを増やしても結局参加人数で

割ると一人あたりの収入は一人で

やっているときと変わらないという

結果になってしまっています。

 

田んぼが一箇所にまとまっており

大型トラクターなどで一度にできる

のであればいいのですが、結局使っている

農機具などは一般のものなので複数で

やる意味があまりありません。

 

もちろん、高齢化に伴って体調不良など

農作業ができなくなったときに手伝う

ことができるので保険という意味では

すばらしい案ではあります。

 

 

本当は熱い漢・稲本彰

 

稲本たちの地域では台風が直撃する

可能性があり、予定より早く稲刈りを

する必要が出てきました。

 

稲本の農業法人では刈り取りが遅れ、

間に合わなくなってしまいます。

 

後ろ盾である農林協の吉井が「共済に

入っているから大して損はしない」と

言ったことに大激怒。

 

損得勘定だけではなく、大切に育てた

米への熱い想いをぶちまけています。

 

不真面目な雰囲気のあった稲本彰ですが

米作りに関しては本気で取り組んで

いることがわかるシーンです。

 

 

最後に

スポンサーリンク

 

下町ロケットでトノさんの田んぼを

狙う稲本彰を演じるのは岡田浩輝

でした。

 

やや計画に難のある農業法人を立ち上げて

おり、銀行員の経歴をあてにしてトノさんを

勧誘しています。

 

自分本位なキャラクターに見えますが

米作りには熱い気持ちを持っており、

農家のことを理解していない農林協の

吉井の不誠実な一言には大激怒して

います。

 

 

-下町ロケット
-,

Copyright© ねこねこにゅーす , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.