なつぞら

なつぞら 第8話 なつの最大の理解者?泰樹の言葉が重い!怒りを通り越した感情とは

投稿日:

 

なつぞら第2週(第7話)からは

なつが家出をしています。

 

柴田家は家族総出でなつを探しに帯広へ

やってきます。

 

その際に語った泰樹の言葉が重いと話題に

なっています。

 

前回のアイスクリームのときの言葉も

話題でしたね。

 

なつぞら第4話 草刈正雄のセリフは現代社会への風刺?働き方への考え方が泣けると私の中で話題に

 

スポンサーリンク

 

 

泰樹の言葉

 

怒りなんてのはとっくに通り越してる。

 

怒る前に、あの子は諦めとる。

 

諦めしかなかったんだ。

 

それしか生きるすべがなかったんじゃ。

 

あの年で・・・

 

怒れるものはまだ幸せだ。

 

自分の幸せを守るために人は怒る。

 

今のあの子にはそれもない。

 

争いごとを嫌ってあの子は怒ることが

できなくなった。

 

あの子の望みはただ生きる場所を得ることじゃ。

 

 

自分自身が北海道の開拓という難しい

環境にいたからなのでしょうか、柴田家の

誰よりもなつのことを理解している

ようですね。

 

 

柴田牧場は生きる場所にはならなかったの?

スポンサーリンク

 

柴田牧場では不満だったのでしょうか。

 

兄に会いたくなって家出したものと

思っていましたが、泰樹の言葉によると

「生きる場所」が欲しくてもがいている

ということになりますね。

 

寝床と食事を与えられ、仕事や学校まで

行かせてもらっている状況でも不満が

あるのでしょうか。

 

柴田家の大人たちにやたらと気を遣って

しまう状況が辛いのかもしれませんが

逃げ出すことでなお状況は悪化しますよね。

 

子供なのでそこまで想像が及んでいない

のかもしれませんが、私にはちょっと

なつの行動がよくわかりませんでした。

 

単純に兄から手紙がもらえないことで

恋しくなって飛び出したという程度で

あれば理解できたのですが、生きる場所を

探して飛び出したとなるとちょっと贅沢な

願いに感じてしまいますね。

 

 

今後のなつはどうなる?

 

大半の予想通り、柴田家に戻ります。

 

「いい子ちゃん」を続けていたなつが

どんな顔で柴田家に戻るのか、そして

夕見子たちとどうやって打ち解けていく

のか、気になりますね。

 

今回の家出騒動で状況は悪化しています。

 

当初から心を閉ざしていたなつがここから

本当の家族のように心を許すのはかなり

険しい道のりになりそうです。

 

その過程を描く尺は残っていない

ようですが・・・

 

 

最後に

スポンサーリンク

 

なつぞら第2週で家出をしたなつの

気持ちを代弁した泰樹。

 

「怒りを通り越した諦めの感情」を

子供が持つというのは悲しいですね。

 

柴田家が「生きる場所」になっていなかった

というのも辛い話です。

 

今後、なつは柴田家に戻ることになりますが

ここまでこじれた状態の関係を直すことが

できるのでしょうか。

 

子供時代はもう少しで終了です。

 

それぞれの人物の感情をきちんとまとめる

ことができるのでしょうか。

 

 

 

-なつぞら
-,

Copyright© ねこねこにゅーす , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.