ウクライナ キエフ観光の注意点 詐欺に注意!猿や鳥を持った人に近づくな!!

      2018/09/20

 

僕はウクライナが大好きです。

 

ドネツクなど東側には現在進行形で問題が

起きていたり、政変後通貨が大暴落したりと

大変なことになってはいますが、西側の

地域に住む人たちは平和で楽しそうです。

 

そんなウクライナの首都キエフですが

治安は比較的良好ですが詐欺師が多いです。

 

個人的最も凶悪だと感じる詐欺は以下の

着ぐるみ詐欺の亜種です。

 

特に男性は必ず読んでおいてください。

ウクライナ キエフは着ぐるみ詐欺に注意!男性をターゲットに極悪な亜種も!?

 

スポンサーリンク

 

写真撮影詐欺

 

こちらも着ぐるみ詐欺同様、独立広場

近辺で多く出没している詐欺です。

 

小さな猿や鳩、オウムなどの鳥を勝手に

肩に乗せて写真を撮ってきます。

 

 

詐欺師と非詐欺師が混在中

 

実はこの動物を連れた人の中には

良心的な価格で写真撮影をする人も

います。

 

1回あたり20グリブニャ(約80円)

というケースを聞いたことがあります。

 

しかし、着ぐるみ詐欺同様1000グリブニャ

など高額な要求をしてくる詐欺師もおり、

旅行者にそれらを見分けることは不可能

です。

 

 

どうしても撮りたいなら

スポンサーリンク

 

まず値段を確認しましょう。

 

スマホの録音機能、または動画で

残しましょう。

 

詐欺師たちは最初と最後で言うことが

変わりますので、安い金額を提示された

としても録音などで証拠を残すくらい

警戒が必要です。

 

 

回避方法

 

多少珍しい動物だったとしてもどうしても

撮影したいという人は少ないでしょう。

 

そんなことよりも避ける方法が知りたい

ですよね?

 

簡単です。

 

「動物アレルギーだ」

と主張してください。

 

I'm animal allergy!!

アイム アニマル アレルギー!!

これだけで十分です。

 

ウクライナ語やロシア語で伝える必要は

ありません。

 

ほとんどの詐欺師はそれでも強引に

肩に乗せてきますが、逆側に顔を背けて

咳を連発していればさすがに離れて

くれます

 

動物詐欺は写真撮影するまでチップを

要求してこないので、とにかく嫌がり

写真を撮らなければ問題ありません。

 

 

チップを断り続けたらどうなるか

 

僕は現地の友達と独立広場で待ち合わせを

することが多く、詐欺師にひっかかって

いる旅行者をよく目撃します。

 

動物詐欺師は横のつながりがあるようで

チップを断っているとどんどん集まって

きます。

 

ウクライナ男性はガタイがよく、眼光も

鋭いのでとても怖いです。

 

筋肉があるので殴り合いになったら

大怪我になりますので、ゴネるのは

避けたほうがよさそうです。

 

 

最後に

スポンサーリンク

 

動物詐欺師はニコニコしながら動物を

観光客の肩に乗せてきます。

 

良心的な動物使いもいるため無下に

つっぱねるのも悪い気がしますが

詐欺師と見分けられない以上、危険は

避けたほうがいいでしょう。

 

旅行中はテンションが上がって変わった

写真を撮りたくなりますが、彼らの

動物はウクライナ固有の生き物では

ありません。

 

キエフには動物園もありますので、動物の

写真が撮りたかったら動物園に行きましょう。

 

 

 

アプリ作りました

 - ウクライナ ,