中学聖日記 第5話あらすじのネタバレ!不登校のあきらと素敵な親友・九重順一郎

      2018/10/31

 

本記事は漫画版の第5話ネタバレと

なっています。

 

ドラマ版の第5話に相当しそうなのは

漫画版では第12話あたりです。

 

中学聖日記 第12話 あらすじのネタバレ!第一部完!聖先生ざまぁ!!退職&婚約破棄!

原作漫画とドラマではかなりストーリーが

変わっています。

 

 

漫画版の第5話あらすじをネタバレ気味に

お送りします。

 

雨の中歩いて帰ったことで風邪を引いた

あきらですが、そのまま学校を休み続けて

います。

 

この回ではあきらの親友・九重順一郎が

輝いています。

 

こんな友人がいたら人生が楽しくなりそう

です。

 

一方のるなちは聖先生への敵対心を

膨らませていきます。

 

中学聖日記 第4話あらすじネタバレ!るなちの初告白と聖先生へのエグイけん制

 


 

あきら、ひきこもり開始

 

当初は風邪で休んでいたはずが、

治っても不登校が続いています。

 

1週間もたった頃、クラスではあきらが

休み続けていることに疑問の声が上がる

中、るなちがボソっと

担任がヘンな目で見るからじゃ

ないですかぁ?

と爆弾発言。

 

教室は静まり返り、全クラスメイトの

目がるなちの元へ集中します。

 

 

九重順一郎とのさんぽ

スポンサーリンク

 

「あの日」に放置した自転車を取りに

行こうとあきらが外出すると、偶然

親友の九重順一郎と出会います。

 

呑気に散歩がてら自転車を取りに行く

二人。

 

九重順一郎はあきらが不登校になって

いることを心配しつつも、どこか呑気に

不登校前と変わらない空気感で接して

います。

 

 

あきらと順一郎のコイバナ

 

放置した自転車のところまで来たものの

鍵を忘れたあきら。

 

途方にくれつつも話題は恋話へ。

 

坊主の野球少年風の九重順一郎ですが

それなりに好きな人がおり、告白したり

玉砕したり楽しんで(?)いるようです。

 

あきらは聖先生が初恋でそれまで

人を好きになったことがなく、親友が

ちゃんと恋愛をしていることに驚きを

隠せません。

 

 

あきらの母がやってくる

スポンサーリンク

 

なぜか母親が車で通りかかり、さらに

自転車のスペアキーを車内に常備して

いるというミラクルを起こし無事に

自転車を回収できたあきら。

 

一方の九重順一郎は歩きだったために

あきらの母親の車で帰宅です。

 

その車中、あきらの母は突然

「末長聖ってどんな先生?」

と探りを入れだします。

 

なお、ここでは描かれていませんが

九重順一郎は「キレイな先生」と

聖先生を賞賛します。

 

このことで九重順一郎はあきらと

絶交することになります。

 

 

夜の学校 あきらの告白

 

相変わらず要領の悪い聖先生は毎日

残業しています。

 

施錠の時間が来て聖先生が帰ろうと

すると、校庭にあきらの姿が。

 

あきらは突然

ぼく、先生の顔見ると

イライラするんです

と独白を始めます。

 

月曜からちゃんと学校来なさい

と教師らしいセリフを吐く聖先生。

 

行きます

そのかわりぼくのこと

嫌いにならないでください

 

「イライラするんです」から「行きます」

までの間にあきらのセリフはありません。

 

言動が支離滅裂すぎて扱いに困りますね。

 

しかも最後にはなぜかあきらは涙を

流しています。

 

 

個人的感想

 

九重順一郎の親友っぷりがイケメンすぎ

です。

 

あきらが不登校になっていることに心配

しつつも、変に気を使わずいままで通りの

態度で接しています。

 

こういう友人がいるとおかしな思考回路を

持ったあきらのような子でも道を誤らず

すみそうですよね。

 

 

一方のあきらは相変わらずどういう思考を

しているのかわかりません。

 

自分が教師だったら耐えられず自分まで

精神を病んでしまいそうです。

 

 

最後に

スポンサーリンク

 

ちょっと本気で頭が心配になってくる

あきらと、親友っぷりが素敵すぎる

九重順一郎。

 

あきらはイライラすると言った相手に

嫌わないでと泣きついてみたり正直

関わりたくない問題児になっています。

 

手がかかる子ほどかわいいとはいえ

限度があるような気がしますね。

 

第6話に続きます。

中学聖日記 第6話のあらすじをネタバレ!不登校のあきら、学校へ。実は異常な聖先生

 

 

 

アプリ作りました

 - 中学聖日記 , ,