駅伝

箱根2019 大苦戦の早稲田シード落ちの可能性も!中谷雄飛は復活の立役者になるか?

投稿日:

 

2018年2017年と2年連続3位という成績で

名門に恥じない実力を見せていた早稲田。

 

ですが今シーズンは色々噛み合っておらず

優勝どころかシード権すら危ういのでは

という声まで上がっています。

 

そんな中、去年高校3年生で日本人相手に

無敗を誇ったスーパールーキー中谷雄飛に

注目が集まっています。

 

 

中谷雄飛

 

まずは基本情報を確認していき

ましょう。

 

名前:中谷雄飛(なかやゆうひ)

 

生年月日:1999年6月11日(19歳)

 

出身中学:下諏訪中学校

 

出身高校:佐久長聖高校

 

身長:169cm

 

体重:57kg

 

血液型:O型

 

 

スーパールーキー

 

早稲田大学は毎年高校時代にトップクラス

だった学生が入学してきています。

 

その中でも中谷雄飛は別格です。

 

高校3年生で圧倒的な速さを見せており

今シーズンも大学1年生ながら出雲で

3区4位、全日本では3区2位の好成績を

残しています。

 

結果的にはどちらも区間賞を逃して

いますが大学駅伝のスター選手たちと

トップ争いができるレベルにあります。

 

さらにはU20世界選手権に5000mで出場

しており、今後世界レベルの選手としての

活躍が期待されています。

 

 

乃木坂ファン?

 

好きな芸能人は西野七瀬です。

 

西野七瀬は言わずとしれた乃木坂46の

中心メンバーでした。

 

ただし卒業を発表しています。

 

西野七瀬卒業のニュースが走りに

影響するかどうか気になりますね。

 

なお出雲駅伝・全日本大学駅伝はともに

卒業発表の後のレースです。

 

早稲田大学全体で見ると大惨敗ですが

中谷雄飛単独では十分な結果を出して

います。

 

メンタル面での心配はなさそうです。

 

 

早稲田大学、シード争いの可能性も?

 

早稲田大学といえば毎年優勝候補に名を

連ねている名門校です。

 

ですが今シーズンは非常に厳しい状況となって

います。

 

今シーズンの出雲は10位、全日本は15位

という成績に終わっています。

 

どちらも早稲田の主力選手である永山博基、

太田智樹が故障で欠場しており、箱根に

間に合うかが怪しい状況となっています。

 

前年の3位に入賞した箱根駅伝チームは

半数が4年生で構成されており最上級生が

抜けた上にツートップが故障というのは

非常に厳しいです。

 

太田智樹は間に合う可能性があるようですが

それも11月・12月の最終調整次第といった

ところのようです。

 

全日本大学駅伝と同じような展開になれば

優勝どころかシード権争いの可能性まで

ありそうです。

 

 

中谷雄飛は名門復活の立役者になれるか?

 

2019年の箱根駅伝ははっきり言って

優勝は無理でしょう。

 

一応「3位以内」を目標に掲げていますが

前シーズンまでの輝きを失うことは間違い

ありません。

 

そんな中、1年生の中谷雄飛は次シーズン

以降の復活の立役者になれるでしょうか。

 

実は中谷雄飛は駅伝だけでなくトラック競技

にも力を入れています。

 

「箱根がすべて」という考え方をしておらず

むしろ箱根をトラックにつなげるという

考え方をしています。

 

箱根に目標を絞っているほかの選手たちとの

違いがどう影響するのでしょうか。

 

どちらにしても中谷雄飛はまだ1年生です。

 

2019年を含めて4回箱根駅伝に挑戦

できますし、トラック競技も来年以降

さらなる活躍をしていくことでしょう。

 

世界的スターとなって「中谷雄飛の早稲田」

と呼ばれるチームになるかもしれませんね。

 

 

最後に

 

2019年の箱根駅伝では早稲田大学がかなり

苦戦を強いられることになりそうです。

 

毎年優勝争いをしている名門校ですが

主力メンバーの相次ぐ故障で準備が間に合うか

微妙なラインです。

 

下手をしたら早稲田大学が予選会に参加する

という悪夢のような出来事が発生するかも

しれません。

 

そんな中、高校時代に大活躍をしていた

スーパールーキーがどこまで活躍できる

でしょうか。

 

将来はトラックでも活躍する可能性が高い

有望な選手です。

 

頑張ってほしいですね。

 

 

 

-駅伝
-, ,

Copyright© ねこねこにゅーす , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.