グランメゾン東京

グランメゾン東京 伝説の食材ハンター・峰岸剛志を演じた俳優は誰?ガンコ職人が…

投稿日:

 

TBSドラマ「グランメゾン東京」の第3話では伝説の食材ハンター・峰岸さんが登場します。

 

「伝説の食材ハンター」と聞くとギャグのように聞こえますが登場人物たちは至って大真面目でした。

 

演じた俳優を調べましたのでご覧ください。

 

スポンサーリンク

 

 

伝説の食材ハンター・峰岸さんを演じる俳優は誰?

 

石丸幹二です。

 

劇団四季の舞台俳優として活動していました。

 

現在は「題名のない音楽会」の6代目司会者として活躍中です。

 

また、グランメゾン東京と同時期にNHKで放送されている少年寅次郎にも御前様役で出演しています。

 

 

プロフィール

 

名前:石丸幹二(いしまるかんじ)

 

生年月日:1965年8月15日(54歳)

 

出身地:愛媛県新居浜市

 

身長:174cm

 

血液型:A型

 

事務所:ソニー・ミュージックエンタテインメント

 

 

伝説の食材ハンター・峰岸さんとは

スポンサーリンク

 

静岡県浜松市のスマホの電波も入らない山奥でレストランを開いている猟師です。

 

自分自身で山に入り鹿やきのこなどの食材を採っています。

 

猟銃ではなく罠で獲物を捕まえ、レストランの裏で捌いているため一般的に流通している肉よりも臭みがないのが特徴です。

 

 

ガンコ職人が仲間になった

 

尾花夏樹たちはジビエ料理のコンクールに参加するのですが、gakuのオーナーである江藤不三男による策略で一般の業者は買い占められていました。

 

なお実際にコンクールに使った肉は峰岸さんのものではありません。

 

尾花夏樹がわざわざコンクールの当日に峰岸さんに料理を食べさせて信頼を勝ち取り、今後のジビエの調達の約束を取り付けました。

 

別の日でもよかった気がしますね。

 

 

ガンコもの同士共鳴する

 

初対面時、尾花夏樹は峰岸さん相手にガンを飛ばし、話の最中でそっぽを向きました。

 

さらには「本当に世界一なんですかぁ」と煽りだし怒らせています。

 

「ガンコな職人相手には効果的」だそうですが、尾花夏樹は誰相手にもこの方法しか取っていないように見えますね。

 

「命をいただいているんだ」と峰岸さんがポリシーを語った後、なぜか「じゃあ峰岸さんより美味いジビエを作ったら譲ってもらえますか?」と聞いています。

 

なにが「じゃあ」なのでしょうか。

 

なお最終的には食材を余すところなく使い「命の大切さ」も伝えたことで峰岸さんも納得しています。

 

 

最後に

スポンサーリンク

 

TBSドラマ「グランメゾン東京」第3話から登場する伝説の食材ハンター・峰岸さんを演じるのは石丸幹二です。

 

第3話では結局峰岸さんの鹿肉は使っていません。

 

今後、実際にオープンしてからは使うようなので今後も登場しそうですね。

 

「峰岸さんのところから卸してもらっている肉」という設定だけで本人は登場しない可能性もありますが。

 

 

 

-グランメゾン東京
-

Copyright© ねこねこにゅーす , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.