チアダン

チアダン 学校に乗り込んできたほのか(橘穂香)の父親は誰?太郎先生がいれば怪我は回避できた?

投稿日:

 

ドラマ版チアダン第6話では、前話で

交通事故にあった漆戸太郎先生が部活に

顔を出せなくなりつつも、部員たちだけで

練習を続けました。

 

しかし、練習中にほのか(橘穂香)が

怪我をしてしまいます。

 

これによりほのかの父親をはじめとした

保護者たちが学校に乗り込んできます。

 

なぜ「大人」は高校生の夢を潰したがる

のでしょうね。

 

ほのかの父親役の俳優は誰でしょうか。

 

調べましたのでご覧ください。

 

スポンサーリンク

 

ほのかの父親・橘誠一役の俳優は誰?

 

演じているのは宍戸開です。

 

目ヂカラが強いですよね。

 

 

学校に乗り込んだときの作業着には

橘建設と書かれていますね。

 

ほのかは建設業の社長の娘ということに

なります。

 

ほのかは中学までバレエを習っていた

という設定があります。

 

橘建設は羽振りがよく、箱入り娘として

かわいがっていたのでしょう。

 

怪我をした愛娘の部活に問題があったと

なれば乗り込んでくる気持ちもわからなくは

ないかもしれませんね。

 

 

プロフィール

 

 

名前:宍戸開(ししどかい)

 

生年月日:1966年9月4日(51歳)

 

出生地:東京都

 

身長:180cm

 

血液型:B型

 

事務所:株式会社acali

 

 

ほのか役の女優は誰?

スポンサーリンク

 

今回のチアダンで部活中に怪我をした

ほのか役の女優についてはこちらの

記事をご覧ください。

 

チアダン出演に対するコメントなども

掲載しています。

 

チアダンキャスト 現実主義者の橘穂香役は誰?柔らかい身体は中学時代に秘密が!

 

 

大人は子供の夢を潰したがる

 

ほとんどの親は子供の夢を壊したがり

ますよね。

 

親が子供に望むのは「安定した未来」で、

リスクのある賭けや将来の仕事に結び

つかない趣味にはとにかく反対する傾向が

あります。

 

怪我で一生を棒に振ってしまったり、

遊びに夢中で将来なりたい仕事に就け

なくなってしまうことを防ぐために

軌道修正をしたいという気持ちは

わかります。

 

ですが、その手の親の希望を全て聞いたら

面白みのない没個性な大人になって

しまいます。

 

飛びぬけた才能もなく、趣味に打ち込んだ

こともない人間は果たして魅力的な大人と

いえるでしょうか。

 

 

そもそも太郎先生がいたら怪我は回避できたのか

スポンサーリンク

 

これまでドラマを見てきた方ならご存知の

通り、太郎先生は何もしていません

 

そもそも太郎先生はチアリーディングに

ついて完全な素人でした。

 

チアダンス部顧問に就任してからは色々と

勉強をしていますが、それでも部活では

ほとんど椅子に座って部員の自主性に

任せてきました。

 

ですので、仮に太郎先生が健在だとしても

怪我はありえたはずです。

 

顧問がいないから怪我をした。

 

だから部活は廃部だ!

 

という論法は間違っていますよね。

 

 

ただし「顧問を置かない部活は廃部という

規則」が存在するのであれば別です。

 

怪我云々ではなく規則は守るか改変

しなくてはなりません。

 

特例はルールの破綻を招くため、

規則そのものをしっかりとした手順で

かえるべきですよね。

 

 

最後に

スポンサーリンク

 

ドラマ版チアダン第6話で学校に乗り込んで

きたほのかの父親・橘誠一役の俳優は

宍戸開でした。

 

教頭先生といい保護者たちといい、

大人は子供の夢を潰すのが好きですよね。

 

たしかに怪我をしたことは問題ですが

それで全てを諦めさせようとするのは

極論すぎます。

 

問題があるなら「じゃあどうするか?」を

子供と一緒に考えられる親でいて欲しい

ですね。

 

 

 

-チアダン
-,

Copyright© ねこねこにゅーす , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.