頭に来てもアホとは戦うな 第5話 本物の日の出製作所社長ニシムラ役の俳優は誰?

   

 

日テレ「頭に来てもアホとは戦うな」の

第5話では「自分ルールアホ」と戦って

いました。

 

小太郎は日の出製作所の社長に仕事の依頼を

するためにサウナで仲良くなる作戦を決行

します。

 

しかしその自分ルールアホはなんと

ただの町大工。

 

本当の社長は自分ルールアホに従う

金魚のフン的な人物でした。

 

自分ルールアホの木村雄三を演じて

いた人物や自分ルールアホの攻略法に

ついてはこちらをご覧ください。

 

頭に来てもアホとは戦うな 自分ルールアホ木村雄三役の俳優は誰?攻略法は?

 

スポンサーリンク

 

 

日の出製作所のニシムラ社長を演じた俳優は誰?

 

八十田勇一です。

 

コントユニット「U-1グランプリ」の

第1回公演に出演しています。

 

大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺」で

三遊亭小円朝役を演じている俳優という

ほうがわかりやすいかもしれませんね。

 

 

プロフィール

 

名前:八十田勇一(やそだゆういち)

 

生年月日:1965年5月25日(53歳)

 

出身地:愛知県

 

身長:173 cm

 

血液型:AB型

 

事務所:リコモーション

 

 

ニシムラ社長、サウナではどこにいた?

スポンサーリンク

 

小太郎が初めてサウナに訪れた際に

入り口付近で睨みつけてきた男性です。

 

サウナ内の序列は2位か2位、行進の際には

大将のすぐ後ろを歩いています。

 

サウナでの定位置は小太郎の右隣り

(画面左側)です。

 

 

最終的にちょっとオネェのような喋り方に・・・

 

サウナでは全くその気配はありません

でしたが日の出製作所ではニシムラ社長は

なぜかオネェ(を隠している)ような

キャラクターになっていましたよね。

 

なぜなのでしょうか。

 

ネットでは「サウナ好き=同性愛者」

という無茶苦茶な推理(?)をしている

方がいました。

 

たしかに昔からサウナは「そういう」人が

楽しむ場所として冗談半分で語られては

います。

 

ですがサウナはそういう場所ではありません。

 

サウナや銭湯、温泉を好きな人をそういう目で

見る風潮はやめていただきたいですよね。

 

 

最後に

スポンサーリンク

 

日テレ「頭に来てもアホとは戦うな」

第5話に登場した日の出製作所の社長の

ニシムラを演じていたのは八十田勇一

です。

 

サウナで自分ルールを振りかざしている

人物がメインでしたが小太郎にとって

重要な人物はその人ではなく子分的な

存在の人物でした。

 

予想外の展開だったので面白かった

ですね。

 

自分ルールアホへの対策は全く理解

できませんでしたが。

 

 

 

 - 頭に来てもアホとは戦うな