頭に来てもアホとは戦うな 勘違いアホの漫画家BBA 宮西シオン役の女優は誰?

      2019/05/07

 

日テレドラマ「頭に来てもアホとは戦うな」の

第3話に登場する漫画家・宮西シオンを

演じる女優は誰でしょうか。

 

最近私の視聴しているドラマによく

登場しています。

 

ちょっとウザいキャラクターの配役が

多い気がしますね。

 

スポンサーリンク

 

 

宮西シオン役の女優は誰?

 

峯村リエです。

 

表情や立ち振る舞いが弱弱しいので

気付きにくいですが意外に大柄な女性

です。

 

174cmもあります。

 

その体格から、過去に女子プロレスラーに

スカウトされた経験があるそうですよ。

 

大河ドラマ「真田丸」で大蔵局を演じた際の

「なりませぬ」というセリフが一時期代名詞に

なっていました。

 

最近では日テレ「あなたの番です」で

姑にいびられる嫁の役を演じています。

 

 

プロフィール

 

名前:峯村リエ(みねむらりえ)

 

生年月日:1964年3月24日(55歳)

 

出身地:東京都

 

身長:174cm

 

血液型:A型

 

事務所:シス・カンパニー

 

 

宮西シオンとは

スポンサーリンク

 

「機工戦士ガルゲリオン」の原作者です。

 

小太郎はガルゲリオンのおもちゃ化のため

ライセンス契約の交渉に訪れますが、

宮西シオンは恋のアプローチだと勘違い

して振り回されます。

 

 

脳内お花畑アホ

 

実はこの手のアホはすでにドラマに登場

していますよね。

 

そう、小太郎の幼馴染の野村由里(演:

若月佑美)です。

 

子供のころの幼馴染と就職先の会社で

再会したことを運命と考え舞い上がって

います。

 

 

恋愛脳アホへの対処法

スポンサーリンク

 

原作書籍は「〇〇アホへの対処法」

という形では書かれていません。

 

さらに原作者は元政治家のおじさん

なので恋愛関係には一切触れられて

いません。

 

ですので、第3話の対処法については

原作とは関係ない内容になりそうです。

 

それでもあえて原作書籍からピックアップ

するなら以下の内容となりそうです。

 

 

メンツより実利

 

原作書籍では個人のメンツを受け流す

おおらかさを持つことが必要と説いて

います。

 

これを適用するのであれば自分が好き

でもないBBAと付き合うことで仕事が

上手くいくなら超年上好きの陰口を

叩かれても実利(ライセンス契約)の

ために利用せよということになります。

 

おそらく原作者の言いたいことはそういう

ことではないでしょうし、私も相手の

恋愛感情を利用するのは道徳的に間違って

いると思います。

 

 

アップサイドのある人だけに絡め

 

匿名性の強いネットで攻撃してくる人など

「どう転んでも損しかしない相手」とは

絡まず、一目散に逃げるべきとしています。

 

一方で自分の得になるのであればその面を

うまく引き出すべきとしています。

 

 

人を意のままに動かす技術

 

では具体的にどうすれば相手に自分の

要求を飲んでもらえるかという点ですが

まずデール・カーネギーの「他人を動かす」

3原則をあげています。

 

・非難するな

・認めよ

・相手の欲しがるものを理解せよ

 

当たり前といえば当たり前ですが

現実ではつい忘れがちですよね。

 

要は相手をリスペクトして尊重すべし

ということです。

 

相手と自分の共通して目指している

部分をみつけ、自分の欲求が相手にも

利益になる状況がベストです。

 

 

追記 ドラマでの対処法

 

勘違いアホにはシンクロせよ

 

とのことでした。

 

本編を見ていない人には意味がわからない

と思いますので簡単に説明しますと、相手に

あわせて行動するということです。

 

今回の勘違いアホは宮西シオンという

年上の女性でした。

 

そして宮西シオンが望んだのは小太郎と

付き合うことです。

 

小太郎はそれにあわせて彼氏役を演じ、

無事に契約金ゼロで漫画のおもちゃ化権利を

獲得しました。

 

・・・呆れますね。

 

このドラマはコメディなので真面目に

対処法を考えてはいけないようです。

 

それにしても相手の恋心を利用して

契約金ゼロという最悪の条件で契約を

結ぶとは。

 

原作者も同じ考えなのでしょうか。

 

私は絶対にこの方法は取りたくないですし

取られたくありません。

 

 

最後に

スポンサーリンク

 

日テレドラマ「頭に来てもアホとは戦うな」の

第3話に登場する漫画家・宮西シオンを

演じるのは峯村リエです。

 

いい年して恋愛脳な勘違いアホです。

 

原作書籍には「恋愛脳」相手の対処法は

ありませんが、「どんな相手にもリスペクトを」

という基本原則に則った対応が正解の

ような気がします。

 

ドラマではどんな対処法で乗り切るので

しょうか。

 

第1話から登場している幼馴染の野村由里も

「脳内お花畑の恋愛脳アホ」です。

 

こちらもどう対処していくのか気になり

ますね。

 

 

 

 - 頭に来てもアホとは戦うな