頭に来てもアホとは戦うな 自分ルールアホ木村雄三役の俳優は誰?攻略法は?

   

 

日テレ「頭に来てもアホとは戦うな」の

第5話では自分ルールを押し付けるアホが

登場します。

 

このアホを演じる俳優は誰でしょうか。

 

また、自分ルールアホの攻略法も紹介

しますのでご覧ください。

 

スポンサーリンク

 

 

自分ルールアホ・木村雄三役の俳優は誰?

 

嶋田久作です。

 

名わき役として様々なドラマに出演して

いますよね。

 

最近では「フルーツ宅配便」の丸谷、

「さすらい温泉 遠藤憲一」の倉本淳之助

などを演じています。

 

欅坂46のドラマ「徳山大五郎を誰が

殺したか?」には遺体役というとんでもない

役で登場しています。

 

 

プロフィール

 

名前:嶋田久作(しまだきゅうさく)

 

本名:嶋田哲夫

 

生年月日:1955年4月24日(64歳)

 

出身地:神奈川県横浜市瀬谷区

 

身長:180cm

 

血液型:O型

 

事務所:ザズウ

 

 

自分ルールアホとは

スポンサーリンク

 

法律などの公的なルールではなく自分だけの

ルールを他人にも強制するアホです。

 

世の中にいっぱいいますよね。

 

本人にとっては「明文化されていないけど

常識的なこと」となっている場合が多い

です。

 

 

自分ルールアホの攻略法

 

原作書籍での自分ルールアホの攻略法を

紹介します。

 

ただ、原作書籍は「〇〇には××」という

一問一答形式では書かれていません。

 

また、私の独自解釈が含まれており

原作者の言わんとしていることと異なる

可能性もあります。

 

参考程度にご覧ください。

 

 

小さな合意から積み重ねる

 

自分ルールを押し付けてくる人の中には

感情的なルールを持っている人がいます。

 

「俺が気に入らないからダメ」などが

その典型ですね。

 

感情は容易には覆せず、正論で立ち

向かっても「嫌なものは嫌」と意固地に

なってしまい埒が明きません。

 

そういう場合は誰でもNOと言わないで

あろうレベルから合意を積み重ねていくのが

いいでしょう。

 

相手がOKだと認めているものがわかれば

まずはそこからです。

 

隣に座ってもいいか、会話をしてもいいか

というレベルまで落とし込めば断られる

ことは少ないです。

 

 

突き抜けたプレゼンはテクニックより本気度

 

これはドラマのような「プライベートから

攻め落とす」というパターンとは違いますが

自分ルールアホにも有効な手法なので

ここで紹介します。

 

自分の要求を通したい場合、小手先の

テクニックよりも最終的には自分が

どのくらい本気で望んでいるのかが重要

です。

 

ただし、準備と練習は大切です。

 

相手が拒む理由を理解しその代案などを準備

するのは当然として、怒らずに主張をする

練習やわかりやすく説明する練習が必要

です。

 

準備と練習をしっかりした上でさらに

上乗せして本気度を見せることで魂が

伝わります。

 

 

最後に

スポンサーリンク

 

日テレ「頭に来てもアホとは戦うな」の

第5話に登場する自分ルールアホの木村雄三を

演じるのは嶋田久作です。

 

このドラマは小太郎がアホと限界まで

張り合い消耗した上で非現実的なギャグ的

手法で解決するコメディです。

 

ですが原作書籍は真面目な自己啓発本です。

 

原作では自分ルールアホなどこちらを

敵視する相手には「小さな合意の積み重ね」が

有効としています。

 

現実でも使えそうな考え方ですよね。

 

 

 

 - 頭に来てもアホとは戦うな